イオのいない散歩:追廻住宅跡地あたり(2017/4/6)


 今朝のイオの散歩は最短の町内一周でした。
 イオの散歩が終わり、イオの朝食を用意し、次は私の散歩です。イオと一緒の散歩はイオがいればどこを歩いても楽しかったのですが、一人の散歩はなかなかそうもいきません。どこを歩こうかと、毎回悩みます。
 広瀬川の右岸の「桜の小径」に入り、仙台国際センターを横切り、仙台市博物館まで来ると、広瀬川沿いに雑草が生える広い住宅地跡があります。仙台市の公有地ですが、太平洋戦争の被災者(仙台空襲の被災者や外地からの引揚者)の住宅になっていた場所です。公園にするということで追い出しにあい、いまは広い空き地になっています。
 何軒かの商店もあり大きな住宅地で、高校の同級生や幾人かの知り合いも済んでいました。イオの初恋の相手、サブちゃんもここに住んでいましたが、だいぶ前に引っ越してしまいました(サブちゃんが引っ越すちょっと前にイオはふられていたのですが)。


DSC_2403.jpg

DSC_2404.jpg

DSC_2406.jpg
 広い住宅跡地に3軒ばかり残っている家がありました。そのうちに1軒は2階まで見事につたに覆われていました。
 この家まで案内してくれたのが、雑草の中から飛び出してきた猫さんでした。家の前で記念写真を撮らせてもらいました。(2017/4/6 6:36~37)


DSC_2407.jpg
 かつて住んでいた人が植えた梅の木が何本も広瀬川の岸辺で咲いていました。(2017/4/6 6:39)


DSC_2408.jpg
 追廻住宅の奥の公園に入るとケヤキの太い幹に目を惹かれました。どんなふうに写したらよいのものやらまったく見当がつかないままシャッターを切りました。(2017/4/6 6:44)


DSC_2409_01.jpg
 仙台城三の丸跡の紅梅と魯迅像。追廻住宅跡(現在は青葉山公園の一部)から仙台城三の丸跡(仙台市博物館敷地)に入ると紅梅が目につきました。その向こうに仙台で医学を勉強した文豪、魯迅の碑と胸像があります。(2017/4/6 6:54)


DSC_2411.jpg
 散歩から帰った私をイオが出迎えるために立ち上がろうと頑張っている所です。(2017/4/6 7:16)




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺


街犬イオ:春の彼岸、遅ればせの墓参に (2017/3/23)


 彼岸の中日から三日遅れの墓参です。しばらくぶりの車で、イオも一緒です。
 歩行補助用のハーネスを使うようになってから、散歩のときにはハーネスを吊り下げるように持つので、イオとの距離が近すぎて写真を撮るのが難しいのですが、今日は妻と一緒で、何とか写真を撮ることができました。


DSC_2051.jpg
墓掃除の間は車中待機です。(2017/3/23 6:35)


DSC_2059.jpg
車から降りると棕櫚の木の根元も匂いにご執心です。嗅覚も衰えているようで、一つの匂いに長い時間をかけて調べています。(2017/3/23 6:48)


DSC_2058.jpg
棕櫚の木から引きはがして、少し歩きます。(2017/3/23 6:50)


DSC_2063.jpg

DSC_2065.jpg

DSC_2066.jpg
ゆっくりゆっくりの散歩です。(2017/3/23 6:50~53)


DSC_2070.jpg
もうおしまい、という顔ですね。この後、少しばかりハーネスを持ち上げて空中遊泳を楽しんでから車に戻りました。(2017/3/23 6:54)




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺

家犬イオ:右巻き? 左巻き? (2017/3/19)


 今ではイオの足は全体に弱っていますが、一番初めに弱ったのは左後肢でした。今でもその足が一番弱いので、ときどき左後肢を中心にマッサージをします。マッサージをしようとすると、たいてい左後肢を下にして(左巻き、反時計方向)丸まって寝ているので起さなければなりません。
 いつも左巻きで寝ているのか、気になって写真を調べてみましたが、必ずしもそうではないようです。


DSC_6035_2017031908264015a.jpg
左巻き。


DSC_8910_2017031908264263a.jpg
左巻き。


DSC_8920_201703190826431bf.jpg
左巻き。


DSC_9700_201703190826444fd.jpg
右巻き。


DSC_4109_20170319082639447.jpg
まっすぐ(枕に頭を乗せる都合でやや右巻きかな)。

わが家のイオは左派でも右派でもなく、やや左寄りの日和見タイプでした。




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺



家犬イオ:あらら! どうした?(2017/2/4)


 台所から足跡が点々と……。


DSC_1162.jpg
イオが寝ている場所まで続いています。


DSC_1164_01.jpg
「イオ、どうした?」


DSC_1163_02.jpg
「さあ、なんのこと?」

台所に水を飲みに行って、水の器に片足を突っ込んでから戻って来たようです。さいわい、水の器はひっくり返ってはいませんでした。



   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺


家犬イオ:イオを周回する旅(2017/1/18)


 木星の月、イオを周回する宇宙旅行ではありません。熟睡するわが家のイオを周回してみました。
 イオの名前は、木星の衛星イオからとりました。先代犬が「ホシ」だったので、「星」の次は「月」というわけです。


DSC_0696_01.jpg

DSC_0698_01.jpg

DSC_0700_01.jpg

DSC_0702_01.jpg

DSC_0705_01.jpg

DSC_0707_01.jpg

DSC_0706.jpg

DSC_0708.jpg
           (2017/1/18 22:22~28)

 この頃、イオの写真を撮るチャンスが少なくなりました。散歩のときは、私が介助しているので写真どころではありません。家では、こんなふうに寝ていることが多くなりました。



   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺

プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR