スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街の花:散歩路のサクラ花③

 広瀬通りから仲の瀬橋を渡って、仙台二高、宮城県美術館と坂を上ると、東北大学川内キャンパスを経て、青葉山丘陵の北端の亀岡地区に出る。
 このあたりは、戦前には陸軍第二師団が置かれ、太平洋戦争敗戦後はアメリカ進駐軍の基地となり、次いで東北大学のキャンパスとなったが、さらに後には、道の北側に公務員宿舎が建てられた。
 
 今回は、宮城県美術館から亀岡神社近辺のサクラである。


tf6-a.jpg
A (2014/4/24 6:17) 宮城県美術館の隣のテニス場と公務員住宅の間の塀沿いに咲いていたサクラ。花弁に特徴があって、「ウスズミ(薄墨)」という品種にそっくりです。


tf6-b.jpg
B (2014/4/24 6:19) 公務員住宅の裏手の駐車場脇のサクラ。葉もすでに出ているものの、ヤマザクラにしては濃い桜色です。小さな木ですが、とての華やかな感じがして、園芸種の一つではないかと思います。

tf6-c.jpg
C (2014/4/24 6:22) 公務員住宅の敷地内の広瀬川沿いに生えている大きなサクラ。ともにヤマザクラと思えるのですが、花色と葉色の組合せに微妙な差があって、違った種類のような印象を受けます。

tf6-d.jpg
D (2014/4/24 6:24) 公務員住宅の建物の間のソメイヨシノ。


tf6-e.jpg
E (2014/4/24 6:24) 公務員住宅内の広場脇のベニシダレ。上のソメイヨシノとともに、サクラの木の大きさが公務員住宅ができた年月を示しているようです。


tf6-f.jpg
F (2014/4/24 6:35) 亀岡の建て替えたばかりの公務員住宅前のサクラの若木。盛りを過ぎていましたが、とても色が濃くて、あまり見かけない園芸種のようです。


tf6-g.jpg
G (2014/4/24 6:44) 亀岡神社参道登り口のシダレザクラ。樹齢330年を超え、仙台市の「名木古木88選」の一本です。残念ながら花の盛りは過ぎていました。亀岡神社はここから石段をずっと登った山頂にあります。


tf6-h.jpg
H (2014/4/24 6:45) 参道を挟んだ向かい側のベニシダレ。


tf6-i.jpg
I (2014/4/24 6:46) ベニシダレより少し奥に生えているシダレザクラ。いまを盛りと咲いていますが、「名木古木88選」の一本と同じ種類のようです。


tf6-j.jpg
J (2014/4/26 6:29) 東北大学川内キャンパスから山頂の理薬キャンパス、工学部キャンパスへ上る道脇のサクラ。東北大学図書館の北側です。全体が緑白色に冴える色合いは、オオシマザクラの血を引く種類を思わせます。


tf6-k.jpg
K (2014/5/5 6:54) 川内から牛越橋へ向かう途中にある「川内亀岡公園」のヤエザクラ。小さな公園ですが、5月5日に、4,5本のヤエザクラが咲き誇っているのはとても目を引きます。花弁の中に葉化した雄蘂らしきものが見えるので「イチヨウ(一葉)」という品種ではないかと思われます。


tf6-l.jpg
L (2014/4/26 6:29) サクラを見上げながら歩いていて、見過ごしそうになったスミレ。Jのサクラを見た後、川内キャンパスの山際の道の脇で見つけました。見慣れないスミレで、園芸種のパンダスミレではないかと思います。


tf6-map.jpg
桜マップ。AL は撮影場所。地図のベースは「アトラスSV7」。

 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。