街の花:散歩路のサクラ花②

 サクラの花を見て歩こうと思って気づいたのは、たくさんの種類のサクラの花があるといつも思っていたのに、それを区別できるほどには種類を知らないということでした。
 そこで、ずいぶん昔の「週刊 朝日百科『世界の植物』」を納戸から引っ張り出してきました。週刊で一冊30ページほどの本ですが、全部で120冊もあって、その53巻が「サクラ」に充てられています。植物図鑑と言うよりは読み物が多い本ですが、いまはこの1冊だけが頼りです。

 今回は、澱橋を渡って角五郎丁近辺を歩いたときに見たサクラたちです。

tf5-a.jpg
A (2014/4/16 6:30) 澱橋の北詰、三角公園の一本(たぶん、ソメイヨシノ)。まだ若い木だが、姿がいい。


tf5-b.jpg
B (2014/4/16 6:30) ソメイヨシノの脇のベニシダレ。この木もまだ若い。


tf5-c.jpg
C (2014/4/16 6:30) 上の二本の反対側に植えられているシダレザクラ。この三角公園そのものが整備されてからさほど年月を経ていないのでどの木も若いのですが、将来、大木になるとこの小さな公園にどうおさまるのか少し心配です。

tf5-d_2014050408090780e.jpg
D (2014/4/16 6:37) 尚絅学院の門前の民家のエドヒガンとシダレザクラの古木。どちらも大木なので、花の拡大写真はせいぜい右の写真(シダレザクラ)の程度です。


tf5-e.jpg
E (2014/4/16 6:41) 空き地(民家跡)に残されているベニシダレ。

tf5-f.jpg
F (2014/4/16 6:49) 中島丁公園のシダレザクラの古木。宮城第一高等学校(旧宮城第一女子高等学校)の門を過ぎて右折、坂道を少し上ると中島丁公園があります。「天賞酒造」という造り酒屋の庭園を仙台市が買い上げて公園としたそうです。


tf5-g.jpg
G (2014/4/16 6:50) 中島丁公園のベニシダレ。ベニシダレとしては珍しく大きな木です。


tf5-h.jpg
H (2014/4/16 6:52) これも中島丁公園のシダレザクラ。古木の風情がよく出ています。


tf5-i.jpg
I (2014/4/16 7:02) マンションと社宅の奥の斜面のシダレザクラの大木。このあたりは、広瀬川の河岸段丘の崖が走っています。エドヒガンやシダレザクラの古木は、この崖の上の古くからのお屋敷に植えられていたことがうかがえます。

tf5-map.jpg
桜マップ。AI は撮影場所。地図のベースは「アトラスSV7」。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR