ほんとうの「ほうとう」

                        (2004/4/29)

 仙台(の私が行くような食料品店)では「ほうとう」の麺を見かけることはなくて、そのうえ、気がつけばこの年まで山梨県に足を踏み入れたこともなく、「ほうとう」を食べたことがなかったのでした。
 先日、「ほうとう風煮込みうどん」というものを作ってみましたが、要するに、味噌煮込みうどんの具にカボチャを加えただけという代物です。しかも、味噌は仙台味噌です。

 そこで今回は、ほうとう麺(味噌つき)をネット通販で山梨県のお店から取り寄せて「ほんとうのほうとう」を作ってみました。作り方は、ほうとう麺の袋に書いてあるとおりにやってみました。

udn-13.jpg


【材料(4.5人分)】
  ほうとう麺(半生麺)……580g
  豚肉(細切れ)……200g
  カボチャ……4分の1個
  里芋……3個
  椎茸……4枚
  白菜……葉4枚
  長葱……1.5本
  人参……2分の1本
  大根……6分の1本
  牛蒡……3分の1本
  油揚……1枚

 〔味噌うどんつゆ〕
  水……2800cc
  昆布だし(液)……大さじ2杯
  白だし(液)……大さじ3杯
  添付の味噌……150g
  仙台味噌……30g
  日本酒……大さじ3杯
  
【作り方】
① 豚肉、白菜、カボチャ、里芋は食べやすい大きさに、椎茸は薄切り、人参と大根は銀杏切りに、長ネギは斜めそぎ切り、牛蒡はささがき、油揚は短冊切りにしておく。
② 沸騰した湯に昆布だし、白だしを加え、煮えにくいカボチャ、里芋、大根、人参、牛蒡を先に入れる。
③ 数分後にほうとう麺を入れ、10分ほど煮込む。
④ 豚肉、椎茸、白菜、長ネギ、油揚をいれ、だし汁で溶いていた添付の味噌を入れる。仙台味噌を加えて味を調整して完成。

 
 問題なくおいしくいただきました。こうなると、本場の「ほうとう」を是非一度は食べてみたいものですが、「ほうとうを食べにちょっと山梨まで」というわけにはなかなかいきません。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~。
ほうとう食べられたんですね。私が家で作るのは適当ですから、まあこんなもんかな、って感じですが、お店で食べるとやっぱりおいしいと思います。是非いらしてください。ちなみに山梨の人は一晩おいた冷たいほうとうが好き、と言う人が多いそうです。

Re: No title

> こんばんは~。
> ほうとう食べられたんですね。私が家で作るのは適当ですから、まあこんなもんかな、って感じですが、お店で食べるとやっぱりおいしいと思います。是非いらしてください。ちなみに山梨の人は一晩おいた冷たいほうとうが好き、と言う人が多いそうです。

ほんとうに一度は地元の本物を食べてみたいですね。
私が適当に作ってもおいしいのですから、本物はどれほどか……
プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR