スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほうとう風煮込みうどん

                      (2004/3/12)

 ほうとう風うどんといっても、ほうとう麺はないので、カボチャの入ったただの味噌煮込みうどんです。しかも、味噌は仙台味噌です。
 私にとっては、カボチャやサツマイモはどう考えてもスイーツで、なかなか食事でとろうとは思いません。カボチャやサツマイモの天ぷらもそれなりに食べるのですが、正直に言うと、避けられれば避けたいのです。
 今日は、カボチャ好きの義母のために作ってみました。

udn-12.jpg


【材料(3.5人分)】
  讃岐うどん(乾麺)……380g
  豚肉(細切れ)……150g
  カボチャ……6分の1個
  里芋……2個
  椎茸……4枚
  シメジ……2分の1パック
  白菜……葉3枚
  長葱……1本
  人参……2分の1本

 〔味噌うどんつゆ〕
  水……1200cc
  麺つゆ……大さじ2杯
  昆布だし(液)……大さじ2杯
  白だし(液)……大さじ2杯
  仙台味噌……120g
  日本酒……大さじ3杯
  
【作り方】
① 豚肉、白菜、カボチャ、里芋は食べやすい大きさに、椎茸は薄切り、シメジは小房わけ、人参は短冊切りに、長ネギは斜めそぎ切りにしておく。
② 味噌うどんつゆは、初めは味噌だけ入れないでカボチャ、里芋だけを煮る。カボチャと里芋は煮えたら引き上げておく。
③ うどんつゆの味噌を入れ、豚肉、椎茸、シメジ、人参を入れ、アクを取りながら人参に火が通るまで煮る。次ぎに白菜の芯の部分を入れ、時間をおいて葉の部分を入れる。
④ 讃岐うどんは茹で時間12分の指定なので、10分だけ茹でてからよく水洗いして塩分を覗いておく。
⑤ 沸いている③にうどんを入れ、いったん冷めてまた沸騰したら長ネギを入れて3分ほど煮込んで完成。


 義母は一所懸命に食べてくれましたし、私もおいしく頂きました。カボチャが入っていましたが、全体をおいしく食べることができたということです。カボチャも普通に食べることができました。やはり、具材の種類が多い煮込みはいろんなダシが出ておいしくなります。カボチャを敬遠してこのランチをを避けるのは損だな、と思いなおしたところです。

 食べ終えてからネットで調べたら、「ほうとう麺」は簡単に入手できるようなので、次回は「ほんとうのほうとう」にしようと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。