スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春キャベツのスパゲッティ

 いろいろな春野菜を組み合わせたパスタをよく作りますが、これは春キャベツだけを楽しむためのスパゲッティです。
 これは片岡護さんのテレビ番組で紹介されていたものですが、番組の終わり頃だけ見たのでそのままのレシピと作り方かどうかはわかりません。私は片岡護さんのイタリアンのファンでよく真似て作るのですが、高年齢の家族構成にあわせてマイルドな味になるように変更する場合がよくあります。
 今日は、いつもよりキャベツも生ハムもパセリも多いのですが、いつもよりおいしく感じました。たいていの場合、「もっとキャベツが食べたいね」などと妻は言うのです。強いて言えば、やや多めの生ハムの後味としての塩っ気が白ワインを要求するのが問題かも知れません。私が要求するのではありません、生ハムが見合った量のワインを告げるのです(私はうれしいのですが)。

pst3-1.jpg


【材料(3.5人分)】
  スパゲッティ(1.4mm)……320g
  春キャベツ……たっぷり(いつもは目分量ですが、今日は380g)
  アンチョビ……3尾
  生ハム(薄切り)……60g
  ニンニク……1片
  赤唐辛子……2分の1本
  オリーブオイル……適量
  白ワイン……150cc
  塩……適量
  黒胡椒……適量
  パルメザンチーズ……適量
  イタリアンパセリ……適量(今日は18g)

【パスタを作る】
① フライパンに、ガーリック・クラッシャーで潰したニンニク、みじん切りの赤唐辛子、アンチョビ、オリーブオイルを入れて弱火で香りを出す。アンチョビの身は炒めながら完全にほぐしてしまいます。
② 適当に切った(時として手でちぎったりする)キャベツを入れて炒める。キャベツの芯のところは薄切りにしておく。ある程度、火が通ったら(キャベツの嵩が減り始めたら)2×4cm程度の薄切りの生ハムを加える。生ハムは離れやすいように、切った小片にオリーブオイルを絡めておきます。
③ 白ワインを加えてアルコール分を飛ばす。
④ 1%塩のお湯で茹でたスパゲッティ(1.4mmは標準茹で時間6分なので5分~5分30秒くらいの茹で時間にする)をフライパンに入れ、十分に絡める。水分の量はお決まり通り、パスタを茹でたお湯で調整します。
⑤ 塩、黒胡椒で味を調整し、火を止めてパルメザンチーズを入れて全体に絡める。さらに、イタリアンパセリのみじん切りを振りかけながら絡める。最後にエクストラバージンオリーブオイルを振りかけて完成です。

 片岡護さんによれば、イタリアンパセリはニンニクのにおいを消してくれるそうです。我が家ではニンニクは少ししか使いませんので、イタリアンパセリそのものの味と香りを期待しています。  
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。