スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェノベーゼとスープのショートパスタ

                   (2013/10/4)

 冷凍庫を開けたら作り置きのトマトソースはすでに無くなって、その後に作り置きしたジェノベーゼソースが5,6回分ほど残っていました。
 109歳の義母は、1度だけジェノベーゼソースのスパゲッティを嫌がったことがあります。食べる前のことで、見た目がいやだというのです。それ以来、ジェノベーゼソースを使う頻度は減りました。
 使いかけのショートパスタも何種類か残っています。じつのところ、総入れ歯の義母は、スパゲッティなどに比べてショートパスタは少しばかり苦手なようです。しかし、ソースもパスタもそろそろ使いどきです。
 ジェノベーゼソースはペンネとジャガイモで、小型のコンキッリエはスープパスタで、と2種類を合せたランチにしました。ペンネとコンキッリエは、義母が普通に食べられたという実績がありますし、ジェノベーゼを嫌ったらスープパスタを食べてもらおうという保険代わりです。

pst17-1.jpg

【ペンネの材料(3人分)】
  ペンネ……250g
  ジャガイモ……小5個
  ジェノベーゼソース……100g
  パルメザンチーズ……適量
  塩……適量
  黒胡椒……適量
【コンキッリエの材料(3人分)】
  コンキッリエ……200g
  玉ネギ……2分の1本
  人参……5分の1本
  ベーコン……50g
  トマト……1個
  ニンニク……1片
  赤唐辛子……2分の1本
  チキンコンソメの素(キューブ)……2個
  オリーブオイル……適量
  白ワイン……150cc
  水……600cc
  塩……適量
  黒胡椒……適量
  パルメザンチーズ……適量

【ペンネを作る】
① ジャガイモはペンネのサイズと同じくらいの棒状に切って、パスタと同様の1%塩のお湯で5分ほど茹でる。
② ペンネは指定茹で時間より2分ほど長く茹でる。
③ 作り置きのジェノベーゼソース(冷凍保存)はあらかじめ(熱をかけないで)室温に戻しておく。フライパンに①と②を入れ、ジェノベーゼソースをかけてよく和える。このとき、必要なら、ペンネを茹でたお湯でソースをのばす。
④ 塩、胡椒で味を調え、パルメザンチーズを絡め、エクストラバージンオリーブオイルを振りかけて完成。
【コンキッリエを作る】
① 玉ネギ、人参、ベーコン、トマト(湯むきしたもの)はコンキッリエのサイズに切っておく。
② 600ccほどの水にコンソメキューブを入れ火にかけておく。
③ フライパンに潰したニンニク、みじん切りの赤唐辛子、ベーコン、ニンジン、玉ネギ、オリーブオイルを入れて弱火で時間をかけて香りと味を出す。トマトを加えさらに炒める。
④ ③が十分に炒められたら、白ワインを加えてアルコール分を飛ばして、②のスープを加えて、塩、胡椒で味を調える。
⑤ コンキッリエは指定時間通り茹で上げ、④に加えて数分煮て味を馴染ませる。器に盛った上からパルメザンチーズを振りかけて完成。

 義母用にやや長めに茹でてありますが、我が家ではこれで十分においしいと思って食べています。また、量がたっぷりなのは、夕食時にワインと一緒に、という魂胆からです。ショートパスタは、時間がある程度経ってもそこそこおいしく食べられます。
 ジェノベーゼソースにじゃがいもは抜群に合います。

 義母は、さすがにスープのパスタから口をつけましたが、結局は両方とも完食してくれました。前にジェノベーゼソース・パスタを嫌だと言ったときも結局は完食したのですが。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。