街犬イオ:コロ、チョビ、チョコ、クッキー、ラン

 イオの写真を眺めていると、イオが街で出合った犬の写真は、2,3歳の頃に集中しています。イオが若くて活発で、他の犬に強い興味・関心を示していた時期ということだったかもしれませんが、飼い主の気まぐれでたまたまそうなったということです。

 イオが2歳の頃の散歩で出合って犬たちです。

【コロ】
 コロちゃんです。出合った頃は立派な成犬(牡)で、写真で見るように、イオを邪険に扱うわけでもなく、かといって遊んでくれるでもなく、「うるさくするなよ」といった感じで泰然としている犬でした。
 かまってもらえないイオは、飼い主さんに愛想を振りまいておやつにありつこうとしています。優しい飼い主さんで、図に乗ったイオはお散歩バッグに顔を突っ込んでおやつを探しています。 
td1-1-a.jpg
td1-1-b.jpg
          (2003/8/23)


【チョビ】
 みんなが、「チョビ、チョビ」といって可愛がってた牝犬です。イオを警戒していて、なかなか近付いてきてくれません。飼い主同士が立ち話をしているあいだ、しょうがなくて我慢していたようです。
 3ヶ月ほどのお付き合いで、引っ越して行ってしまいました。
td1-2-a.jpg
td1-2-b.jpg
          (2003/8/23)


【チョコ】
 仙台市の中心部、青葉通りの大きなマンション暮らしの老犬(牡)でした。毎朝、公園をゆっくりと散歩していて、チョコから近寄ってくることはありませんが、駆けつけるイオの挨拶は必ず受けてくれるのでした。その貫禄に、イオはいつも緊張ぎみでしたが。
 4ヶ月を過ぎた頃から、チョコと出合う機会が間遠になって、いつのまにかふっつりと会えなくなってしまいました。
td1-3-a.jpg
td1-3-b.jpg
          (2003/8/25)


【クッキー】
 現在までつきあいがいちばん長い犬です。ほぼイオと同じ年齢、同じ体格です。牝犬どうしなので微妙なライバル関係です。
 1時期は恋のさや当てがあって、それ以降は、写真のように絡むことはなくて、2mほどの距離感のつきあいが続いています。
 ずっと遠くで互いを発見すると、イオもクッキーも飼い主を引っ張るように近寄っていきます。通りがかりの人が「おっ、仲よしなんですね」と言ってくれますが、それは違います。お互いの飼い主をめがけて走っているのです。私がクッキーに、クッキーの飼い主さんがイオにおやつをいくつかやるというのが習慣になっているのです。最近では、おやつを出すタイミング、おやつの数、「はい、おしまい」まで飼い主どうしのタイミングは完璧になっています。
td1-4-a.jpg
td1-4-b.jpg
          (2003/8/29)


【ラン】
 ランちゃんです。おっとりしたお嬢さん犬でした。
 他の飼い主さんからおやつをもらったのは、ランちゃんのお母さんが初めてでした。犬用のクッキーだったのですが、それを食べたことのないイオは、横を向いてぷっと吐き出してしまって、妻や私を慌てさせました。
 そんな無礼犬なのに、ランちゃんのお母さんは、会えば必ずおやつを振る舞ってくれるのでした。ただし、イオではなく「はいっ」と言って私たちに手渡すのです。
 ランちゃんの家は、いつも出合う公園を挟んで反対側にありました。あるときからランちゃんを見かけなくなったので、一度ランちゃんの家近くまで出かけてみました。期待半分だったのですが、さいわい散歩中のランちゃんに会えました。でも、その頃は家の回りだけを散歩しているということでした。
 そのすぐ後にランちゃんは亡くなったと、街で出合ったお母さんから聞かされました。
td1-5-a.jpg
td1-5-b.jpg
          (2003/8/29)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR