田舎そうめん(2013/8/7)

 子供の頃、夏休みといってもたぶんお盆の時だと思いますが、そうめんではなくよくうどん(細い乾麺)で食べていました。いわば、田舎の精進料理だろうと思います。春、秋の彼岸の時には温かいつゆうどんとして食べます。

sm-4.jpg


【材料(3.5人分)】
  そうめん……450g(9束)
  油揚げ……1枚
  干し椎茸(小ぶり)……8枚
  蒟蒻(平)……3分の2枚
  茄子……2個
  人参……4分の1本
  インゲン……10本
  ネギ……1本
  おろし生姜……大さじ0.5杯
  ダシ……1200cc
  サラダ油……適量
  ごま油……適量
  日本酒……大さじ3杯くらい
  薄口醤油……大さじ6杯
  味醂……大さじ1杯
  砂糖……小さじ1杯
  しお……適量…


【作り方】
① ダシは1100ccの水に20cmの昆布を入れ、1時間ほど水出しをしてから沸騰するまで弱火でかける。沸騰したら昆布を引き上げ、混合節(鰹、鰯、鯖)を一つかみ半(私の手は小さい)入れて1分ほど置いてから火を止める。ダシを漉して、干し椎茸の戻し汁を加えて全体で1200cc位にする。
② 具材はすべて3~5cm長、1cm以下の幅の短冊切り(人参は太めの千切り)とする。鍋にサラダ油を引いておろし生姜を入れ、人参から順に炒め、最後にごま油を回しがけする。具材を入れる都度、その量に応じて塩を(少なめに)振っておく。日本酒を加え、アルコールを飛ばしてから、ダシを加える。それに砂糖。味醂、薄口醤油を加えて、塩で味を調節する。最後にネギを加えて30秒ほどで火を止め、粗熱を取ってから冷蔵庫で冷やしておく。
③ 茹で上げたそうめんをみずあらいして冷やして皿に盛りつけ、②をかければ出来上がり。


 これは私の大好物で、いつもおいしいと思って食べるので、今日はうまくいったかどうかはなどという自分の判断は当てにできません。たくさん食べたくて、450gのそうめんを茹でましたが、多すぎました。
 ②を冷やさないで温かい麺にかければ、寒い時期に食べる「田舎うどん」や「田舎にゅうめん」になって、わが家ではその作り方でもよく食べています。

 この料理は、いわば「おふくろの味」なのですが、東北の田舎の「おふくろの味」からはずいぶん変わってきています。決定的な違いは塩味ですが、野菜を炒めるのも昔はしていませんでしたし、混合節も使ってはいませんでした。塩分が少ない分、ダシ味で食べようということです。

 冷たいかけそうめんにしましたが、つけ麺にしても食べます。ただ単に盛りつけ方が違うだけです(つけ麺の場合は少し味を濃くはしますが)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR