スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンソメ味のおじや (2013/7/26)

 先日、「春キャベツのリゾット」と名付けたランチを作りましたが、残りご飯で作ったので「おじや」と言ってもよかったのです。ただ、「おじや」には、昆布、鰹出汁で醤油ベースの味、でなければ鶏の水炊きなど鍋の残り汁で作る、というイメージがあります。
 かといって、生米に十分にスープのおいしさを吸わせながら作るリゾットというわけでもありません。おいしければどんな名前でもいいのですが、109才の義母の介護にやってくるヘルパーさんが義母の食事内容をきちんと記録するために何という料理か名前を必ず聞かれるので、つい名前を付ける癖が身についてしまっています。
 今回は「コンソメ味のおじや」と、何ともおもしろみにない名前しか思いつきませんでした。「おじや」のようでおじやでない、「リゾット」のようでリゾットでない、いっそのこと「オジャット」とでも名付けようかと思ったのですが……

rice2-1.jpg


【材料(3.5人分)】
  ご飯……茶碗(夫婦茶碗の小)4杯分
  玉葱……2分の1個
  トマト……中2個
  インゲン……10本
  ベーコン(ブロック)……70g
  コンソメ(キューブ)……2個  
  ニンニク……1片
  赤唐辛子……2分の1本
  オリーブオイル……適量
  白ワイン……20ccくらい
  パルメザンチーズ……適量
  塩……適量
  胡椒……適量
  
【作り方】
① 玉葱は櫛形に切っておく。ベーコンは拍子木きり、インゲンも4、5cm長さに切っておく。
② 鍋にオリーブオイルを入れ、ベーコンを炒める。ベーコンから油が出た(と思われた)ころに、クラッシャーで潰したニンニク、みじん切りにした唐辛子を加えて弱火で炒める。香り、味が十分に出たと思われたら、白ワインを加えてアルコール分を飛ばす。500ccほどのお湯、コンソメ、胡椒を加えて、1、2分煮る。
③ 鍋からベーコンを引き上げてから、トマトを入れて数分煮る(これはトマトに火を通すのと湯むきをするのを兼ねています)。引き上げたトマトは粗熱を取ってから皮をむいて4半分に(熱くても大丈夫な人はすぐにでも)。同じようにインゲンもスープで煮て、引き上げておきます。
④ スープにさらにお湯を加えて1000ccほどにしてご飯を加えます。塩、胡椒で味を調え、ご飯がスープを吸っておじや(リゾット?)らしくなったらパルメザンチーズを加え、軽くかき混ぜて火を止める。具材、おじやを盛りつけて完成。


 暑い時期で、とくに熱々をフーフー言いながら食べたいわけではないので、具材をいちいち引き上げて粗熱を取る、などとのんびりした段取りで作っています。それでも、おじやが最後に仕上がるので、熱すぎました。考えてみれば、おじやはたいてい寒い時期に作っていました。
 パルメザンチーズは、「春キャベツのリゾット」をアップしたとき、コメントで教えていただきました。とても合いました。
 私としては、ベーコンがおいしかった、というのが1番でした。ベーコンを細かくしてご飯に混ぜてしまった方がおいしかったかも知れません。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。