スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷やしとろろうどん(2003/7/16)

 先日、山形までアユ釣りに出かけ、その帰り道、「肉そば」が食べたくて国道沿いの蕎麦屋さんに寄りました。「肉そば」というのは鶏肉を使った冷たい汁そばで、山形でしか食べたことがありません。
 残念ながら、そのお店に肉そばはなかったので、冷たい「とろろそば」をいただきました。これが抜群においしかったのです。

 外ではよくとろろそばを食べるのですが、家では滅多に作りません。山形で食べた「とろろそば」が忘れられなくて、家でも作って見たいと思っていました。
 二日前が「ざるそば」だったので、今日の昼は「とろろそば」ならぬ「とろろ冷や麦」にすることにしました。ところが冷や麦が1袋しかなくて、結局、細うどんに変更して「冷やしとろろうどん」ということになりました。

udn-3.jpg


【材料(4.5人分)】
  うどん(乾麺、讃岐細うどん)……490g
  長いも……30cm
  卵(黄身)……2個
  細ネギ……5本
  焼き海苔……適量
  うどんつゆ……1000cc
  わさび……適量

【作り方】
① まず「ごまかしうどんつゆ」を作る。1000ccの水に「めんつゆ」大さじ3杯、「昆布だし」大さじ2杯、「白だし」大さじ3杯、塩二つまみほどを加える。
② 長芋は摺り下ろしてから擂り鉢でさらに摺る。摺り終えたら2個分の卵の黄身、白だし大さじ2杯を加えてよく混ぜておく。
③ 茹であげた細うどんをよく冷やして器に盛り、うどんつゆ、とろろ、小口切りの細ネギをかけて完成。わさびを添える。


 自然薯だったら最高ですが、あまり贅沢も言えません。長いもでも十分においしく食べられました。じつは、昨日の夕食もとろろご飯でした。家族全員がとろろ好きなので、誰も文句を言わず食べてくれました。

 擂り鉢でどれ位摺ったら良いのか分らなくて、適当に(つまり飽きた頃に)切り上げました。最初から細かいおろし金を使えば、もう少しなめらかなとろろができたと思います。

 最後に残ったとろろ混じりのつゆがとってもおいしくて困りました。我が家では塩分を取りすぎないように、麺類のつゆを飲み干すなどということはしないのですが、こういう時はちょっと悔しいですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

とろろうどん美味しそうですね。自分はうどんに納得入れて良く食べます。
とろろうどん一度試してみようと思います。

Re: タイトルなし

とろろのおいしさで食べるので、味付けがどうのと気を遣わなくてすむのがいいですね。
プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。