FC2ブログ

「115歳の日々」:スイカジュースと見せスイカ


 義母は6月以降、3回も救急搬送されて入退院を繰り返しました。1回目は6月19日の10時ころに搬送され、5泊6日の入院で6月24日の午前中に退院しました。ようやく家族と一緒に昼食を終えてひと眠りした義母の血中酸素値が夕方になって下がってしまい、訪問医の判断で再入院ということになりました。自宅滞在7時間の後、義母は再び救急車で運ばれて2度目の入院です。 血中酸素量が低いことを除けばどこも悪いところはないという見立てで、7月6日に退院許可が出ました。
 この2回の入院は、血中酸素が下がって肺炎の疑いということで入院したのですが、いずれも肺炎ではなく、高齢のため心肺機能が弱っているのだろうという診断で、そのため自宅でも酸素吸入ができるようにと訪問医の先生が酸素吸入器のレンタルの段取りをしてくれました。
 ところが、退院して13日目の7月19日の夕方、義母がまた救急搬送されて入院しました。肺炎の疑いでしたが、入院後の検査結果はその疑いはないということでした。ただ発熱と咳きこみの症状から肺炎には至らないものの誤嚥したのではないかということで、この入院を機に義母の食事はほぼ完全な嚥下食にしましょうということになりました。
 さいわい、7月26日の退院からほぼ1カ月近く義母の状態は安定しています。ただし、そのために酸素吸入を常時行うこと、食事はすべてとろみをつけた嚥下食とすること、食事は必ず痰の吸入を行って誤嚥があった場合に対応することが続けられています。

DSC_6784_20190822113321aa2.jpg

 水分を十分に取ることも大切なので、とろみをつけたスイカジュースは重宝します。義母にはジュース、私たちには切ったスイカを並べたとき、義母が私たちのスイカを見て「おぉー!」と声を上げたので、義母の前にも切ったスイカを置きました。このスイカを見ながら、義母はあっという間にジュースを飲んでしまいました。この後はずっと「見せスイカとジュース」がセットで並べられます。
 嚥下食に変わっても義母の食欲に変化はありません。いろんなものを嚥下食にするというのが、私の新しい任務になりました。


DSC_4206.jpg

 酸素吸入は常時行っています。ときどき大口を開けて眠っているときがあって、そんな時でも効果的に酸素が吸入できるようにマスクも常時着用するようにしています。
 酸素吸入は食事のときも入浴のときも長いパイプに取り換えて行っています。


DSC_4207.jpg
痰の吸入器(上)と酸素吸入器(下)。どちらもレンタルです、

 


   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺
 



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

前回の「食欲無双」を読ませていただいたときも
お義母さまの食欲に
あらためて驚かされてしまったものですが、
本当に食べる力は生きる力になるんだなと・・
嬉しさをもって今回も読ませていただいています

見せスイカのアイデアもグッジョブで
やはり食欲は見た目からもくるのだなと再認識も(´ω`)

嚥下食作りも酸素吸入も大変ですが
お義母の生きる強い力に
やるぞの気持ちも自然と湧いてきますね(´ー`)

Re: No title

嚥下食になっても食欲が落ちないので助かっています。
ただ、嚥下食は食材の形がないので、なかなか見せることができません。食後のデザートはほとんど同じものなので私たちの皿を見せればいいのですが………。
出来るだけ多くの種類に食べ物を摂ってもらいたいと思って、私たちが食べるものを嚥下食に加工するのですが、美味しいままのもの、不味くなるものがあったりします。まあ、試行錯誤の連続です。
プロフィール

小野寺秀也

Author:小野寺秀也
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR