FC2ブログ

イオのアルバムから:「幼なじみも逝って」

【この記事は5年前に別のブログに投稿したものの再掲です】


  花冠りも 墓碑もない
  遊戯に似た
  懸命な死を死んだ
  ぼくたちの青春の死者たちは もう
  強い匂いのする草と甲虫の犇きを
  もちあげることができないだろう。

     長田弘「われら新鮮な旅人」部分 [1]

 イオが2才のとき、生後6ヶ月くらいのコジロウに初めて出会った。朝の散歩で以前から会うことがあって挨拶を交わすようになっていたご夫婦がコジロウを連れてやってきたのである。
 コジロウはまだイオより少しばかり体が小さい。じゃれ合うようにして2匹は遊ぶのだが、イオの早くて激しい動きをときどき怖がっているようだった。遊びたいけど少し乱暴な年上女は怖い、というのはよくありそうなことだ。イオはイオでまるっきり姉さん気取りで、しつけをするつもりか、ときどき威嚇したりするものだから、コジロウの遠慮は続くのだった。

mem3-1.jpg
   イオに尻込みをするコジロウ。 (2003/9/4) 

 1才をすぎるころ、コジロウの体格はイオを上回り始める。そして、イオの態度が一変する。出会うと、威嚇して暴力的に屈服させようとする。いわば、自分の体格を超えて立派な牡に成長していくコジロウに、それまでの序列を維持しようと躍起になっていたらしい。
 そんなイオをコジロウは歯牙にもかけないというような態度で悠然と振る舞う。たぶん、それでイオはますます焦ってしまうらしく、激しく挑みかかるのである。

mem3-2.jpg
   イオより大きくなって。 (2004/5/9) 

 会うたびにけんかを売るようでは困るので、おやつで何とかしようということになった。遠くからコジロウがやってくるのが見えると、「おはよう、おはようだよ」と言い聞かせる。できるだけ心を平静にするような声がけをして、小次郎と出会ってもできるだけ短時間で分かれるようにする。だから、ほとんどすれ違いのように通り過ぎるようにした。吠えかかるチャンスを少なくしたのだ。
 そして、とにかく吠えなければ、ご褒美としておやつをやる、というわけである。うなったり、吠えたりしたらおやつはやらない。この繰り返しで、何とか吠えかかったりしなくなり、以前と同じように遊ぶようになった。ただし、姉と弟という感じの関係はすっかり影を潜めて、リーダーの牡犬に付き従う従順な牝犬という風情なのである。

mem3-4.jpg
  挨拶。 (2005/5/4) 

 しかし、それを機会にイオは新しい習慣を手に入れたのだった。コジロウとの仲が以前のように戻ってからも、コジロウと会えば「おはよう、おはようだよ」とイオに言い聞かせ、おやつをやる習慣は残ったのだが、イオはそれを「おはよう=おやつ」と理解したのである(らしい)。
 散歩の途中では、いろいろな散歩人と出会う。当然のように、たがいに「おはようございます」と挨拶を交わす人が多い。そのたびにイオはしっぽを振って私の前に回り、通せんぼをしながらおやつを要求するようになった。

mem3-3.jpg
   微妙な関係のクッキーと。(2003/8/29)

 同じコースを散歩する立派な白髭を蓄えたおじいさんとクッキーという犬がいた(その人の娘さんが飼い主ということだったので、クッキーのおじいさんと呼ぶことにする)。イオとほとんど同じ頃の生れで、体格もほぼ同等、微妙なライバル関係にある牝犬である。
 出会えば2匹は夢中になって駆け寄ろうとするのだが、イオはおじいさんを、クッキーは私をめがけて走り寄ろうとするだけなのだ。私はクッキーに、おじいさんはイオにときどきはおやつをやっていたという単純な理由からである。

 そのクッキーがコジロウに恋をしたらしい。散歩コースでコジロウに先に出会い、しばらくしてクッキーに出会うときがあって(コジロウとクッキーは、イオとは反対回りにコースを歩いていた)、「いま、コジロウ君に会いましたよ」などと言おうものなら、クッキーがそわそわしはじめて私のおやつなどに見向きもしなくなる。そして、おじいさんを急かせてコジロウの後を追おうとするのである。「コジロウを見かけるといつもそうなって、この年で早足は大変」とおじいさんはにこにこしてはいたのだが。

 でも、イオにとってクッキーは恋のライバルではなかったようだ。その頃、イオはサブちゃんという犬に夢中だったし、コジロウとはどちらかと言えば「幼なじみ」という感じのつきあいだった。クッキーの恋の行方はわからない、というより今に至るまで確かめたことはない。

 コジロウが3才を過ぎた頃から、朝の散歩で出会うことが急激に少なくなった。コジロウの自宅に一番近い公園でたまたま見かけたとき、「最近はあまり遠くに出かけない」と飼い主さんがいう。テンカンのような症状が出て突然倒れるようになったということだった。時間がたてばすっかりよくなるのだが、心配なので散歩は近場を少しだけだという。

mem3-5.jpg

mem3-6.jpg
  コジロウ:すっかり貫禄ある牡犬になって。 (2009/4/12) 

 たまにしかコジロウとは会えなくなったが、病院から薬をもらっていて、何事もなく元気でいることはたまに会う様子で分かっていた。コジロウはもともと性格が穏和な犬で、ますますゆったりとした風格のある姿になっていくのだった。

 平成11年の暮れ近く、コジロウの飼い主さんが一人で散歩しているのを見かけて尋ねると、コジロウは2ヶ月前に亡くなったという。病気持ちだったが、突然の死だったという。8年の生涯だった。

 この詩を、イオに優しくしてくれたコジロウに。

  やはらかく
  ゆっくりと
  ゆるんで

  もう 泣いてもいいのですよ
  泣きながら 眠ってもいいのですよ
  白い花のかげで うとうとと

  やさしさの
  深い 疲れを

         吉原幸子「虚像」部分 [2]

 この短歌を、コジロウの飼い主にさんに。

  連れ歩む犬ももう無し裏山を日向づたひに落葉ふみゆく
                    河野裕子 [3]


  [1] 長田弘『詩集 われら新鮮な旅人』(思潮社 1965年) p.107。
  [2] 『吉原幸子全詩 II』(思潮社 1981年) p.294。
  [3] 河野裕子『歌集 家』(短歌研究社 2000年)p.98。




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

若かりし頃のイオちゃん
凛々しく、とても美人さん
お友達ワンコと楽しい時間を過ごしていたのですね〜〜

仕方ない事とはいえ
コジロウくん、8歳の犬生はあまりにも短くて
かわいそうでしたね
飼い主さんも辛かったでしょう
愛犬とは一日でも長く一緒にいたいですもの
うちのペロちゃんは
目指せイオちゃんです😁

Re: No title

> 若かりし頃のイオちゃん
> 凛々しく、とても美人さん
> お友達ワンコと楽しい時間を過ごしていたのですね〜〜
>
> 仕方ない事とはいえ
> コジロウくん、8歳の犬生はあまりにも短くて
> かわいそうでしたね
> 飼い主さんも辛かったでしょう
> 愛犬とは一日でも長く一緒にいたいですもの
> うちのペロちゃんは
> 目指せイオちゃんです😁

イオもたくさんの犬と出会いましたが、感情の激しい犬で好き嫌いがはっきりしてけっこう飼い主を困らせることがありました。
そして、いつも大好きな一匹がいたように思います。
イオはイオで幸せだったと思いたいのですが、ついもっと幸せにしてやれたのではないかと思ってしまいます。

No title

気持ちがまっすぐなだけに恋に関しては不器用にも思えるイオちゃんが
なんだかより愛おしくなってしまいます・・
サブちゃんもコジロウくんもイオちゃんにとって
特別な相手だったに違いないけど、突然のお別れはやっぱり切ないですね

そういえば散歩中にいつもワンコ連れで会う方がお一人で歩いておられる状況に、
幾度か立ち会ったことがあるのですが、そのたびワンコの訃報に気持ちが彷徨います

素敵な詩を読ませていただきました・・

Re: No title

> 気持ちがまっすぐなだけに恋に関しては不器用にも思えるイオちゃんが
> なんだかより愛おしくなってしまいます・・
> サブちゃんもコジロウくんもイオちゃんにとって
> 特別な相手だったに違いないけど、突然のお別れはやっぱり切ないですね
>
> そういえば散歩中にいつもワンコ連れで会う方がお一人で歩いておられる状況に、
> 幾度か立ち会ったことがあるのですが、そのたびワンコの訃報に気持ちが彷徨います
>
> 素敵な詩を読ませていただきました・・

私自身も、イオと一緒に散歩していたころに出合った犬とはもうすっかりあえなくなりました。
先日、ブログに書いたクッキーのおじいさんが一人で散歩していたのを見かけてあいさつしたのですが、
私のことをすっかり忘れてしまっているようでした。私よりずっとご高齢なので、年のせいなのか、
イオが一緒でないとイメージがわかないのか、戸惑っておられました。

時は過ぎてゆく。そう言うしかありませんね。
プロフィール

小野寺秀也

Author:小野寺秀也
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR