FC2ブログ

家犬イオ:夜鳴き(?)のあとで! (2017/11/11)


 イオの足の衰えはますます進んで、この頃は部屋のなかを4,5メートル歩くのがせいぜいになりました。
 排泄の間隔も短くなって、朝晩の外出だけでは間に合わなくなりました。夜中の2時、3時にもイオを抱えて出かけています。
 今朝も2時半ごろ、イオに要求されて広瀬川の堤防に出て、オシッコとウンチをすませました。家に戻って水をたっぷり飲んだので、落ち着いて眠ってくれるだろうと休ませたのですが、しきりに鳴いて騒ぎます。抱き上げたり、歩かせたりしてもいっこうに落ち着きません。
 私も眠いので、私の布団に一緒に入ったらなんとかおとなしくなって眠りました。年老いてからのイオは、ゆっくり一人で寝るのがよくなったらしく、私の布団に入らなくなっていたのです。一緒に寝るのは5年ぶりくらいです。

 ちなみに、ここ10年ほど私は居間で寝ています。以前、義母がベッドから転げ落ちたり、知らない間に大腿骨を骨折したりすることがあって、妻が義母の部屋で一緒に寝るようになりました。義母の部屋は居間の隣で、妻の声が届く範囲に私がいる方がよいということになって、居間が私の寝所になりました。それで、イオのベッドは私の枕元ということになりました。


DSC_6389.jpg
私の布団で寝ているイオを残して散歩に出かけ、1時間ほどで帰ってくるとまったく同じ姿勢でぐっすりと寝ています。イオも朝食の時間ですが、そのまま寝かせていました。 (2017/11/11 7:00)


DSC_6390.jpg
10時を過ぎても目を覚まさないので、強引に起こして朝食を食べさせました。朝食後、自分のベッドでくつろいでいるイオです。 (2017/11/11 10:50)


DSC_6393.jpg
これは翌日の写真です。昨夜と同じく「夜鳴き」のあと、私の布団で寝たのですが、私が散歩に出かけるときに目を覚まして、布団の中央に移動してからまた寝始めたところです。もともと、私と一緒に寝ていたころも、私がいない私の布団がいちばんという感じはありました。今でもそうなのか判然としませんが、ボスの場所を占有する快感というのがあったようです。 (2017/11/12 6:03)




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

5年ぶりのhdyondrさんのお布団、
イオちゃんにとって正に我が意(寝床)を得たり・・
という感じだったかもですね (*′艸`)
安眠と安心を一度に得られる快感を思い出して
イオちゃんもホッしてるところかな
ちなみに一緒に寝るとき、
hdyondrさんは体を「く」の字で寝ておられるのかしら(ノ∀`*)

Re: No title

> 5年ぶりのhdyondrさんのお布団、
> イオちゃんにとって正に我が意(寝床)を得たり・・
> という感じだったかもですね (*′艸`)
> 安眠と安心を一度に得られる快感を思い出して
> イオちゃんもホッしてるところかな
> ちなみに一緒に寝るとき、
> hdyondrさんは体を「く」の字で寝ておられるのかしら(ノ∀`*)

ぐずっている間は抱えるようにして寝ていましたが、落ち着いたら
私は布団の端に寄ってまっすぐになって寝ました。イオは布団を
すっかりかぶせると暑がるので、体半分以上は出てるようにします。
一方、私はすぐ風邪を引くたちなので、私はすっぽりと布団に入り、
イオは半分体を出した状態で一緒に寝るというのは、けっこう難しい
のですが何とかなっています。
10歳ころの寒い時分には、朝方私の布団に勝手に潜り込んできて、
温まるとさっさと出ていくということを繰り返してました。
おかげで「今朝は1回だからさほど寒くなさそう」とか「3回も潜り
込んできたので、だいぶ冷え込んでいるよう」と判断ができたもの
でした。
私はイオのアンカ替わりでしたね。

No title

イオちゃん、お父さんと一緒にお布団に入っているんですね
大好きなお父さんと一緒で
安心できるのでしょうね〜
イオちゃん、可愛いお顔で、とても老犬のようには見えませんが
これから益々老いと向き合っていかないとならないのですね
イオちゃん、頑張れ‼️

Re: No title

> イオちゃん、お父さんと一緒にお布団に入っているんですね
> 大好きなお父さんと一緒で
> 安心できるのでしょうね〜
> イオちゃん、可愛いお顔で、とても老犬のようには見えませんが
> これから益々老いと向き合っていかないとならないのですね
> イオちゃん、頑張れ‼️

正直なところ、夏を乗り越えてくれたのでほっとしています。
すごく手がかかるようになりましたが、これもイオと一緒にいる時間が多くなるということなんだと納得しています。
プロフィール

小野寺秀也

Author:小野寺秀也
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR