FC2ブログ

113歳の日々:「くわしくはりめんをごらんください」


 手指の動きがしだいに不自由になってきているので、食事のときに食器の下に小さな紙を敷いて食べるようにしています。
 今日の昼食を食べているとき、碗の下に敷いた新聞広告を義母が読んでいるように見えました。
「何と書いてあるんですか?」とヘルパーさんが聞くと、大きな声で読み上げました。

「くわしくはりめんをごらんください」

DSC_6067.jpg

確かに、そう書いてありました。しかも、さかさまになった文字を読んでいました。

DSC_6065_01.jpg

裏面を読むつもりはなくて、そのまま食べ続けていましたが、いつの間にかお椀をずらしてほかの文字も読んでいました、さかさまのままで……。

DSC_6068.jpg

ちなみに、今日の昼食は「焼きトマトソースの野菜スパゲッティ」でした。




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そういえば以前、
「本や新聞、雑誌などを上下逆にして読んで脳を鍛える」
という内容の記事を読んだことがあるのですが
お義母さまにとって逆さまに読むことは昔からの習慣で
そんな大層なことではないのかもしれませんね
でもそれが知らず知らず脳トレになっていたりして
113歳のお元気さの源をあらためて垣間見た気がするのでした(´ー`)

Re: No title

> そういえば以前、
> 「本や新聞、雑誌などを上下逆にして読んで脳を鍛える」
> という内容の記事を読んだことがあるのですが
> お義母さまにとって逆さまに読むことは昔からの習慣で
> そんな大層なことではないのかもしれませんね
> でもそれが知らず知らず脳トレになっていたりして
> 113歳のお元気さの源をあらためて垣間見た気がするのでした(´ー`)

どうなんでしょうか?
私の記憶の範囲では、逆さまにして読んでいたことはなかったと思いますが……。
本を読むのがもともと好きだったのですが、この頃ははがきなど短いものだけになりましたし、意味がよく分かっているのか判然としません。
ただ、身近に文字があると吸いつけられるように目がいくようです。
プロフィール

小野寺秀也

Author:小野寺秀也
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR