113歳の日々:今日の夕食(2017/7/5)


 夕食の前に、ベッドの上で器械を使って痰の吸引をします。痰の吸引をして、車椅子で義母をベッドから食卓まで移動させるのが夕食時の私の担当で、それから妻が食事の世話を始めます。手の空いた私は、ワインを飲みながら義母の食事の様子を撮ることにしました。


DSC_4129.jpg
食前の漢方薬「抑肝散」から始まります。ときどき興奮状態になってしゃべり続けることがあるので、この薬を飲むようになりました。
 耳がすっかり遠くなってしまった義母の右耳には補聴器はが入っています。また、瞼が垂れ下がってしまうのをテープで防いでいます。以前に瞼の上の皮膚を少し詰めてもらうプチ整形をやってもらおうかという話が出ましたが、なるべく「生まれたままの体で」ということで諦めました。プチ整形の代わりのサージカルテープです。


DSC_4131.jpg
お茶(麦茶)を飲んで漢方薬の口直しです。


DSC_4134.jpg
ここで初めて入れ歯を入れます。妻が世話をするときは、こうして自分で入れます。私が世話をする朝食時には、私がさっさと入れてしまいます。


DSC_4136.jpg

DSC_4139.jpg
最初のの食事は、味噌汁です。義母の食事はこのように一品ずつ片付ける形になりました。


DSC_4141.jpg
ご飯は柔らかめに焚いたもので、今日は焼き鮭をほぐしたものをのせてあります。


DSC_4146.jpg
最後は、大好物のかぼちゃの煮物です。マヨネーズを少し入れてつぶしたものをあっという間の完食です。


DSC_4149.jpg
かぼちゃで終わりのはずでしたが、昼食の残りのそうめんに挑戦しました。これも美味しそうに平らげました。もともと、麺類も大好きなのです。

 この後、いくつか処方薬やサプリメントを飲んでから、入れ歯をはずし、うがいや歯ブラシで口中をきれいにし、仕上げはマウスウォッシュ液で口腔清掃をします。




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本当に食欲は元気の源なんだな、、という気がしてきます
でもそれも手をかけたレシピを用意される
ご家族のご協力があってこそですね
これから夏本番になりますが
暑さを乗り切って皆さんお元気にお過ごしくださいね

Re: No title

> 本当に食欲は元気の源なんだな、、という気がしてきます
> でもそれも手をかけたレシピを用意される
> ご家族のご協力があってこそですね
> これから夏本番になりますが
> 暑さを乗り切って皆さんお元気にお過ごしくださいね

ありがとうございます。
一緒に暮らしている私たちも、義母の食欲に助けられています。
明治生まれですから、何を食べても「おいしい?」と聞くと
かならず「おいしい」と答えるので、料理の参考にはならないのです。
私は昼食担当で、うどんやそばでも栄養のことを考えていろいろ具材を
考えるのですが、あるとき「かけうどんを食べたい」といわれたことが
あります。
職人だった夫を手伝いながら食べていた昼食は、かけうどんが多かった
そうで、その味が懐かしいのでしょうね。
その後、しばらくは私たちが天ぷらうどんなら、義母はかけうどんと
天ぷらの皿というような昼食になりました。最近はそんなことも
言わなくなりましたが、あいかわらず黙々と食べています。
プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR