113歳の日々:サクランボと桜桃


「今日のデザートはサクランボだよ。」
「ああ、桜桃だね。」

サクランボと呼ぶのは、昭和21年生まれの娘。
桜桃と言い直したのは、明治37年生まれの母。

それにしても、いつごろから「サクランボ」という子供っぽい呼び方が定着したのだろう。


DSC_4043_01.jpg
   (2017/6/29 9:11)




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そう言えば
七年前に亡くなった(生きていればそろそろ100歳)義理の母は
桜桃って言ってました
お義理母、お元気そうですね
長寿日本一を目指してくださいね

Re: No title

> そう言えば
> 七年前に亡くなった(生きていればそろそろ100歳)義理の母は
> 桜桃って言ってました
> お義理母、お元気そうですね
> 長寿日本一を目指してくださいね

ありがとうございます。
介護のことをブログに、と勧めてくれる方が多いのですが、毎日の当たり前のことを書くというのは難しいですね。
なんとか介護の様子も少しずつ書いてみようと思い始めたところです。

No title

そういえばサクランボは
「桜ん坊」からきてるとかで
たしかに可愛らしい呼び方ですね
きっと商売ベースで広まっていったのかな・・
なんて思ったりしています(´ω`)ゞ

ところでお義母さま
赤い実 美味しそうに食べられてますね♪
これからも季節の味を楽しんでいってくださいね

Re: No title

> そういえばサクランボは
> 「桜ん坊」からきてるとかで
> たしかに可愛らしい呼び方ですね
> きっと商売ベースで広まっていったのかな・・
> なんて思ったりしています(´ω`)ゞ
>
> ところでお義母さま
> 赤い実 美味しそうに食べられてますね♪
> これからも季節の味を楽しんでいってくださいね


今年の初物のサクランボを食べた日に、義母がいくつかのサクランボを食べた後、
種が見えないので飲んでしまったと思い、「ちゃんと種を出してね」と言ったら、
その後はさらににちゃんと種を出していました。
じっさいには、その前の種も出していたのですが、みんなテーブルからこぼれて
いただけでした。
こういうものの食べ方は、本能的に上手なようです。
プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR