お葛かけうーめん(2003/6/30)

 季節外れですが、白石温麺(うーめん)の「お葛かけ」を作ってみました。うーめんの食べ方としては、宮城県でわりとポピュラーなようです。あんかけではなくて、汁全体に柔らかいとろみが付いたお葛汁です。


udn-2.jpg


【材料(3.5人分)】
  白石温麺:400g(4束)
  油揚げ:2分の1枚
  椎茸:3枚
  シメジ:25g
  茄子:1個
  人参:4分の1本
  白菜:葉1枚
  小松菜:葉3枚
  細ネギ:3本
  サラダ油:適量
  生姜おろし:大さじ1
  うどんつゆ:1200cc


【作り方】
① うどんつゆの素(粉末)3袋、昆布だし(液)大さじ1、白だし(液)大さじ2、薄口醤油大さじ1、塩ひとつまみでごまかしうどんつゆを作る。
② シメジ以外の材料はすべて4、5cm長さの千切りに切っておき、フライパンで人参から順に軽く炒める。そのとき生姜おろしを加え、さらに具材の量に応じて塩を加える。
③ うどんつゆに②を加え具材に火が通ったら、火を止めて水溶き片栗粉をかき混ぜながら加えて、ふたたび火を付けてよくかき混ぜる。あんかけよりは柔らかいとろみにする。これを茹でたうーめんにかけて出来上がり。

 基本的には寒いときにフーフーいいながら食べるとおいしいのですが、今日は茹でて水洗いした冷えたままのうーめんに熱いお葛汁をかけて、食べやすい適当な温度になるようにしました。この季節でもするする食べられる程度の温度になっていました。

 具材は直接うどんつゆで煮てもいいのですが、炒めると野菜の味が引き出せるような気がしています。

 肉類のタンパク質がまったく入っていません。たぶん、彼岸や盆、あるいは不幸時の精進の時によく食べられていたので、野菜中心になったのではないかと想像しています。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR