冷や汁そうめん (2013年6月28日)

 今日のランチは、今年はじめての「冷や汁そうめん」でした。これはもちろん私のオリジナルなどではなく、だいぶ前にNHKの料理番組でやっていて、それ以来お気に入りの夏の昼食メニューになりました。

 「冷や汁」というのは漁師料理らしく、船上で冷やご飯と水と生味噌、そして取れたての魚の刺身をどんぶりでかき込むという、そんな料理らしいです。「生味噌」を使うので「冷や汁そうめん」と名付けられたのでしょう。

 だし汁を作って冷やしておくので、作り始めからは結構な時間がかかりますが、基本的にはとても簡単で、どこにも難しいところはありません

sm-1.jpg


【材料(4.5人分)】
  そうめん:500g
  きゅうり:3本
  青じそ:8枚
  トマト:2個
  わかめ(乾):10g
  白ごま:適量
  だし汁(昆布+混合節):1000cc
  仙台味噌:50gくらい

【作り方】
① だし汁を作る。鍋に水と昆布(20cmを2枚)を入れて2時間ほど置いてから弱火で沸かし、沸騰したら昆布を取り出し、混合節(かつお+いわし+さば)を大きく一つかみ入れて数分沸騰させて火を止める。これを漉して冷やしておく。
② きゅうりは薄い輪切りにして塩もみをして、塩を流して水気を搾り取っておく。青じそは細かな千切り、トマトは湯むきをしてから2cm角ぐらいに切っておく。乾しわかめは水で戻してから適当なサイズに切っておく。
③ 冷えただし汁に味噌を溶き加える。上に50gくらいと書いたが、味見をしながら少しずつ加えていったのであまり正確な量ではない。
④ 味噌で味付けしただし汁に②の具材と粗く摺った白ごまを入れて、冷蔵庫で冷やしておく。これを器に盛ったそうめんにかけて完成。

 仙台在住なので仙台味噌を使いましたが、土地土地で食べ慣れた味噌を使えばいいのではないかと思います。今日はわかめが多すぎた(きゅうり、トマトが少なかった)ように思います。

 次回は、具材を混ぜないでそれぞれをだし汁と一緒に冷やして別々に盛りつけてみようかな、と思っています(ただの見栄えの問題ですが)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR