このごろランチ (2015/10/8)

 仙台の朝晩の冷え込みはだいぶきつくなりました。日中の暖かさに油断してしまい、すっかり風邪を引いてしまいました。
 ランチからもすっかり夏メニューは消えてしまいましたが、冷や麦やそうめん、フェデリーニやカッペリーニをけっこう残してしまいました。


lunch8-1.jpg
かしわそば(8月21日) 
 粗挽き蕎麦(乾麺)、鶏胸肉、卵、椎茸、長ネギ。
 蕎麦つゆで煮る鶏肉は火が通ったらすぐ引き上げてしまい、撮りから出るダシはあまり期待できないので、に鳥ガラスープ(粉末)を小さじ3杯ほど加えています。「ふわふわ卵」を加えていますので「親子そば」かもしれません。


lunch8-2.jpg
焼きうどん(8月23日) 
 讃岐太うどん(乾麺)、豚肉、玉ネギ、キャベツ、椎茸、人参、鰹節。
 今回はオイスターソースも加えてみました。もちろんおいしくなるのですが、あまりソース焼きそばに味が似てしまうのは考えものかもしれません。もう少し和風を強くして、焼きそばと差別化をはかってランチに変化をつける方が、作る側としては得策のような気がします。


lunch8-3.jpg
チャーハン(8月24日) 
 ごはん、焼き豚、長ネギ、卵、キュウリ、大葉。
 チャーハン作りもだいぶ慣れてきました。塩で揉んだキュウリに千切りの大葉を和えて付け合わせとしました。付け合わせとしては浅漬けの漬け物がとても合うように思いますが、あいにく切れていました。


lunch8-4.jpg
クリームソースのニョッキ(9月8日) 
 じゃがいものニョッキ、生ハム、生クリーム、牛乳、チーズ(エメンタール、ブリー、パルメザン)、白ワイン。
 しばらくぶりのニョッキです。ニョッキを盛りつけると、いつも量が少ないように見えるのですが、食べた後は必ず満腹になってしまいます。チーズを何種類か入れたのですが、味を締めるブルーチーズが切れていたのが残念でした。


lunch8-5.jpg
有頭エビのスパゲッティ(9月14日) 
 アルゼンチン赤エビ、むきエビ(冷凍)、ソース(エビの頭と殻、ニンニク、唐辛子、長ネギ、人参、ローズマリー、タイム、イタリアンパセリ、白ワイン)。
 これも定番になりつつありますが、4人分を作るのに、スープをとるためのエビの頭や殻は5尾分もあれば十分です。しかし、5尾分の身だけでは具としては寂しいので、冷凍のむきエビを加えました。とても安いアルゼンチン赤エビですが、このパスタには十分なおいしさです。問題は増量材の冷凍むきエビで、もう少しおいしいものを探しておく必要がありそうです。


lunch8-6.jpg
野菜ラーメン(9月15日) 
 生ラーメン、市販ラーメンスープ(鶏ダシ)、豚肉、白菜、キャベツ、人参、椎茸、長ネギ、モヤシ、ニラ。
 肉、野菜類を炒めてからラーメンスープを作ると良いダシが出て、市販のラーメンスープがいっそうおいしくなります。もっと寒くなったら、この具材をそのまま使って「野菜あんかけラーメン」を作ったりします。


lunch8-7.jpg
ジェノベーゼソースのタリアテッレ(9月17日) 
 タリアテッレ、ジャガイモ、インゲン、ジェノベーゼソース。
 ジェノベーゼは作り置きです。プランター育ちのバジルで作り置いたのですが、葉を積んだ後にまた伸びて大きくなっています。寒くなって枯れる前に収穫して、またソースを作るので、先に作り置いたソースをやや急いで消費しています。たいていはショートパスタで作るのですが、今日は変化をつけてタリアテッレにしてみました。正直なところ、私はペンネやコンキリエで食べる方が好きです。


lunch8-8.jpg
茸クリームソースのニョッキ(7月7日) 
 ジャガイモのニョッキ、ポルチーニ茸(乾燥)、シメジ、生クリーム、牛乳、チーズ(ゴーダ、パルメザン)、白ワイン。
 しばらくぶりにポルチーニ茸風味のパスタです。生クリームを使ったスープパスタにしました。ポルチーニの戻し汁、白ワイン、生クリームで作るスープを牛乳で量の調整をしています。


lunch8-9.jpg
トマトソース・スパゲッティ(10月2日) 
 スパゲッティ、ベーコン、ピーマン、カラーピーマン、ブロッコリー、トマトソース。
 作り置きのトマトソースが切れてからけっこう経ってしまいました。2~3時間ほどかかるソース作りに、やっと朝食後に取りかかりました。出来立てのソースをいつもよりたっぷりめに使っています。わが家のパスタの基本です。


lunch8-10.jpg
ナメコおろしウーメン(10月6日)
 白石温麺、ナメコ、大根、卵、細ネギ。
 冷蔵庫を開けたら大ぶりなナメコが入っていました。「ナメコとおろし」と言えば、わが家では稲庭うどんの定番ですが、残念ながらいまは在庫がありません。細い白石うーめんを使うことにしました。タンパク源として「ふわふわ卵」を使いましたが、これは穴あきお玉を使って溶き卵を少しずつ沸騰するうどんつゆに落として作ります。 


lunch8-11.jpg
八宝菜湯麺(10月8日)
 生ラーメン、塩ラーメンスープ(鶏ダシ)、豚肉、ウズラの卵、白菜、キャベツ、人参、長ネギ、椎茸、キクラゲ。
 「あんかけ」の湯麺を作ろうと思ったのですが、八宝菜を作ってそれをかけても似たようなものなので、「八宝菜湯麺」にしました。味は申し分ないのですが、多少手間がかかります。「寒いときにはもっとおいしいね」と妻が言いますが、すぐに寒くなってしまう仙台では「なるべく早くもう1度作れ」という命令形とほぼ同じ意味です。 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR