このごろランチ (2015/8/18)

 仙台七夕(8月6~8日)が終わるとそろそろ秋風が吹き始めます。そろそろ夏専用の食材を使いきる工夫が必要になりますが、使い切った後に暑さがぶり返すこともよくあるので、毎年のことですがうまくいったことはほとんどありません。


lunch7-1.jpg
生ハムとキャベツのスパゲッティ(茄子入り)(7月31日) 
 スパゲッティ、生ハム、キャベツ、茄子、アンチョビ。
 生ハムをカラッと揚げておいて、キャベツに加えるというのがこのごろの好みのパスタになりました。茄子を加えてみました。


lunch7-2.jpg
冷たい蒸し鶏のうーめん(8月3日) 
 白石温麺、鶏胸肉、茄子、椎茸、茗荷、小ネギ、おろし生姜。
 お盆の精進として野菜たっぷりの冷やしうーめんをよく食べます(田舎風うーめんと呼んでいます)が、鶏肉を使ったあっさりうーめんにしました。


lunch7-3.jpg
蒸し鶏とトマトの冷製パスタ(8月4日) 
 カッペリーニ、鶏胸肉、トマト、ミニトマト、ニンニク、鷹の爪、白ワイン、オリーブの実(黒、緑)、EXVオリーブオイル、バルサミコ酢、レモン果汁、バジル。
 昨日のランチのために作った蒸し鶏の残りでパスタを作りました。あらかじめトマト、ニンニク、鷹の爪、白ワイン、オリーブオイルでソースを作って、残りの具材を混ぜて冷やしておきました。


lunch7-4.jpg
花綴じうーめん(8月8日) 
 白石温麺、天かす、卵、椎茸、小ネギ。
 涼しい日だったので温かいうーめんです。メニューを思いつかないときは、これをうどんや蕎麦などに替えてよく作ります。暑い日は無理ですが、秋からの定番メニューです。


lunch7-5.jpg
オレキエッティのジェノベーゼソース(8月13日) 
 オレキエッティ、じゃがいも、アスパラガス、インゲン。
 たっぷりと作り置いたジェノベーゼソースを使います。ショートパスタが苦手な111歳の義母もペンネとオレキエッティは食べてくれます。ただし、指定の茹で時間より2分ほど長く茹でています。


lunch7-6.jpg
オマールエビのスープパスタ(8月14日) 
 スパゲッティ、オマールエビのスープ(冷凍)。むきエビ(冷凍)、イタリアンパセリ。
 頂き物のオマールエビのスープを使ったパスタです。スープだけではさびしいので冷凍むきエビを加えました。パスタ用に少し塩で味を調整しましたが、こってりした味のおいしいスープでした。


lunch7-7.jpg
たっぷり茸のクリームパスタ(8月15日) 
 スパゲッティ、ポルチーニ茸(乾燥)、エリンギ、シメジ、生クリーム、牛乳、白ワイン、イタリアンパセリ。
 ポルチーニ茸の戻し汁が味の決め手です。簡単なので生クリームがある時はよく作るパスタです。


lunch7-8.jpg
野菜スパゲッティ(8月17日) 
 スパゲッティ、ベーコン、トマト、キャベツ、カラーピーマン、エリンギ。
 これも定番ですが、ニンニク、鷹の爪、人参、長ネギ、ベーコンで下地のソースを作っています(長ネギと人参は細く切ったもの)。ベーコンの代わりにアンチョビを使うこともあります。ベーコンを使うときは、鳥ガラスープ(顆粒)を少し加えています。野菜としてはトマト、キャベツ、ピーマン、シメジ(今日はエリンギ)などがメインですが、冷蔵庫のあり合わせの野菜を加えたりします。


lunch7-9.jpg
鮎そうめん(8月18日) 
 そうめん、鮎、茄子、トマト、キュウリ、大葉、小ネギ、生姜。
 鮎はハラワタを取って塩焼きにし、出汁(昆布と鰹節で作っておく)で作ったツユで生姜と一緒に煮だしてから、頭、骨、えらなどをはずしておきます。半割の茄子はツユで茹でておきます。ここまでは前日に作業して、それぞれを冷やしておきます。キュウリは塩で揉んで大葉の千切りを和えてトッピングしました。
 最近は、それほど熱心に鮎釣りに出かけないので鮎そうめんを作る回数は減っています。それでも塩焼きから始まる一通りの鮎料理を食べるくらいは釣っています。晩ご飯の鮎飯も昼食担当の私が作ります。自分が釣った魚は自分の責任で、というのが妻の方針らしいのです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR