スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭の花:野花菖蒲

                       2015/6/21

 六月中旬になって野花菖蒲が咲き出しました。菖蒲というとどうしても5月の端午の節句を思い浮かべてしまいます。子どもの頃、端午の節句には菖蒲と蓬の葉を一緒に軒先に差し、風呂には菖蒲の葉を浮かべて菖蒲湯に入りましたが、その菖蒲と花菖蒲はまったく別の種類の草です。端午の節句の前に菖蒲を取りに行くのが子どもの仕事でしたが、その花はガマの穂のような形のものでした。


mg23-1.jpg
コバノランタナ(2015/6/3 7:21)
 この花が石垣に上から長く垂れ下がって咲いているのを東京で見かけました。とても風情があっていい景色でした。普通のランタナは、仙台の外気では冬越しできません(一度枯らしました)が、このコバノランタナは庭に置いたままで冬を越しています。


mg23-2.jpg
コモンマロー(左)とタチアオイの一種(右)(2015/6/3 7:22)
 このコモンマローは、始めに植えた場所から消えた後にタネから育って5年ほど前から毎年たくさん花を付けています。生えた場所は、物干し用のコンクリート製ポール立ての根元ですが、年々株が大きく成長して、物干しの邪魔になりはじめました。右のタチアオイは今年の新人です。スカシタチアオイと(冗談で)呼んでいます。


mg23-3.jpg
ジギタリス(左)とガウラ(右)(2015/6/3 7:24)
 狭い庭なのにどうしてかジギタリスを植えた場所を忘れてしまって、「あっ、ここだったか」と毎年同じことを思ってしまいます。ガウラは、わが家の庭では古参なのですが、三度ほど移し替えたら勢いが落ちて、少し寂しくなっています。


mg23-4.jpg
小輪バラ(2015/6/3 7:25)
 小さな鉢に植えていますが、ヒメバラよりは大きい花が咲きます。


mg23-5.jpg
玄関の葉物鉢(2015/6/3 7:26)
 左のハンギングバスケットには、五種類ほどの葉物を植えています。蔓性のものが天上まで這い上がっているのが家族のお気に入りです。右の黄葉の名前は忘れてしまいましたが、だいぶ小型ですがルリマツリそっくりの花が咲きます。


mg23-6.jpg
ハナタバコ(2015/6/13 7:22)
 ハナタバコは寒さに弱いのですが、この株だけは壁際で冬越しをして毎年花を咲かせてくれます。一メートルほどの大型のハナタバコです。


mg23-7.jpg
ノハナショウブ(2015/6/19 16:08)
 大株になったので、大鉢に植え替えてたくさんの花を期待していたのですが、2本の花茎しか立ち上がってきませんでした。鉢に根が回る来年に期待です。後の葉は、鉢植えの藤です。


mg23-8.jpg
宿根バーベナ「ホームステッドレッド」(2015/6/19 16:07)
 この「まっか」という感じの花色が気に入って手に入れました。わが家での初開花なのであまり摘心などはしないで眺めています。


mg23-9.jpg

mg23-10.jpg
ロベリア(2015/6/11 10:50)
 門扉のハンギングはやっとビオラからロベリアに替わりました。ロベリアはハンギング向きの花で、目に近い高さで楽しむことができます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。