スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山犬イオ:2009年6月8日――三方倉山

 6年前、イオが8歳の時の山歩きです。三方倉山は、名取川の上流、二口渓谷の入口にある971mの山です。二口渓谷の右岸にあるのですが、左岸には大東岳(1366m)の登山口があって、そちらばっかり登っていて、三方倉山はこの時に初めて登りました。
 この日、ヤマヒル2匹に右手から血を吸われました。初めての経験でした。東北の山にはいないものだとばかり思っていましたのでとても驚きました。


md10-1.jpg
二口渓谷を渡って右岸へ。(2009/6/8 5:52)
 二口には磐司岩などがあってそれなりに観光客が訪れます。渓谷の入口には立派な駐車場があり、左岸沿いには上流まで車道が走っています。駐車場から右岸に渡ると、登山口と渓谷沿いのハイキングコースへと道は分かれます。


md10-2.jpg
ブナ平コース登山口。(2009/6/8 6:00)
 二口渓谷を渡ってすぐに渓谷沿いハイキングコースから登山道は分かれて、すぐ斜面に取り付きます。駐車場に一番に着いたので、しばらくはリードなしでイオは歩けます。


md10-3.jpg
ブナの林を。(2009/6/8 6:40)
 濃いガスがかかっていて、ブナ林の道はいくぶん幻想的な雰囲気があって快適でした。


md10-4.jpg
勝手に休憩。(2009/6/8 6:55)
 歩き始めてほぼ1時間。そろそろ休憩(おやつ)タイムではないかと催促です。


md10-5.jpg
石組みの急坂。(2009/6/8 7:10)
 イオはこんな急坂も駆け上がっていきますが、私のスピードは急に落ちるので、たいていこんな感じで私を待っています。上から見下ろしているときは、いつも得意げに見えます。


md10-6.jpg
頂上近く。(2009/6/8 7:52)
 次第に樹高が低くなってきて、頂上が近くなってきたことが分かります。見通しが悪いと、イオはゆっくりと慎重に進みます。ときどきは、私の後ろに回って自分だけの安全を確保しています。


md10-7.jpg
頂上。(2009/6/8 7:55)
 見晴らしはよくありません。樹間から覗いてみてもガスのため何にも見えませんでした。


md10-8.jpg
記念写真。(2009/6/8 7:57)
 ここで朝食です。


md10-9.jpg
ガスのかかる下り斜面。(2009/6/8 8:54)
 下りはハイキングコースの上流部に下るシロヤシオコースをとりました。あいかわらずガスは濃いままです。そろそろ、このコースを登ってくる人がいるかもしれない時間なので、イオはリード付きで下って行きます。


md10-10.jpg
石の道。(2009/6/8 9:03)
 斜面で向こうが見通せないので、少し慎重です。


md10-11.jpg
杉林へ。(2009/6/8 9:15)
 人工林の杉林になればもう登山道は終わります。ハイキングコースに出ればあっという間に駐車場に戻れます。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。