スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボンゴレ・ビアンコ(キャベツ入り) (2013/6/12)

 ここ最近、アサリを晩酌用の酒蒸しと朝餉の味噌汁の具にばかり使っていたので、たまにはパスタに、ということでランチ・ヌードルとしてボンゴレ・ビアンコを作ってみました。
 家庭用のランチということで、アサリだけでは栄養的にどうかと思ってキャベツを加えることにしました。何かを加えるとしてもキャベツ1種類くらいが限度だろうと考えました。シンプルなおいしさを壊さないようにするのが1番ということです。キャベツを少なめにしたせいか、まったく問題なくボンゴレ・ビアンコとしていただけました。

pst7-1.jpg

【材料(3.5人分)】
  スパゲッティ(1.4mm)……310g
  アサリ……40個くらい
  キャベツ……大きな葉2枚分くらい
  白ワイン……150cc
  オリーブオイル……適量
  イタリアンパセリ……適量(刻んで大さじ2杯くらい)
  ニンニク……1片
  赤唐辛子……2分の1本
  塩……適量
  黒胡椒……適量
  パルメザンチーズ……適量

【パスタを作る】
① 手鍋にクラッシャーで潰したニンニク、みじん切りの赤唐辛子、オリーブオイルを入れて弱火で香りを出す。フライパンでやるのが一般的らしいですが、我が家のフライパンはあまりきちんと蓋ができないので手鍋で作っています。
② イタリアンパセリのみじん切り半量とアサリ、白ワイン、適量の塩を入れ、蓋をしてアサリの殻が開くまで中火で煮る。
③ 貝が開いたら暖めていたフライパンにアサリと煮汁ソースを移す。
④ キャベツは2×5cm位の目安で切って、茹で時間3分くらいでスパゲッティと一緒に茹でる。1%塩のお湯で茹でたスパゲッティ(今日の1.4mmの標準茹で時間は5分と表記されていたので4分30秒のゆで時間とした)とキャベツをフライパンに入れ、ソースを十分に絡める。水分の量はお決まり通り、パスタを茹でたお湯で調整しますが、できれば白ワインだけでぴったりだと理想的。今日は手鍋からフライパンに移したとき、もったいないと思って少量の湯で鍋をゆすって加えたので、少しソースの汁分が多めでした。
⑤ 塩、黒胡椒で味を調整し、火を止めてパルメザンチーズを入れて全体に絡める。仕上げにEXVオリーブオイルを振りかける。皿に盛りつけて、みじん切りのイタリアンパスタを振りかけて完成です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。