庭の花:ビオラ、パンジーの本植え

 飛び飛びですが、4日ほどかけてビオラとパンジーの本植えが終了しました。庭が狭いので、ほとんどハンギングで鑑賞します。今年は、ビオラ5種、パンジー2種を8月初めに種蒔きをして、2週間ほどでポット植えをして、やっと本植えにこぎつけましたが、園芸店の苗と比べればまだまだとても小さい苗です。


mg17-1.jpg
ハンギング・ポット。一鉢に苗を3本ないしは4本植えています。今年は、12個のポットに植えました。 (2014/11/5)


mg17-2.jpg
ハンギング・バスケット。全部で8本の苗を植えていますが、いまだに適正本数に悩みます。今年は4つだけしか作りませんでした。 (2014/11/5)


mg17-3.jpg
ハンギング・プランター。もともとはヤシマットのハンギング・プランターなのですが、二階のバルコニーに吊していると、烏がヤシマットを巣材としてちぎって持ち去るので、今年の春からポリのプランターに代えました。サイズ的にはうまいこと納まっています。このプランターは7個ですが、もう2個ほど増やそうかと考えています。(2014/11/5)


mg17-4.jpg
こんなポットに4個植えましたが、毎年話のなりゆきでどなたかに差し上げることがあるので一応その準備のつもりです。 (2014/11/5)


mg17-5.jpg
苗はまだたくさん余っています。一つのポットに4本の苗を植えているのもあるので、できるだけ早く植え直さなくてはなりません。これからポツポツとハンギングポットやバスケットを作ることになると思います。例年ですと、妻がお手伝いしている保育所の玄関に飾るために数個妻が持って行ってしまうので、その数に合わせて作り足します。(2014/11/5)


mg17-6.jpg
ビオラ、パンジーの種蒔き箱。真夏に種を蒔くのですが、発芽適正温度は18~20℃なので、保冷剤を入れた発砲スチロールの箱で発芽させます。光も必要なのでくり抜いた窓に両面から透明フィルムを貼り、小さな温度計で中の温度を確認できるように作りました。箱の中は光量が足りないので、発芽したらなるべく早く外に出します。長く置くとひょろひょろと徒長してしまいます。(209/7/21)


mg17-7.jpg
ハンギング・ポットではこんなふうに。(2010/3/29)


mg17-8.jpg
ハンギング・バスケットでの咲き方。(2010/5/5)


mg17-9.jpg
ハンギング・プランター。この時はまだヤシマットを使っていました。 (2013/5/16)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR