山犬イオ:後白髪山、三峰山(2008年10月13日)

 後白髪山(1422.5m)も三峰山(1418m)も宮城県中部、山形県境にある船形連峰の山です。
 今日は、仙台市の定義地区から林道を深く入った横川コース登山口から後白髪山経由で三峰山まで登ります。

md6-1.jpg
 広瀬川の支流、大倉川の大倉ダム越しに見る後白髪山(中央)と三峰山(右奥)。白髪はなぜか「しらひげ」と呼びます。
 大倉ダムの上流の定義地区には定義如来と呼ばれている西方寺があり、参詣客が絶えない観光地です。バスツアーの定番は、定義如来に参ってから秋保温泉で一泊するのだときいたことがあります。

md6-2.jpg
 横川登山口から急坂を一気に登り切ると後白髪山のサブピークのような見晴らしのよい場所に出ます。大休憩です。

md6-3.jpg
 定義コースとの分岐点で。私がまだ十分に若かった頃、泉ヶ岳、北泉ヶ岳、三峰山、蛇ヶ岳、船形山、後白髪山と小屋泊まりで歩いたことがあって、そのときここから定義コースを降りていきました。小雨が降り続くブナ原生林の道は、どこまでも続くとても長い道でした。
 今日は快晴です。

md6-4.jpg
 頂上近くの尾根は快適です。見通しがよく、人の気配がまったくないので、イオもリードなしで気分は上々のようです。
 後白神山の山頂で朝食です。

md6-5.jpg
 右がこれから行く三峰山です。左端に船形本峰も見えます。その間は蛇ヶ岳で、三峰山との鞍部で登山道は分岐します。

md6-6.jpg
 秋とはいえ日射しはけっこうきつくて、イオはこういう場所を探して休憩します。私と離れた場所に陣取るので、給水する以外に私がおやつを食べはしないか、気になって私から目が離せません。

md6-7.jpg
 三峰山山頂で記念写真。この時は、蛇ヶ岳分岐から一緒になった若いご婦人と一緒でした。リードに繋がれたイオに「放されても大丈夫ですよ」と言ってもらえたので、健脚のご婦人と私の間をイオは行ったり来たりしながら楽しそうに登ってきたのでした。
 じっと座って記念写真を撮らせているイオを見て、「ウチのは無理だわ」ととても感心していましたが、ただ、場所を指示して「お座り」と言うだけのことなので恐縮しました。小型犬を飼っているとのことでした。

md6-8.jpg
 三峰山頂から見る船形連山の紅葉。

md6-9.jpg
 イオも紅葉を鑑賞中(のように見えます)。
 蛇ヶ岳に登る登山道が見えますが、手前の鞍部まで下って、後白髪山を越えるコースを返ります。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR