スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷製・野菜のクリームカレー

                           (2014/8/8)

 昨日のテレビで、レストランの賄いご飯として、夏のカレーメニューが紹介されていました。ホールトマトをたっぷり使ったカレーや、本格的に作ったカレーを冷やして、冷やしご飯で食べるというのもありました。
 相変わらずいい加減にしかテレビを見ないので、少しずつ記憶に残った中からアイデアをいただきながら、自己流の冷たいカレーを作ってみました。

 最近は暑い日が続いていますが、ソーメンや冷や麦、ざるそばや冷やし中華などばっかりではと、なんとかご飯もののランチにしたかったのです。

rice6-1.jpg


【材料・6食分くらい】
  冷やご飯……飯茶碗6杯分くらい
  茄子……3個
  カラーピーマン……赤、黄それぞれ1個
  玉ネギ……2分の1個
  人参……3分の2本
  トマト……1個
  シメジ……2分の1パック
  ニンニク……2片
  カレールー(顆粒)……大さじ3杯
  カレー粉……中さじ2杯
  鳥ガラスープ(顆粒)……中さじ2杯
  ウスターソース……大さじ2杯
  オイスターソース……大さじ1杯
  水……500cc
  生クリーム……180cc
  牛乳……100cc
  片栗粉……大さじ1杯
  塩……適量
  パルメザンチーズ……大さじ3杯

【作り方】
① カラーピーマンは直火で皮が黒くなるまで焼き、冷水で冷やしてから皮をむき、短冊に切っておく。トマトは皮をむき、1.5cm位の角切り、茄子は半分の長さにして4分の1の櫛形に切っておく。
② 薄い櫛形切りに切った玉ネギ、クラッシャーで潰したニンニク、幅広の短冊切りの人参をオリーブオイルで炒める。
③ 玉ネギがうっすらと色づいたら②を鍋に移し、水を加えて火を通す。鳥ガラスープ、ウスターソース、オイスターソース、カレールー、カレー粉を加え、塩で味を調える。
④ ③に茄子、シメジを加える。火が通ったら、ピーマンを加えて5分ほど煮る。片栗粉でとろみを調節する。
⑤ パルメザンチーズを加えてよく混ぜ、最後にトマトを入れてすぐ火を止める。鍋ごと水で冷やす。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしておく。
⑥ 冷やご飯は冷水で荒い、固まりをほぐす。よく水を切って皿に盛り、カレーを添えて出来上がり。
 
 あっさり食べたかったのでカレールー、カレー粉は普通のカレーよりだいぶ少なくなっています。トマトはほとんど生の状態で、さわやかさを期待しました。みんなより遅れて一人で食べた妻は、生のトマトを想像していなかったらしく、「これ、なに?」と驚いていましたが、妻以外にはとても好評でした。息子は、残りの1.5食分くらいを夕食時に一人で食べてしまいました。

 さらさらのカレーにしたかったので、カレールーを少なめにしたのですが、あんまり柔らかいので予定外の片栗粉を使いました。これはほんとうに余分でした。冷やしたら、だいぶしっかりと固まって、さらさらどころではありませんでした。カレーを冷やしたのは初めてですので、こんなもんでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。