シーフードのリゾット(古代米入り鹿児島産米)

                          (2014/6/21)

 鹿児島から野菜の詰まった荷物が届いたとき、一緒に鹿児島産米と古代米(赤米)もいただきました。さっそく「白米3合に大さじ1杯の古代米」という添え書き通りに炊いていただきました。きれいに赤く染まったご飯に炊きあがって、赤飯好きの110歳の義母が興味津々で食べていました。

 ランチ担当の私としても、古代米を使ってみたくて、魚介のリゾットを作ってみることにしました。赤いリゾットができれば最高です。サフランで黄色に仕上がったパエリアに匹敵するでしょう。
 魚介のソースを急には作れないので、チキンスープで代用しました。魚介は、パスタ用ラグーソースを作るために買い置きしていた冷凍シーフードミックスです。


rice5-1.jpg

【材料】
  鹿児島産米……230g
  古代米……大さじ3分の2杯
  冷凍シーフードミックス(ホタテ、イカ、エビ)……200g
  玉ネギ……1個
  人参……1本
  チキンスープ……1000cc
  ニンニク……2片
  唐辛子……小1本
  白ワイン……100cc
  黒胡椒……適量
  塩……適量
  バター……大さじ2杯
  パルメザンチーズ……適量
  イタリアンパセリ……適量

【作り方】
① チキンスープは、チキンコンソメキューブ1個と鶏ガラスープ小さじ3杯で作って、沸かしておく。
② 人参の3分の1は細い千切り、残りは3cm長の短冊切り、玉ネギは粗みじん切りにしておく。
③ フライパンにみじん切りの唐辛子、クラッシャーで潰した1片分のニンニク、人参の千切り、玉ネギみじん切りの3分の1、オリーブオイルを入れ火にかける。弱火で玉ネギが色づくまで炒めてから、シーフードとみじん切りのイタリアンパセリを入れて炒める。塩、コショウ、バターで味を調え、ワインを加えて少し火を通したら、具材は汁ごといったん引き上げておく。
④ フライパンに残りの人参、玉ネギ、ニンニク、オリーブオイルを入れて炒める。わずかな塩、コショウを加えてから、2種類の米を入れてよく炒める。
⑤ 米が透き通ってきた感じになったら白ワインを入れアルコール分を飛ばす。さらに引き上げておいた具材を汁ごと入れ、熱いスープをひたひたになるまで加えて煮る。米の煮あがり具合を見ながら、スープを足していく。
⑥ 塩、コショウで最後の味調整をしてから、火を止めてパルメザンチーズを混ぜ合せる。盛りつけたらイタリアンパセリを振りかけて完成。

 
 残念ながら赤いリゾットにはなりませんでした、油で炒めたせいか、古代米がなかなかスープを吸って柔らかくならないし、赤い色も溶け出してこないのです。古代米が食べられるくらいまで火を通すと、白米は柔らかくなりすぎます。

 見た目はともかく、味はまったく問題ありません。赤いリゾットにこだわるのであれば、お得意の「オジャット」(冷やご飯から作るおじや風リゾット)にすればいいことに気付きました。先に古代米入のご飯を炊いて赤い色を全体に拡げて置けばいいのです。
 最近は手抜きオジャットばっかりだったので、生米から作る普通のリゾットをと思ったことと、古代米を使ってみたいということの結果は成功というわけにはいきませんでしたが、初めての古代米体験としては十分でしょう。そう自分に言い聞かせながら食べ終わりました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR