スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿児島産野菜の煮物 (川内原発再稼働反対!)

                        (2014/6/14)

 今朝、鹿児島から野菜の詰まった荷物が届きました。かのや由紀さんという方が、家庭菜園で作った野菜を送ってくれたのです。荷物には、野菜ばかりではなく、お米や干し椎茸、お菓子までたくさん入っていました。
 さっそく、夕ご飯のおかずに、その野菜を使った煮物を作りました。届いた荷物を前にして妻は大喜びですが、煮物を作るのは私です。

 煮物に使った野菜は、すべて送っていただいたものばかりです。それにただ一つ群馬産の蒟蒻だけ足しました。出汁は利尻産の昆布と岡山からの頂き物の鰹節でとったので、水だけが地元のものということになりました。

 普通の煮物の作り方でレシピなどというものではありませんが、いちおう形式的に書いておきます。


鹿児島野菜


【材料】
  タケノコ……4本
  ジャガイモ……6個
  インゲン……10本ほど
  干し椎茸……10個ほど
  蒟蒻……1枚
  出汁……700cc
  干し椎茸の戻し汁……150cc
  日本酒……大さじ4杯
  薄口醤油……大さじ4杯
  塩……ひとつまみ
  砂糖……小さじ1杯
  味醂……小さじ1杯

【作り方】
① 材料は、タケノコのサイズに合わせて一口大に切っておく。ジャガイモや干し椎茸は小ぶりのものだけを選んで使った。
② 干し椎茸の戻し汁をくわえた出汁に材料を入れて火にかけ、砂糖、味醂、塩、醤油の順に加え、落としぶたをして15分ほど煮る。途中で適宜アクを取る。

 
 あいかわらず我が家では糖分はほんの気持ちしか使いませんが、とてもおいしく仕上がりました。私の一番のお気に入りはジャガイモでした。子どもの頃からのジャガイモ好きですが、この季節の小ぶりのジャガイモは煮崩れず、煮物に最適でした。

 毎年、季節になると近所の孟宗竹や真竹、庭の黒竹のタケノコを採って食べていたのですが、福島第1原発の事故で撒き散らされた放射能汚染で食べられなくなりました。農家で生産されたものは放射能検査で国の規制値以下のものだけが出荷されますが、自分で採ってくるものはどれだけ汚染されているのか見当がつきません。農地は表面除染などで管理されていますが、山野はもちろんそういうことはなくて、放射能で汚染されたままです。山菜、茸、タケノコなどは規制値を超えて汚染されている例がしょっちゅう報告されています。

 私は、原発再稼働に反対して仙台で脱原発を目指す運動に加わっています。鹿児島県には川内(せんだい)原子力発電所があって、その再稼働に反対している人たちの運動もあります。そうしたことが機縁になって、鹿児島で脱原発運動をしているかのや由紀さんとネット上の知り合いになっていました。
 かのやさんは仙台に住む私たちの様子を心配されて、鹿児島産の野菜を送ってくださったのです。川内原発のせいで鹿児島県が福島や宮城のようにならないことを祈るばかりです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。