街犬イオ:雪道ばかり(2016/1/18)

 雪なしの暖冬も1月中旬には終わって、ようやく仙台らしい冬になりました。1月18日には初めての雪らしい雪が積もりましたが、雪が大好きだったイオも足が弱って今では雪道の散歩に難儀しています。


【2016年1月18日 広瀬川堤防】


td34-1.jpg
この冬初めて積もった雪が降っています。まだ15㎝くらいなのでイオも楽に歩けます。(2016/1/18 6:46)


td34-2.jpg
天気予報では1日中降り続くらしいので、あまり積もりすぎないうちに雪掻きをしておかなければなりません。私の仕事なので、まだ少ししか歩いていませんが、この辺で帰ってきました。 (2015/11/28 6:46)
 

【2016年1月19日 堤防から町内へ】


td34-3.jpg
積雪の二日目の朝、車の轍の後は雪が消えています。雪の表面が少し溶けて、夜のうちに凍ってしまい、イオがその上に乗るとつるつる滑ってしまいます。後ろ足が弱っているので、とても難儀しています。雪の中へ行きたかったのですが、諦めて轍の中で用を足しています。 (2016/1/19 6:22)


td34-4.jpg
右の轍から左へ移動するところ。(2016/1/19 6:22)


td34-5.jpg
広瀬川堤防の轍の跡を辿って行きます。(2016/1/19 6:24)


td34-6.jpg
町内に入れば、通行量が多い分だけ轍の幅が広がっています。この日は、短い周回コースでした。(2016/1/19 6:30)


【2016年1月20日 青葉山公園・桜の小径】


td34-7.jpg
通行量の多い道はだいぶ雪が消えました。やっといつもの散歩コースへ行けそうです。広瀬川・仲の瀬橋の西詰から入る遊歩道に案内看板が立てられ、「青葉山公園 桜の小径 中の瀬口」と出ていました。たしかに、この道の下は「川内中の瀬町」というのですが、なぜか広瀬川にかかる橋には「仲の瀬」の名がついています。その桜の小径から見た仙台市街の朝焼けです。(2016/1/20 6:47)


td34-8.jpg
櫻の小径では人が踏み固めた道を辿って地下鉄国際センター前駅まで歩きました。(2016/1/20 6:48)


td34-9.jpg
朝焼けを眺めるイオです(まあ、休憩中なんですが)。(2016/1/20 6:48)


【2016年1月25日 仙台二高まで】


td34-10.jpg
また、雪が降りました。5㎝程度の積雪なのでイオも普通に歩いてきました。(2016/1/20 6:37、39)


td34-11.jpg
仙台二高へ上がる坂道は車が数台と一人だけの足跡がありました。(2016/1/20 6:38)


td34-12.jpg
仲の瀬橋の通りは何台も車が通っていますが、圧雪状態です。(2016/1/20 6:40)


【2016年1月26日 堤防から桜の小径へ】


td34-13.jpg
今朝もほんの少しだけ降ったようです。(2016/1/26 6:33)


td34-14.jpg
雪の下も調べながら歩いています。(2016/1/26 6:34)


td34-15.jpg
河川敷公園は一面の雪ですが、車が入った跡を歩いています。一週間ほど前の積雪で、若い時のようにどこかしこをラッセルする体力はないと悟ったようです。(2016/1/26 6:36)


td34-16.jpg
桜の小径には犬の足跡がたくさんあって、散歩どころではありません。じっとしていると冷え込むのですが、イオが納得するまで待つしかありません。(2016/1/26 6:45)




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)
スポンサーサイト

「かけうどん」と「かけそば」 (2016/1/15)

 私が麺好きなので、昼食は麺類がほとんどで、ごくたまにご飯類ということになります。うどんやそばの昼食の時、111歳になる義母が「かけうどんがいい」とよく言うようになりました。昼食を作る身としては、麺類といえどもいくらかでも栄養のバランスも必要だと思うので、「かけうどん」だけですますということはありませんでした。
 50年も前に亡くなった義父は塗り職人で、義母はその仕事の手伝いをしていました。若くて貧しかった二人の昼食は、毎日のように義母が作る「かけうどん」だったということです(この辺の話は、そんな時代のことを聞かされていた妻の話です)。貧しくても、義母にとっては人生の中で一番輝いていた時代の「かけうどん」の昼食が何よりの記憶なのだと思います。どれほどかおいしかったことか、想像もできません。
 そこで、うどんやそばの時には「かけうどん」、「かけそば」をつくることにしました。 


lunch13-1.jpg
「かけうどん」とけんちんうどん(1月11日) 
 讃岐太うどん(乾麺)、豚肉、人参、里芋、大根、牛蒡、れんこん、椎茸、こんにゃく、油揚げ、細ネギ。
 けんちんうどんを作ったときには、私たちには普通に「けんちんうどん」ですが、義母には「かけうどん」と「けんちんの具」の小皿に分けて出しました。この時は、先に具のほうを平らげてから、うどんに取り掛かっていました。


lunch13-2.jpg
「かけそば」と五色そば(1月15日) 
 粗挽きそば(乾麺)、鶏肉、マイタケ、卵、わかめ、細ネギ。
 わが家でかってに「五色そば」と呼んでいるだけなのですが、義母には「四色のおかず」の皿とネギだけの「かけそば」です。なぜかこの時は、そばを食べてからおかずに取り掛かっていました。最近、義母は一品(一皿)ずつ片付けていく、そんな食べ方をしています。あちこちに手を出すと、碗をひっくり返すことが多いので、私たちにはとても助かる食べ方になりました。本人もその方が面倒がなくていいのかもしれません。

 こんな方法の「かけうどん」や「かけそば」で満足しているのかどうか、とくに何も言わないのでよくわかりません。「おいしい?」と聞くと、明治生まれの義理堅さで必ず「おいしいよ」と答えるので、あてにならないのです。きっとこんな味の「かけうどん」ではなかっただろうと思うのですが……。




 街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

家犬イオ:新しいベッド?

 イオには決まったベッドがありません。小さいころから寝場所を用意してやっても、いつも好きな場所で寝ています。季節によって変わりますが、階段の上、2階の廊下、2階の和室(私の寝室)、玄関、洗面所、台所(冷蔵庫の前)などで、足が弱った最近は居間が多くなりましたが、それでもど真ん中だったり、硝子戸の前だったり、寒い日は陽当たりを追って移動しながら寝ていたりします。
 


hd14-1.jpg

hd14-2.jpg
以前のブログ写真でもうすうす気づいてはいたのですが、最近になってよく寝ている場所があるのです。長火鉢(使わずに置いているだけ)と座椅子の背の間のスペースです。座椅子を座卓に押し込んだ状態でできるスペースなので、イオがこんな風に寝ていると誰も座椅子に座れません。テレビの正面の席なので、みんな困っていました。そこで、イオの前の雑多なものを片付けてイオの寝場所をしつらえました。 (2015/12/9 9:54)


hd14-3.jpg

hd14-4.jpg
上の写真の寝ていたところの奥に作った寝場所をすぐに気に入ってくれました。右手の枕の類は、私がひっくり返ってテレビを見たり、本を読んだり、昼寝をする場所です。イオは私の頭の後ろ(上)で寝ている形になります。 (2015/12/26 8:53)


hd14-5.jpg
私が居眠りをしているときに妻が撮った写真です。私の頭の上でイオが体を伸ばしています。こんな位置関係です。 (2015/12/31 11:34)


hd14-6.jpg
今年の冬は暖かかったので、座卓から炬燵へ変えたのは暮れも押し詰まってからでした。炬燵敷きのモフモフも気に入ったようで、こんな風に寝ているときもあります。体半分を自分のベッド、半分をモフモフの上という時もあります。この場所だとかろうじて座椅子は使えます。(2016/1/10 11:37)


hd14-7.jpg

hd14-8.jpg
イオのクリスマス・ディナーです。妻がイブ礼拝に行くので、わが家のクリスマスは25日で、今年はみんなでステーキにしました。イオにも私たちと同じサイズの1枚をオリーブオイルだけで焼いたものを準備しました(オリーブオイルはイオの好物の一つです)。レアに焼いたものを切り分けて出したのですが、半分ほどでやめて、家族のステーキを少しずつもらっていました。塩、胡椒、赤ワインソースのほうが好みなのかもしれません(いちおう、ソースはしゃぶってから食べさせるのですが)。 (2015/12/25 20:58)

このごろランチ (2016/1/6)

 何とか年を越し、正月もそれなりに過ごせました。自分で作った昼食の写真を眺めていたら、暮れの大掃除、買い出し、お節料理の準備のあいまでも、ふつうにランチを作っている自分がいるのに驚いています(ネタ切れ気味ではありますが)。 


lunch12-1.jpg
野菜スパゲッティ(12月22日) 
 スパゲッティ、ベーコン、カラーピーマン、キャベツ、カブ、トマト、(ニンニク、唐辛子人参、長ネギ、セロリ、鶏がらスープ(粉末)、白ワイン、胡椒、パルメザンチーズ)。
 優しい味の定番パスタで、野菜は冷蔵庫にあるものから選びます。この日は、いつも使うシメジが切れていました。


lunch12-2.jpg
焼うどん(ポーチドエッグのせ)(12月23日) 
 讃岐太うどん(乾麺)、豚肉、人参、玉ネギ、椎茸、卵。
 ポーチドエッグで味をまろやかにしようと思い立ちました。タンパク質の補強ということもありますが、何よりも目先を変えたかったのです。


lunch12-3.jpg
コンキリエのジェノベーゼソース(12月24日) 
 コンキリエ・リガーテ、ジャガイモ、インゲン、(作り置きのジェノベーゼソース)。
 私としては、ジェノベーゼソースにはペンネが合うように思うのですが、あいにく切れていました。作り置きソースなので、毎回同じ味になります。白ワインがとても合うので、多めに作って晩酌時にまた食べるのです


lunch12-3-1.jpg
牛蒡と茄子のペペロンチーノ(12月26日) 
 スパゲッティ、牛蒡、茄子、(アンチョビ、唐辛子、ニンニク、白ワイン、塩、胡椒、醤油、パルメザンチーズ)。
 初めて牛蒡のペペロンチーノを作った時は、茄子、アンチョビ、醤油は入っていませんでした。唐辛子を効かせていたのですが、義母のために辛さを抑え、食べにくい牛蒡の代わりに柔らかい茄子を入れるという風に変化してきました。あるとき、客にふるまったら「醤油が入ってるの?」と聞かれたのがきっかけで、隠し味風に醤油を加えるようになりました。アンチョビは妻が嫌いなのですが、隠して入れたら、何にも言わずに食べたので、それ以来入れるようになりました(訓練です)。


lunch12-4.jpg
味噌煮込みうどん(12月28日) 
 讃岐太うどん(乾麺)、豚肉、人参、長ネギ、椎茸、白菜。
 味噌は、仙台味噌です。麺つゆや白だし、昆布だしに味噌を合わせました。塩分の量で言えば、液体だし類で半分、みそで半分くらいに合わせてあります。


lunch12-5.jpg
そうめんチャンプルー(12月30日) 
 そうめん、豚肉、椎茸、玉ねぎ、人参、細ネギ。
 最近、焼うどんを作ることが多くなったので、そうめんを使って変化をつけてみました。やはり、そうめんとうどんは全く別の食べ物ですね。


lunch12-6.jpg
キノコのパスタ(マッシュルームソース)(12月31日) 
 スパゲッティ、エリンギ、シメジ、マイタケ、(作り置きのマッシュルームソース、ニンニク、唐辛子、白ワイン、塩、胡椒、パルメザンチーズ)。
 作り置きのソースなので、手軽なランチとして作れます。それでも、どことなく贅沢な感じがするパスタソースです。


lunch12-7.jpg
牛肉そば(1月2日) 
 生そば、牛肉、マイタケ、せり、細ネギ。
 暮れのすき焼きの残りの牛肉と年越しそば用の生そばの残りを使った一品です。どちらの残り物も長くは置けないので、すこし慌てて作りました。


lunch12-8.jpg
有頭エビのスパゲッティ(1月5日) 
 スパゲッティ、有頭エビ(アルゼンチン赤エビ)、むきエビ(ボイル)、(エビの頭と殻、ニンニク、唐辛子、にんじん、セロリ、長ネギ、タイム、ローズマリー、白ワイン、塩、胡椒、パルメザンチーズ)。
 頭と殻を刻んだ野菜類とよく炒めてから白ワインで煮出してスープを作ります。多少手間がかかりますが、安いアルゼンチン赤エビでもとてもおいしく食べられるので、妻がせっせとこのエビを買ってきます。具が寂しいのでボイルされたむきエビを加えていますが、これはこれからの工夫のしどころですね。生の赤エビと比べるとあまりおいしくないのです。


lunch12-9.jpg
野菜タンメン(1月6日) 
 生ラーメン、市販塩ラーメンスープ(鶏ダシ)、豚肉、白菜、キャベツ、人参、椎茸、長ネギ、モヤシ、ピーマン。
 肉、野菜類から出るダシで、市販のラーメンスープでもおいしく食べられるので、家族のお気に入りです。醤油ラーメンスープよりは塩ラーメンスープのほうがだんぜん合います。塩ラーメンスープを使って、タンメンということにしています。




 街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)


あけましておめでとうございます

hd14-0.jpg




 街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR