スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このごろランチ (2015/7/26)

 7月26日に仙台も梅雨明け宣言がありました。暑い季節になると、毎日そうめんの昼食でもいいのですが、「毎日はイヤ!」と即座に妻に拒否されました。季節は変わっても、メニューネタが増える兆しはありません。


lunch6-1.jpg
冷しゃぶ梅おろしそうめん(7月9日) 
 そうめん、薄切り豚肉、長ネギ、梅干し、大根。
 そうめんの季節になると、炭水化物過剰になるので、少し変化を加えて、冷しゃぶを梅おろしで食べてみました。


lunch6-2.jpg
オムライス(7月13日) 
 ご飯、鶏肉、玉ネギ、ニンニク、コンソメ(顆粒)、卵、牛乳、ソース(赤ワイン、ウスターソース、ケチャップ)。
 オムライスは、家族の受けがいいので作りたいのですが、なかなか形良く卵をふわっと開けません。


lunch6-3.jpg
二色冷やとろ(7月14日) 
 十割蕎麦(乾麺)、冷や麦(乾麺)、長いも、卵黄、小ネギ、海苔。
 蕎麦と冷や麦を一緒に食べようという思い付きです。蕎麦と冷や麦の太さがほぼ同じくらいなので、同じ濃さのつゆを使えます。


lunch6-4.jpg
サラダ風の冷製フェデリーニ(7月15日) 
 フェデリーニ、トマト、レタス、ハム、オリーブの実(黒と緑)、ケッパー、イタリアンパセリ、レモン果汁、バルサミコ酢、EXVオリーブオイル。
 冷製パスタをサラダ風にして食べようと思ったのは、もっとも手っ取り早くできそうと思ったからです。じっさいに簡単にできあがりましたが、味も想像通りで、あっさりそのものでした。


lunch6-5.jpg
チャーハン(7月18日) 
 チャーシュー、長ネギ、卵、付け合わせ(仙台長茄子の漬け物、キュウリの塩もみ)。
 チャーハンも手軽なランチメニューの一つになりました。ご飯のパラパラの度合いがいまひとつ確信がありませんが、あまり失敗したという感じになることがないので、気軽に取り組めます。昼飯時にご飯が残っているかどうかが条件ですが……


lunch6-6.jpg
冷やし中華(7月19日) 
 冷やし中華麺、添付の冷やし中華スープ、ラーメンスープ、卵、トマト、キュウリ、ハム。
 我が家風の冷やしラーメンと冷やし中華を合わせたような麺メニューです。いつもはチャーシューを使うのですが、ハムを使って見ました。おいしいチャーシューの市販品をたまにしか入手できないので困っています。


lunch6-7.jpg
冷や麦(7月22日) 
 冷や麦、トマト、キュウリ、小ネギ、ミョウガ、大葉、おろし生姜。
 我が家での典型的な冷や麦やそうめんの食べ方です。麺の太さでつゆの濃さを変えます。


lunch6-8.jpg
ジェノベーゼソースのペンネ(7月24日) 
 ペンネ、じゃがいも、ジェノベーゼソース(バジル、松の実、クルミ、EXVオリーブオイル、ニンニク、コショウ、塩)。
 やっとバジルが育って、今期初めてのジェノベーゼソースをたっぷりと作りました。最初は、ショートパスタにしてみました。ジェノベーゼソースとじゃがいもの相性は抜群です。パスタが何であれ、じゃがいもは欠かせません(私には)。


lunch6-9.jpg
冷製ラタトゥイユのカッペリーニ(7月26日) 
 カッペリーニ、トマト、ズッキーニ、茄子、ピーマン、カラーピーマン、EXVオリーブオイル、バルサミコ酢、レモン果汁。
 ラタトゥイユを作って冷やして置いて、冷製パスタに使いました。野菜をたっぷりいただこうという魂胆です。冷やしたラタトゥイユにバルサミコ酢とレモン果汁を加えて味を調整しました。野菜だけですが、こってりした味わいです。
スポンサーサイト

街犬イオ:このごろ散歩(2015/6/25)

 わが家から西に出れば町内の道、東の庭の前は広瀬川の堤防の道で、イオの散歩は二つの道の左右、4方向のどれかになります。最近は、イオの行きたい方向へ歩き出します。
 朝は、たいてい町内の道に出るのですが、そのまま歩くのは3回に1回くらいで、たいていは300mほどで引き返します。自宅を通り抜けて堤防道に出て、まずは上流方向に歩きます。ここでも200mくらいで引き返します。そのまま自宅前を過ぎて下流へ歩いて行って、河川敷グランドを周回して戻るか、途中から町内に抜けて住宅地の中を帰ってきます。



【2015年6月15日 仙台市博物館】

td23-1.jpg
巽門跡。 (2015/6/15 6:35)
 4日ほど前、車で出かけた追廻公園の散歩がイオに好評だったので、また車で仙台市博物館へ出かけました。博物館は仙台城三の丸跡にあって、今日は巽門から入りました。


td23-2.jpg
博物館横の入口。 (2015/6/15 6:41)
 巽門跡から坂道を上っていくと清水門跡の表示があって、その向かいの石組みの間から博物館横の小路に入ります。歩き出しから上り坂が続いたので、イオはもうバテ気味です。


td23-3.jpg
博物館横の小路。 (2015/6/15 6:42)
 坂道の登った分を下り直します。「下りは楽ちんですね」みたいに表情が変わります。


td23-4.jpg
伊達政宗胸像。 (2015/6/15 6:43)
 博物館横に魯迅の像がありますが、少し奥まったところに伊達政宗の胸像もあります。通り過ぎてから写真を撮ろうと思ったので、向こうにに小さく見えるだけになりました。


td23-5.jpg
博物館前。 (2015/6/15 6:46)
 顔にはもう歩きたくないという表情が満々です。


td23-6.jpg
睡蓮咲く長沼。  (2015/6/15 6:52)
 博物館の東の長沼には睡蓮が咲いています。この辺でイオは動かなくなりました。沼の白柵が終わるところに車を留めてあるのですが、傍らのベンチで大休憩しました。



【2015年7月9日 川内萩ホール】

td23-7.jpg
仙台城大手門跡。 (2015/7/9 6:29)
 車で東北大学川内キャンパスの川内萩ホール前に行きました。歩き出しは、仙台城大手門跡で、萩ホールをぐるっと回ります。石垣の根本にヤブカンゾウが咲いていました。


td23-8.jpg
二の丸跡。(2015/7/9 6:30)
 川内萩ホールは、仙台城二の丸跡に建てられています。名残の庭を歩きます。


td23-9.jpg
アジサイの花の前で。(2015/7/9 6:33)
 道は、川内萩ホールの裏手、「三太郎の小径」に続いていきます。林の入口付近にアジサイの花叢がいくつかありました。


td23-10.jpg
「三太郎の小径」で。(2015/7/9 6:35)
 木が茂る林に道では気分が良さそうです。


td23-11.jpg
メタセコイアの並木。(2015/7/9 6:45)
 「三太郎の小径」から川内萩ホール横の広い駐車場に出ると、イオの足は急にノロノロとなりましたが、この辺で復活です。環境効果抜群の犬です。


td23-12.jpg
萩ホール前の広場。 (2015/7/9 6:46)
 萩ホールを一周して散歩は終わります。


【2015年7月16日 広瀬川堤防】

td23-13.jpg
雨降りです。 (2015/7/16 7:01)
 玄関を出ると雨が降っています。イオは玄関の庇下から出ようとしません。雨に嫌気が差したのかもしれませんが、右(町内の道)へ行こうか、左(広瀬川堤防道)へ行こうか、迷っているようにも見えます。結局、左へ行くことにしたようです。


td23-14.jpg
河川敷の道。 (2015/7/16 7:11)
 歩き出しはいつも元気です。


td23-15.jpg
駆けるイオ。 (2015/7/16 7:11)
 突然走り出しました。全力疾走ではありませんが、頑張ります。


td23-16.jpg
遠くにシバ君が。 (2015/7/16 7:11)
 ずっと向こうを散歩している近所の若いシバ君を発見して追いかけています。とてもお気に入りの相手で、出会うとしつこいぐらいに構いすぎて、ときどき迷惑そうな顔をされるほどです。雨降りのせいかとても急ぎ足だったので、追いつけずに散歩は終わりました。

庭の花:雑草繁茂の庭で

                    2015/7/22

 今年の仙台はまったくの空梅雨でしたが、庭の雑草はたくましく繁茂しています。広瀬川堤防沿いの庭ですので、蚊の最適繁殖地に囲まれてヤブ蚊の数も半端ではありません。
 早朝のイオとの散歩の後に庭や鉢の水やりをしますが、3ヶ所くらいは必ず蚊に刺されてしまいます。水やりだけでその程度ですから、庭の雑草取りは、長ズボン、長袖シャツで、蚊取り線香を腰にぶら下げてやります。それでも6月が限度で、7月から8月は雑草を見ないふりしてすごします。


mg24-2.jpg
ペチュニア(2015/7/9 14:05)
 玄関前のハンギングの小輪ペチュニアです。これは昨年の苗の切り戻しなので比較的早く大株になりました。この種類は春の挿し芽に成功しましたが、小輪のペチュニアには挿し芽がうまくいかない種類が多いようです。


mg24-1.jpg
ペチュニア(2015/7/9 14:04)
 門扉の花がペチュニアに替わりました。春遅くなってからペチュニアの挿し芽をしたため、今年は花が咲きそろうのがだいぶ遅くなりました。


mg24-3.jpg
チコリ(2015/7/9 14:05)
 何年もチコリの花が庭で咲いています。1mほどの丈に育って小さな花をつけますが、この明るい青色が好きになって、我が家では野菜ではなく宿根草の立派な花として育っています。今年は、五色南天の鉢から実生苗が生えてきて、そのまま大きく育って花を咲かせています。


mg24-4.jpg
デンドランセマ(2015/7/9 14:07)
 どう見ても夏咲きの小菊ですが、とても分岐が多い種類です。30cm鉢に一苗でふんわりと育っています。


mg24-5.jpg
フロックス(2015/7/22 7:42)
 いつのまにかフロックスが大株になっていました。


mg24-6.jpg
名称不詳(2015/7/22 7:44)
 菊科の花ですが、50cmくらいの丈に真っ白な花をつけるとても優しい感じの草花です。これから秋にかけて次々と花を咲かせてくれます。苗を植えて5年ほどです。昨年までは1本立ちで細々と立ち上がっていましたが。今年は5本ほどの株立ちになりました。


mg24-7.jpg
ランタナ(2015/7/22 7:45)
 ランタナは育てるのが簡単で、長い期間花を楽しめるのですが、仙台では冬越しが難しいのが欠点です。木性なので大株に仕立てたいのですが、冬に取り込む無加温温室が満杯気味なので困っています。


mg24-8.jpg
グロリオサ(2015/7/22 7:44)
 3個の大鉢に、秋にチューリップ、春にグロリオサの球根を交互に植えています。グロリオサの球根もどんどん増えているのですが、どうも増えているのは黄色のグロリオサばかりらしく、赤のグロリオサの球根は2個程度になってしまいました。


mg24-9.jpg
ルリマツリ(2015/7/22 7:55)
 優しい青色で、これも好きな花ですが、やはり寒さに強くなくて、冬は温室入りです。玄関先に飾るようにそれ向きの鉢に植えているのですが、今年は他の花が玄関先からどかないので、温室に中に入ったままで咲き続けています。玄関先も狭いのです。


mg24-10.jpg

mg24-11.jpg

mg24-12.jpg
ペチュニア3種(2015/7/22 7:59)
 2階のバルコニーの主役はペチュニアのハンギングです。すべて、温室で冬越しした株から春の芽差しで増やした苗を植えたものです。

このごろランチ (2015/7/8)

 仙台も梅雨に入りました。暑い日もありますが、仙台の梅雨冷えはけっこう涼しいのです。それでランチもときどきは冬と同じという日もあります。
 あっさり食べられる冷たい麺やパスタは、冷やす時間の分だけ調理に時間がかかって、作る方はあっさりとはいかないのです。汗だくになって作りおえて、いざ食べる段になって食欲がなくなっているということもたまには起きます。


lunch5-1.jpg
そうめん(6月24日) 
 そうめん、トマト、卵、キュウリ、大葉、みょうが、小ネギ、おろし生姜。
 そうめんの季節です。教え子の一人が毎年送ってくれるそうめんがとてもおいしいので助かります。今年も届きました。


lunch5-2.jpg
牛蒡と茄子のペペロンチーノ(6月25日) 
 スパゲッティ(4mm)、茄子、牛蒡、アンチョビ。
 牛蒡のペペロンチーノが我が家の定番なのですが、最近は茄子を加えることが多くなりました。茄子もおいしいのですが、ささがき牛蒡だけでは見た目が寂しいということもあります。


lunch5-3.jpg
肉うどん(6月27日) 
 讃岐太うどん(乾麺)、牛肉、茄子、椎茸、長ネギ。
 具は1種類ずつ濃いめのうどんつゆで煮上げて分けておきます。


lunch5-4.jpg
とろろ蕎麦(7月5日) 
 十割蕎麦(乾麺)、山芋、卵、焼き海苔、小ネギ、わさび。
 山芋をおろしてから擂り鉢であたるのに時間がかかりますが、とろろ蕎麦を食べることを考えればまったく気になりません。乾麺の十割蕎麦は茹で上げるのにとても気を使います。くっつきやすいのでよくかき混ぜないといけないのですが、とても切れやすいのです。丁寧にかきまわすということが、短気な私にはまるで精神修養をしているようです。それに、少しでも茹で時間が長いとメタメタになってしまいます。


lunch5-5.jpg
牛丼(7月6日) 
 牛肉、玉ネギ、糸コン、紅ショウガ。
 以前、吉野屋風牛丼というレシピで作ってみましたが、高齢家族には味が濃かったので。今では我が家風におとなしい味に落ち着きました。肉が少なめ、というよりは肉以外が多めなのも我が家風です。


lunch5-6.jpg
焼きトマト、焼き茄子、焼きピーマンの冷製カッペリーニ(7月7日) 
 カッペリーニ、トマト、茄子、カラーピーマン、オリーブの実(黒、緑)、ケッパー、EXVオリーブオイル、バルサミコ酢、レモン果汁。
 いよいよ夏本番なので、冷製パスタ用のカッペリーニとフェデリーニを仕入れてきました。輪切りのトマト、茄子とピーマンは丸ごとオリーブオイルを塗って焼きます。とくにカラーピーマンは皮全体が真っ黒になるまで丁寧に焼きます。つきっきりでとても時間がかかりますが、そうしないとうまく皮がむけませんし、甘くておいしい焼きピーマンができません。それから全体を冷やすので、最低でも食べるまで2時間ほどかかってしまうのが難点ですが、とてもおいしく食べられます。


lunch5-7.jpg
茄子とベーコンのトマトソース(スパゲッティ)(7月8日) 
 茄子、トマトソース。
 トマトソースは作り置きで、これも定番パスタです。

街犬イオ:このごろ散歩(2015/6/11 追廻公園)

 最近は、自宅のまわりだけの散歩が続いたので、車で追廻公園というところへ行ってみました。
 仙台城址の東面は急峻な崖で、その崖と広瀬川の間が追廻(おいまわし)地区です。かつては戦災被災者や引揚げ者の住宅地だったのですが、いまは住民の退去が進められ、公園として整備されようとしています。
 その住宅地の先に23面もあるテニス場があり、さらにその奥に林が残っている緑地があります。何と呼べばいいのか分からないのですが、一応、ここでは追廻公園と呼んでおくことにします。


【2015年6月15日 追廻公園】

td22-1.jpg
竜ノ口渓谷からの沢沿いの道。 (2015/6/15 5:57)
 仙台城三の丸跡から追廻地区に入って、南に進んだどん詰まりには、竜ノ口渓谷から広瀬川に入る沢が流れています。この沢の上流の竜ノ口渓谷はとても深い渓谷で、仙台城の南を守る天然の要害となっています。
 車から降りると、まわりはいかにも山野の中という雰囲気で、イオはいつもと違ってウキウキと歩き出しました。


td22-2.jpg
沢沿いの道を広瀬川方向へ。(2015/6/15 5:58)
 写真を撮っていると、「どうしたの? 行かないの?」という顔で待っています。


td22-3.jpg
広瀬川沿いの道。(2015/6/15 6:06)
 竜ノ口渓谷が広瀬川と合流する地点から道は広瀬川沿いに上流方向に曲ります。写真には写っていませんが、ホームレスの小さなテント村があります。住人は7、8人くらいでしょうか。
 それでも、道は雰囲気のいい樹林の下道です。


td22-4.jpg
「ここ、とってもいいね」。(2015/6/15 6:07)
 いつもと違って、イオはとても張り切っています。もう表情が違います。


td22-5.jpg
どんどん歩きます。(2015/6/15 6:08)
 いつものトボトボとした歩き方と違います。若いときのように私を引っ張るように歩きます。ただ、尻尾が上で丸まるわけでもなく、下がってしまうわけでもない中途半端のままです。
 年老いて、体力が落ち耳も遠くなってから、イオは警戒心が強くなったようです。散歩のときは尻尾を下げていることが多くなりました。いまでも、はしゃいだり、嬉しかったり、時には喧嘩態勢の時には尻尾は上がって丸まっているのですが、この時は気分が半分半分だったのでしょう。


td22-6.jpg
四阿の前で。 (2015/6/15 6:10)
 公園らしく池があってそのそばに四阿もあります。


td22-7.jpg
桑の実。 (2015/6/15 6:13)
 四阿のそばに1本の桑の木があって、実が黒く熟していました。いくつか実をもいで昔ながらの甘みを味わいました。イオはどうかなと差し出してみましたが、匂いを嗅いだだけでおしまいでした。
 イオが2、3歳の頃、サクランボ(普通のソメイヨシノの実)を拾って食べていました。それも仙台城大手門跡前のたくさんの桜の中のたった1本の木の実しか食べないのです。散歩コースの中にはたくさんの桜があって、とくに大粒でおいしそうな実を何度も勧めてみたのですが、その木以外の実はぜったいに食べないのでした。不思議に思って私も食べ比べてみたのですが、何が違うのかまったく分かりません。そのうちに、いつのまにかイオは桜の実を食べなくなりました(ただし、山形産のいわゆるサクランボは食べます)


td22-8.jpg
池に流れ込む沢もあります。 (2015/6/15 6:13)
 まだ疲れていません。ほんとうにいつもの散歩と表情が違います。若いときのイオのようです。


td22-9.jpg
ベンチの上で。 (2015/6/15 6:15)
 写真のような林を周回するようして車まで戻ります。30分足らずの散歩でしたが、イオがこんなに喜んだのは驚きでした。

街犬イオ:このごろ散歩(2015/6/8)

 アップが大幅に遅れてしまいましたが、イオの散歩です。テンカンの薬を飲み始めてから半月ほどになりますが、初めての発作を起こした5月18日以降はまったく順調で、問題なく過ごしています。
 朝晩の散歩も積極的に出かけます。玄関を出るときは大張り切りなのですが、10分ぐらいしか続きません。その後はのんびりゆっくりと歩きます。ときどきは立ち止まって何かをじっと考え込んでいる風情なのですが、ただ歩きたくない気分なのでしょう。じっと待っていれば、また歩き始めます。そんな散歩の日々です。


【2015年6月4日 広瀬川遊歩道】

td21-1.jpg
桜並木の道。 (2015/6/4 6:42)
 地下鉄工事に伴った整備のためずっと閉鎖されていましたが、やっと途中まで通れるようになりました。仲の瀬橋の西詰めから大橋の西詰めまでの道です。


td21-2.jpg
「国際会館」駅の先で通行止め。(2015/6/4 6:45)
 工事はまだ完成していなくて、仲の瀬橋から地下鉄駅までしか歩けません。この辺は地下鉄駅に合わせて盛り土をしたため前の道の雰囲気とはだいぶ変わっています。


【2015年6月7日 澱河川敷公園】

td21-3.jpg
夕日の草っぱらで。(2015/6/7 5:55)
 珍しく夕方の散歩で写真を撮りました。イネ科の草が麦秋のような色合いで、夕日に照らされて光っていました。イオの背後、左手に澱橋があります。


td21-4.jpg
夕日の草っぱらで。(2015/6/7 5:55)
 夕方の散歩でカメラを持っていくことはほとんどありません。この時は、スマホで撮しました。


td21-5.jpg
夕日の草っぱらで。(2015/6/7 5:55)
 もう少し陽が落ちている方がきれいだったかもしれません。


【2015年6月8日 町内から自宅へ】

td21-6.jpg
町内のパン屋さん。 (2015/6/8 6:35)
 パン屋さんの前にはいつもたくさんの鉢植えの花がきれいに咲いています。


td21-7.jpg
花の前でポーズ。 (2015/6/8 6:36)
 しょっちゅうこのパン屋さんの前を通るのですが、いつもは花にはまったく興味を示さないのです。なぜかこの日だけは自分で花に寄っていきました。


td21-8.jpg
わが家の玄関前。 (2015/6/8 6:46)
 パン屋さんの花の前で写真を撮ったので、自宅に帰ってきてから玄関の花の前でも撮してみました。


td21-9.jpg
玄関前。 (2015/6/8 6:57)
 前の写真にはっきり写っていますが、少し右の耳が下がっています。高齢になってからときどきこんなふうになります。この後、家に入ってから顔面マッサージをたっぷりやりました。マッサージが気持ちいいらしくて、顔をぐりぐりと押しつけてきます。少しはマッサージが効いているようです。
プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。