庭の花:鬼罌粟が咲いた

                  2015/5/30

 庭も少しずつ賑わってきました。ハンギングにしているパンジーやビオラはまもなく終わってしまいます。これからのハンギングは、ペチュニア主体に変わりますので、また一作業をこなさなければなりません。いまは、春先に芽差しをしたペチュニア苗が栽培ポットの中で花を咲かせはじめた段階で、植え替えを待っています。


mg22-1.jpg
オニゲシ。(2015/5/4 7:13)。
 インパクトがありすぎて、111歳になる義母が大嫌いなオニゲシが今年も咲き始めました。とても丈夫な草で、まったくの植えっぱなしです。


mg22-2.jpg
パンジーとビオラ。 (2015/5/4 7:14)
 ハンギングのポット、バスケット、プランターの中からそれぞれ一つを撮しました。昨年播いたのは、ほとんどがビオラでした。


mg22-3.jpg
クレマチス。(2015/5/4 7:14、7:18)
 今年は3輪だけしか咲きませんでした。選定後に期待するしかありません。


mg22-4.jpg
ニホンカナヘビ。(2015/5/7 6:54)
 玄関脇のハンギングバスケットにいました。ときどき鉢植えの中や庭の花近くでオーナメント替わりにポーズをとっています。


mg22-5.jpg
姫フウロソウ。(2015/5/4 7:17、7:22)
 同じ鉢に植えていますが、左の草が大繁殖して、右の花が背後から高く花茎を伸ばして咲いています。


mg22-6.jpg
マツバギク。(2015/5/7 6:55)
 道に面した椿の根本に拡がって咲いています。これも植えっぱなしでいいのですが、草丈が低いのですぐに雑草に隠れてしまいます。雑草抜きが欠かせません。とくにこの場所はヨモギが悩みの種になっています。


mg22-7.jpg
アイリス。(2015/5/10 12:39)
 黄色にアイリスが咲き終わってから、この藍色のアイリスが咲き出します。毎年、黄花が咲き出すと消えてしまったのではないかと心配になるのです。


mg22-9.jpg
ゲラニューム(フウロソウ)。(2015/5/4 7:25、5/7 7:07)
 品種名は、たぶん「カルミーナ」だろうと思います。


mg22-10.jpg
ベロニカ。(2015/5/4 7:34)
 長い間、わが家の庭にあって、もう品種名は不明です(家族の誰も覚えていません)。玄関先の敷石の付近に広がっていて、ときどき義母の車椅子に轢かれてしまいますが、また伸びてきます。


mg22-8.jpg
バラ4種
 左上は「カクテル」、右下は「バレリーナ」というつるバラです。他の2種は、残念ながら品種名は忘れてしまいました。
スポンサーサイト

街犬イオ:このごろ散歩(2015/5/25)

 イオの老け方がとても早くなっているように感じます。5月18日の朝5時半頃に、玄関で散歩に出かける準備をしているとき、痙攣を起こしました。30分ほどで治まったのですが、獣医さんの診断はテンカンだということでした。
 14歳になって初めて起きたので、これも老化の一つということでしょう。頂いた薬を飲んでいたのですが、食欲もなく、ぼんやりしているばかりなので、弱い薬に変えてもらったら、すっかり元に戻りました。
 朝と夕方、時間ともなれば散歩のお誘いが激しくなりますが、家の周囲を行ったり来たりで、距離は伸びません。


【2015年5月13日 広瀬川畔】

td20-1.jpg
広瀬川の水辺へ (2015/5/13 6:33)
 珍しくどんどん草叢へ入って行って、広瀬川の水辺にでました。


td20-2.jpg
草叢に突っ込んで立ち往生。(2015/5/13 6:34)
 もう丈の高い草叢をガンガンかき分けては進みません。「どうしますか?」なのか「どうにかして!」なのか、私の顔を見るばかりです。


td20-2-1.jpg
草叢を抜けて。(2015/5/13 6:36)
 踏み跡を通って草叢を抜けました。なぜか元気に急ぎ足です。


【2015年5月14日 為朝神社】

td20-3.jpg
近所の道。(2015/5/14 6:11)
 歩き出しはとても元気で、町内を抜けて行きます。花の香りならぬおしっこのニオイを探索中です。


td20-4.jpg
為朝神社横の坂道。(2015/5/14 6:18)
 坂道の途中に小さな為朝神社があります。横の階段を上がります。


td20-5.jpg
階段の上。(2015/5/14 6:19)
 階段を登り切ると、道脇にたくさんの鉢植えが並べられています。車が入れない道なので、ゆっくり花を楽しめます。


td20-6.jpg
帰ります。(2015/5/14 6:25)
 為朝神社から登ったところは広瀬川に架かる仲の瀬橋の西詰めで、橋の途中には、為朝神社に行った道に下る階段があります。階段を下れば、小さなループを回ったことになって、もう家に帰るだけです。


【2015年5月17日 広瀬川堤防】

td20-7.jpg
堤防道路。 (2015/5/17 6:33)
 この坂道を上にわが家があります。まだ100mくらいしか歩いていません。


td20-8.jpg
アカツメクサとイオ。 (2015/5/17 6:35)
 なぜか道路脇のアカツメクサの草叢に入って行って、じっとしています。沈思黙考ではなくて、ただボーッとしているだけです。


td20-9.jpg
花の香りを楽しむ?  (2015/5/17 6:36)
 朝の光を浴びて気持ちの良い時間をのんびり過ごしているようです。


【2015年5月21日 広瀬川畔】

td20-10.jpg
水はイヤ。 (2015/5/21 6:40)
 堤防から降りて、自分で水辺まで行ったのに、水を見たらやや急ぎ目に戻って来ました。


td20-11.jpg

行き止まり。 (2015/5/21 6:42)
 元気にどんどん行ったのはいいのですが、道が無くなりました。このごろは、道を探す気はありません。こんなときは人任せです。


【2015年5月25日 東北大学川内萩ホール】

td20-12.jpg
川内萩ホール前の庭で。 (2015/5/25 6:24)
 場所が変わったら気分も変わりたくさん歩けるのではないかと、車で東北大学の川内キャンパスに出かけました。まず、萩ホール前の庭を少し歩きました。


td20-13.jpg
仙台城大手門跡脇櫓の方へ。 (2015/5/25 6:28)
 川内萩ホールのまえの庭から大手門跡の方へ下って行きました。


td20-14.jpg
支倉常長の象の前で。 (2015/5/25 6:30)
 大手門跡脇櫓の道向かいに支倉常長の立像があります。ここから引き返して今朝の散歩は終わりました。

このごろランチ (2015/5/24)

 あいかわらずランチメニューには苦労しています。妻は、市販のソース付き焼きそばをよく買ってくるのですが、私はそれが嫌いで、私が留守のときに妻が作って食べています。その焼きそばを自前のソースで作ると私も食べられることが分かった、というのが最近の唯一のニュースです。それで、妻は焼きそば作りから解放されることになりました。


lunch2-1.jpg
きのこのクリームスパゲッティ(5月6日) 
 ポルチーニ茸(乾燥)、エリンギ、マッシュルーム、生クリーム、牛乳、パルメザンチーズ。
 あっさり味は牛乳を多め、こってり味にはチーズを多めにします。この日はあっさり味にしました。


lunch2-2.jpg
ソース焼きそば(5月11日) 
 焼きそば麺、豚肉、玉ネギ、キャベツ、モヤシ、卵、海苔、鰹節。
 以前は嫌いだったのですが、添付のソースではなく、自前のソース(醤油、ウスターソース、オイスターソースで作る)を使うようになっておいしく食べられるようになりました。


lunch2-3.jpg
野菜のスパゲッティ(5月12日) 
 春キャベツ、カラーピーマン、エリンギ、シメジ、サヤインゲン、生ハム。
 生ハムをカリッと揚げてから使うと、おいしいアクセントになります。


lunch2-4.jpg
花とじうどん(5月13日) 
 讃岐太うどん(乾麺)、天かす、椎茸、卵。
 何もメニューが思いつかないと、たいてい花とじうどんになります。


lunch2-5.jpg
そうめん(5月14日) 
 そうめん、トマト、キュウリ、ハム、小ネギ、卵黄。
 つゆに卵黄を加えると柔らか味になって、私の好みです。

 
lunch2-6.jpg
あんかけ焼きそば(5月16日) 
 焼きそば麺、豚肉、人参、玉ネギ、椎茸、白菜、もやし。
 あんの味は、濃いめのラーメンスープでつけます。


lunch2-7.jpg
冷やし中華(5月17日) 
 冷やし中華麺、焼き豚、卵、トマト、キュウリ。
 わが家の冷やし中華は、添付の冷やし中華用のつゆにラーメンスープを加えて、酸味と甘みを和らげています。冷やし中華と冷やしラーメンの中間のようなものです。


lunch2-8.jpg
親子丼(5月19日) 
 鶏肉、玉ネギ、椎茸、卵。
 これもアイデアが枯渇したときの一品です。


lunch2-9.jpg
アマトリチャーナ(スパゲッティ)(5月21日) 
 ホールトマト缶、ベーコン、玉ネギ、パルメザンチーズ。
 アマトリチャーナと呼んでいますが、パンチェッタをベーコンに、ペコリーノチーズをパルメザンチーズに置き換えたまがい物ですが、十分においしく仕上がります。


lunch2-10.jpg
ジェノベーゼソースのペンネ(5月21日) 
 ペンネリガーテ、ジャガイモ、ジェノベーゼソース。
 輸入物の瓶入りジェノベーゼソースを初めて使って見ましたが、残念な結果でした。自家栽培のバジルから作ったソースとは大違いで、味も香りもダメでした。写真のような色が付くほど使うと塩辛いだけです。わが家のバジルは、芽が出てやっと3cmほどなので、しばらくは我慢です。

山の花:泉ヶ岳 (2015年5月18日)

 仙台の北の郊外にある泉ヶ岳に登ってきました。1年半ぶりの山歩きです。1昨年の8月、仙台神室岳登山を最後に相棒犬イオは老齢のため登山から引退しましたので、一人だけの山歩きでした。
 早春の花は終わって、夏の花はこれかららしく、期待したほど花は多くありませんでしたが、天気が良くて快適な山中を楽しんできました。
 (登山の記録は、別のブログにまとめました。)


泉ヶ岳1-1
ヤマツツジ (2015/5/18 7:25) 。
 登山道に入ったら、雑木林の樹下にヤマツツジが点々と咲いて、よく目立っていました。生まれ育った田舎にもヤマツツジはたくさんあって、ずっと珍しくも何ともないと思っていたのですが、年がいってからこの花の美しさが分かってきたように思います。


泉ヶ岳1-2
左:ラショウモンカズラ(2015/5/18 7:34)と右:ミツバウツギ(2015/5/18 7:36)。
 小さな沢を渡るとき、沢筋のラショウモンカズラが目につきました。沢に降りて写真を撮り終えて登山道に戻るとそこにミツバウツギの木があることに気付いたのですが、小さな花なので見落としていたようです。


泉ヶ岳1-3
左:コウライテンナンショウ(マムシグサ)(2015/5/18 7:47)と右:チゴユリ(2015/5/18 7:49)。
 カラマツ林の中にコウライテンナンショウが咲いていました。緑色の美しい花ですが、普通はマムシグサと呼ばれて、少し気の毒な気がします。チゴユリも良くある山草で、わが家の庭には30年ほど前近くの雑木林で見つけた斑入りのチゴユリが増えています。


泉ヶ岳1-4
左:タチツボスミレ(2015/5/18 8:00)と右:ミツバツチグリ(2015/5/18 8:22)。
 どこにでも生えているタチツボスミレですが、山頂近くまでたくさん咲いていました。キジムシロだと思って撮した花は、どうもミツバツチグリのようです。


泉ヶ岳1-5
オオカメノキ (2015/5/18 9:33) 。
 大石の急斜面の登山道脇に生えていたオオカメノキで、足場が悪くて写真を撮るのに一苦労しました。もう終わりかけの花で、この木以外はほとんど花が散っていました。


泉ヶ岳1-6
シラネアオイ (2015/5/18 9:33) 。
 標高が1000mくらいのところからシラネアオイが姿を見せてくれました。低いところのものの花は終わってしまったようです。


泉ヶ岳1-7
シロヤシオ (2015/5/18 9:40) 。
 やはり1000mを超えた付近にはシロヤシオが盛りでした。一方、登山口で満開だったヤマツツジはこの辺ではまだ蕾のままです。


泉ヶ岳1-8
サクラスミレ (2015/5/18 9:54) 。
 頂上直下でサクラスミレを見つけました。サクラスミレは、後にも先にもこの草ひとつだけでした。

山犬イオ:2008年5月18日――翁山

 今から7年前、イオが7歳の時の登山の様子です。翁山は、地図では「翁峠」、山形県が立てた山頂標では「翁山」とされている1075mの山です。宮城県側の小野田の奥、商人沼から歩き始め、吹越山近くの尾根(吹越峠)に上がって、そこから翁山までの尾根筋を往復しました。


md9-1.jpg
沢渡り。(2008/5/18 6:31)
 商人沼から登山道へ入る目印は送電鉄塔でした。すぐに沢を渡りますが、水嫌いのイオには最大の難所です。先行していましたが、引き返して来ました。


md9-2.jpg
送電鉄塔。(2008/5/18 6:43)
 かつての送電鉄塔工事用の道が登山道の一部になっています。この先で、沢向こうの斜面を滑空していく大きな鳥を見ましたが、あの大きさはおそらくイヌワシではないかと思います。


md9-3.jpg
尾根伝いの道へ。(2008/5/18 8:42)
 吹越山近くで山形県側からの林道跡に出会います。そこまで頑張れば、後は緩やかなアップダウンの尾根道になります。


md9-4.jpg
灌木の道。(2008/5/18 8:45)
 幾つかの頂上を越えますが、頂上直下はたいていこのような灌木が茂っています。今日も、まったく人の気配がしなくて、イオと私は気兼ねのない山歩きです。


md9-5.jpg
翁山頂上まで続く尾根。(2008/5/18 8:47)
 小さな峰を越えるたびにこのような展望が開けます。翁山の頂上が見えます。アプローチの長い標高の低い山ですが、ここまでくれば本当に快適な山散歩の道です。


md9-6.jpg
山上の草原。(2008/5/18 9:15)
 登山者が少ないせいか、登山道も草に覆われています。標高が低くても、強い季節風が吹き抜ける風衝地らしいおもむきです。頂上直下の風当たりが弱いところだけに灌木の茂みが多い理由です。


md9-7.jpg

md9-8.jpg
休憩。(2008/5/18 9:23)
 体の火照りを冷やします。まわりはアズマイチゲの群生です。


md9-9.jpg
頂上間近の灌木林。(2008/5/18 9:27)
 翁山近くの登りにかかると、そこもやはり灌木林になっています。日射しが翳って快適です。


md9-10.jpg
翁山山頂。(2008/5/18 9:48)
 いつものパターンの記念写真。ザックの上の帽子が私の代りで、一匹と一人の記念写真ということです。


md9-11.jpg
雪遊び。(2008/5/18 10:24)
 帰り足ですが、イオの好きな雪の上でしばらく遊びました。

街犬イオ:このごろ散歩(2015/5/12)

 ずっと好天に恵まれ、快適な朝の散歩が続いています。イオは、もう遠くまでは歩けなくなったので、近所ばかりの散歩です。


【2015年5月12日 広瀬川河川敷】

td19-1.jpg
目の先には仲良しのシバが…… (2015/5/12 7:00)
 散歩から帰ってきて、庭の花に水やりをしているとき、庭先の道(広瀬川の堤防道路)を仲良しの若いシバ君が通って行きました。


td19-2.jpg
広瀬川河川敷広場で。(2015/5/12 6:36)
 「ちびっこ広場」ということになっていますが、草ぼうぼうの広場です。昨年あたりから、ポツポツとフランス菊が咲くようになりました。。


td19-3.jpg
仙台市民会館と西公園の樹々。(2015/5/12 6:34)
 堤防道路の向こうに広瀬川、対岸の崖の上は西公園です。河畔のビルは、下が仙台市民会館で上が公団住宅になっています。市民会館は、かつては「公会堂」と呼ばれていました(私は昔の名前が好きですね)。


【2015年5月10日 澱橋通り・宮城県美術館横】

td19-4.jpg
石垣ツツジの前で。(2015/5/10 6:54)
 左の石垣の上が宮城県美術館で、右が 仙台第二高等学校です(私と息子の母校です)。道の向こう、坂を下ると広瀬川、澱橋に出ます。


td19-5.jpg
ここも美術館横。(2015/5/10 6:56)
 石垣が切れるとツツジが低い場所に満開になっています。ツツジの茂みの中に「野砲兵第二連隊跡」の石碑があります。美術館や東北大学川内キャンパスの敷地は、太平洋戦争前には帝国陸軍第二師団が置かれていました。


【2015年5月7日 桜ヶ丘公園】

td19-6.jpg

td19-7.jpg

td19-8.jpg
朝倉響子作『ふたり』(1983年)のまわりで。 (2015/5/7 6:27)
 「西公園」と呼んでいるこの公園は「桜ヶ丘公園」とも呼ばれています。東の「榴岡公園」に対して、西の「桜ヶ丘公園」ということかもしれませんが、私の知っている仙台人はまず間違いなく「西公園」と呼んでいます。
 この彫刻も公園や定禅寺通りなどに設置されている「杜と彫刻」シリーズの一つで「7」と記されていました。イオがまだ子犬の頃、この彫刻の人物を恐がって近くに寄らなかったことがありました。


【2015年5月6日 澱橋河川敷公園】

td19-9.jpg
川岸のツツジの前で。 (2015/5/6 6:31)
 一本の姿の良い桜の木が川岸にあって、よく家族連れが花見弁当を食べていたりする場所です。その木の下にこのツツジがあって、桜が散った後の葉陰で満開に咲いていました。


td19-10.jpg
上流の澱橋 (2015/5/6 6:39)
 澱橋の下流、右岸にある河川敷公園です。この先には水面まで続く石組み階段があります。


td19-11.jpg

td19-12.jpg
群生するコンロンソウの前で。 (2015/5/6 6:45)
 公園のこの斜面の上は住宅地です。斜面にはコンロンソウが群生していました。草むらにおいしそうなイネ科の草を見つけたのですが、喉に引っかけてしまいました。


【2015年4月30日 西公園】

td19-13.jpg

td19-14.jpg
朝の光を浴びて。 (2015/4/30 6:44)
 逆光で見るとそれなりの犬に見えるのが不思議です。


td19-15.jpg
誰の帽子?  (2015/4/30 6:58)
 杭に帽子が掛かっているのを見つけて、さっそく丁寧に調べました。このそばで、10人あまりのお年寄りのグループが毎朝ラジオ体操をしています。その誰かが置き忘れていったのでしょうか。

庭の花:藤の花も木香薔薇も

                      2015/5/10

 仙台は春がおそいなどと思っていると、あっという間にモッコウバラが満開になりました。薔薇とはいえ、まったく丈夫で、虫も付かず、病気にもならず、毎年もてあますほどの枝にたっぷりと花が付きます。
 気が付けば、わが家の小さな庭にも花が増えてきました。


mg21-1.jpg
2種類の姫フウロソウとアネモネ。(2015/5/4 7:13)。
 もう1種類の姫フウロソウも同じ鉢に植込んでいるのですが、本当に小さくて手前の草の陰になっています。それはまだ花を付けていません。
 アネモネは、一度たくさん咲いたものが水切れで倒れた後に上がってきた花芽です。この二つの鉢は玄関に並べられています。


mg21-2.jpg
タイツリソウ。 (2015/5/4 7:14)
 狭い通路脇の花壇に、大きくもならず毎年この程度に咲いています。


mg21-3.jpg
キエビネとニホンサクラソウ。(2015/5/4 7:14、7:18)
 タイツリソウの近くでキエビネが花を付けていました。まわりの葉は、花の終わった匂いスミレです。
 鉢植えのサクラソウは棚の上で咲いています。


mg21-4.jpg
ボタン。(2015/5/7 6:54)
 玄関前に植えたものです。わが家のボタンはこれ一本だけです。


mg21-5.jpg
アザレア二種。(2015/5/4 7:17、7:22)
 鉢植えのアザレアが棚の上で咲いています。手入れをしないので、盆栽にはならず、いつまでも鉢植えのままです。右の木から挿し木で増えたものが庭に地植えされて、小さいながら花を付けていました。


mg21-6.jpg

mg21-7.jpg
モッコウバラ。(2015/5/7 6:55)
 二階のベランダまで誘引して盛大に咲かせたい誘惑に駆られるのですが、大きく育ったものを世話する体力に自信がないので、花が終わったらばっさりと選定するのが例年の習いです。


mg21-8.jpg
藤。(2015/5/10 12:39)
 35年以上も前に山取りした野藤です。葉の陰にたくさん咲いているのですが、隠れて見えません。今年は大選定が必要になりました。


mg21-9.jpg
ポピーとアイリス。(2015/5/4 7:25、5/7 7:07)
 どちらも咲き始めで、花芽がたくさん準備されていて、これからもっと楽しめそうです。


mg21-10.jpg
ニオイバンマツリ。(2015/5/4 7:34)
 無加温温室で満開に咲いている鉢植えです。一昨年までは玄関先を飾っていたのですが、鉢が重すぎて、昨年からは冬越しの温室に置いたままで楽しんでいます。今の季節は、温室も完全開放状態ですが、いい香りを振りまいています。

このごろランチ(2015/05/06)

 定年退職してから昼食を担当するようになって6年も過ぎるとほとんど新しいメニューは思いつかなくなりました。日々、繰り返しです。
 それで、写真だけでも撮って記録風に並べようと思い立ったのですが、抜けの多い記録になってしまいました。けっして昼食を抜いたわけではありません。半分以上食べてしまってから、写真のことを思い出すなどということが多いのです。


lunch1-1.jpg
カレーうどん(4月19日) 
 讃岐太うどん(乾麺)、豚肉、玉ネギ、人参、椎茸、油揚げ


lunch1-2.jpg
ボンゴレ・ビアンコ(4月21日) 
 アサリ、白ワイン、イタリアンパセリ


lunch1-3.jpg
春キャベツのスパゲッティ(4月22日) 
 春キャベツ、生ハム


lunch1-4.jpg
焼きうどん(4月24日) 
 讃岐太うどん(乾麺)、豚肉、玉ネギ、椎茸、白菜、鰹節


lunch1-5.jpg
牛蒡のペペロンチーノ(5月1日) 
 牛蒡、アンチョビ

 
lunch1-6.jpg
チャーハン(5月2日) 
 焼豚、人参、玉ネギ、椎茸、卵


lunch1-7.jpg
オムライス(5月4日) 
 鶏肉、玉ネギ、椎茸、人参、卵


lunch1-8jpg.jpg
魚介のラグーソース・スパゲッティ(5月5日) 
 冷凍魚介ミックス(エビ、イカ、アサリ)、トマト、イタリアンパセリ

山犬イオ:2008年5月1日――泉ヶ岳

 一昨年でイオの山登りは終わりました。後肢が弱って、無理をさせられなくなったのです。これからは、たくさん登った山の写真を整理しながら、現在の季節に合わせた時期の写真を少しずつアップしていこうと思います。
 泉ヶ岳は、登山回数が一番多い山です。この日のコースは、泉ヶ岳スキー場駐車場から水神コースに入り、水神から北泉ヶ岳コースを廻って、いわば裏からの登頂です。頂上からは滑降コースを下りました。


md8-1.jpg
登山口のコース看板前で。(2008/5/1 6:11)
 コースはいろいろですが、この日は一番左の道を登っていって、北泉ヶ岳の手前から泉ヶ岳に引き返すように登る長いコースを選びました。


md8-2.jpg
水神の水場。(2008/5/1 7:25)
 水神コースはここから右へ折れて泉ヶ岳の急斜面に取り付くコースで、もっともポピュラーなコースです。私たちは沢を渡り、泉ヶ岳から離れるように北泉ヶ岳に向かいます。


md8-3.jpg
ショウジョウバカマ。(2008/5/1 7:29)

md8-4.jpg
イチリンソウ。(2008/5/1 7:37)
 この季節、ショウジョウバカマとイチリンソウは必ず見ることができます。イチリンソウは白色と藤色の2種類を見れます。


md8-5.jpg
泉ヶ岳と北泉ヶ岳分岐。(2008/5/1 7:47)
 この分岐付近は、5月初めまで必ず雪は残っています。イオは、残雪を見て少し興奮しています。この後、しばらくは雪を囓って遊んでいました。


md8-6.jpg
朝食休憩終了。(2008/5/1 8:47)
 泉ヶ岳頂上台地の北端近くは、船形連山の眺望が開けていて、いつもここで朝食休憩として食事と眺めを楽しみます。ここに、一人だけ先客がいて、その人がこの日に出会った唯一の登山客でした。いつもなら、私たちが下る途中で出会うたくさんの登山客がこの日は不思議なくらいに会わずじまいでした。犬連れには助かりますが……


md8-7.jpg
泉ヶ岳頂上。(2008/5/1 9:01)
 頂上にも誰もいません。リードなしで、イオは山を堪能できました。


md8-8.jpg
大壁の迂回路へ。(2008/5/1 9:13)
 滑降コースの大壁を下ってしまえば、見晴らしのよいコースになります。このコースを登りに使うと、少しずつ泉ヶ岳の山容が近づいて大きくなるのが見えて、とても雰囲気のいいコースになります。


md8-9.jpg
お別れ峠。(2008/5/1 9:36)
 ここは5差路になっていて、水神コースやかもしかコース、スキー場上端にも行けます。


md8-10.jpg
登山口の沢と桜花。(2008/5/1 10:03)
 下界の桜はとっくに葉桜ですが、登山口の泉ヶ岳スキー場に植えられているたくさんの桜は、5月初旬に満開になります。
プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR