街犬イオ:北山霊園で

                         2015/2/24

 2月26日は妻の父の命日ですが、その日は義母の介護のために妻は外出できません。今日はヘルパーさんが来る日なので、妻とイオと連れだって、墓のある北山霊園に出かけました。


td14-1.jpg
 墓地内に犬を入れては行けないということなので、残念ながらイオは車で待機です。墓は駐車場のすぐ近くなので、窓からずっと私たちを眺めています。車の中でなら1時間くらいは平気で待っているのですが、今日はどうしたことか、ときどき「ヒー」という細い声で鳴いています。 (2015/2/24 11:37)


td14-2.jpg
 義父が入っているわが家の墓。いずれ私たちも入ります。(2015/2/24 11:43)


td14-3.jpg
 墓参が終って、イオを車から出すと、道の端に急ぎます。これが我慢できなくて、車のなかで私たちを呼んでいたのでした。(2015/2/24 11:49)


td14-4.jpg
 イオを待たせたので、少し一緒に散歩です。
 案内板に阿部次郎の墓が記されていたので訪ねてみました。阿部次郎は、大正12年(1923年)から昭和20年(1945年)まで東北帝国大学法文学部教授を勤めた哲学者で、『三太郎の日記』の著者としても有名です。
 東北大学川内キャンパスには阿部次郎を記念して「三太郎の小径」という散歩路がありますし、青葉区米ヶ袋には「阿部次郎記念館」もあります。
 墓は一般の墓地から離れて、車道のすぐ近くにありました。 (2015/2/24 12:03)


td14-5.jpg
 「阿部次郎之墓」の前で。
 妻が墓の横の墓誌を苦心して読もうとしていたとき、パーッとしぶきを浴びました。頭上の松の木に2羽のカラスがいて、そのどちらかが爆弾を落としたのでした。肩から腰まで広がる汚れをひとしきり拭いて、カラスに「コラーッ」と一声怒鳴って退散です。それでも、めげずに「おみやげ!」とか言って松ぼっくりを拾っています。 (2015/2/24 12:00、03)


td14-6.jpg
 阿部次郎の墓の近くに、「戦災死没精霊供養碑」があります。昭和20年7月10日未明の仙台空襲では12,000戸が被災し、1,300人あまりが亡くなりました。そのときの死者を供養する碑です。
 これでイオが歩ける範囲を歩いたので、散歩はおしまいです。 (2015/2/24 12:07)
スポンサーサイト

庭の花:仙台の春はまだ家の中

 2月の今頃は、仙台では一番寒い時期にあたります。朝と夕方、イオと散歩に出かけても春の気配を感じることはありません。
 それでも、水戸の偕楽園の梅のニュースや、ブログやフェイスブックにどんどんアップされる春の花の写真に気がそぞろになります。それではと、カメラを持って我が家の春を撮してみましたが、まだまだ春の気分にはなれないようです。


mg18-1.jpg
スノードロップ。玄関のステップの下で咲いています。でも、庭で咲いているのはこのスノードロップだけです。(2015/2/21 7:51)


mg18-2.jpg
チューリップと水仙。姫水仙は1cmほど芽を出しただけでした。庭は枯れ草ばかりです。 (2015/2/21 7:53)


mg18-3.jpg
プリムラ・ジュリアン。玄関の軒下ですが、外気にさらされて、花が開くのか開かないのか、こんな状態が続いています。奥に黄色のジュリアンもありますが同じ状態です。家の外の花はこれくらいで、次は家の中に移動します。(2015/2/21 7:54)


mg18-4.jpg

mg18-5.jpg
白花糸蘭。無加温温室から移して玄関の中に飾っています。春蘭系では一番早く咲きます。(2015/2/21 7:56)


mg18-6.jpg
プリムラ・マラコイデス。昨年咲いた花から種を取ってまいた苗が無加温温室の中に100本以上あるのですが、この1本だけがやっと咲きました。これから次々と咲いてくれると思いますが、問題はいつ庭に移してよいものか判断に迷うことです。例年は鉢植えばかりですが、今年の苗数は鉢植えでは対応しきれません。地植えにしようと思っているのですが、凍った土に移すのをためらっている状態です。(2015/2/21 7:58)


mg18-7.jpg
キンギョソウ。もっと早く咲きそろってくれるのを期待したのですが、無加温温室ではまだこの程度です。(2015/2/21 7:59)

鴨なんばん蕎麦

                       (2015/2/9)

 合鴨肉があったので、鴨なんばん蕎麦です。鴨と葱だけでシンプルに鴨の味を楽しもうと思ったのですが、なんとなく寂しい感じがして椎茸を加えました。

sb-6.jpg


【材料(3人分)】
  羽黒蕎麦(乾麺)……300g
  合鴨肉(薄切り)……100g
  椎茸……2個(輪切りまたは半月切り)
  長葱(小さめ)……2本
  柚……少々
 〔蕎麦つゆ〕
  水……900cc
  麺つゆ……大さじ3杯
  昆布だし……大さじ2分の1杯
  白だし……大さじ2杯
  薄口醤油……大さじ3杯
  鳥ガラスープ……小さじ1杯
  塩……ひとつまみ
  日本酒……大さじ3杯

【作り方】
① 水に椎茸を入れ火にかける(椎茸は水から煮た方がダシが出るということなので)。麺つゆなどを入れて味を調える。椎茸に火が通ったら引き上げて、ネギを入れて、これも火が通ったら引き上げておく。最後に合鴨肉も火を通し引き上げ、アクを丁寧に取る。
② 茹で上げた蕎麦を水洗いし、もう一度茹で温め直して丼に移し、蕎麦つゆ、鴨肉、椎茸、長ネギを盛って、柚を散らして完成。

 鴨がおいしいので、問題なく食べられました。ただ、薄切りの合鴨肉なので、なんとなくその面積から十分だろうと思い込んでしまったのですが、少なすぎました。もう少し食べたかったですね。
 鳥ガラスープは、鴨肉から出るダシをサポートする意味で加えましたが、これ以上だと鶏味になってしまいますので、加えるのは善し悪しだろうと思いました(鴨肉をたっぷりと使えれば問題はないのですが)。
 もう一つ、長ネギを焼いたらおいしいだろうと思いましたが、単に面倒だという理由で蕎麦つゆで煮ただけにしました。次回にはなんとか……
プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR