スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街の花:「坂の道菊咲かせたり村に入る」

                       2014/10/26

 標題の句は、山口誓子です [1]。今朝の散歩は、自宅から少し離れた坂の町でした。イオを連れて車で出かけ、コインパーキングに駐めてからの散歩です。よく晴れた朝で、坂上からの眺望を期待していたのですが、濃い霧でした。
 道端に花を探しても、今は菊ばかりでした。「村」ではありませんが、「坂の道菊咲かせたり」、そんな町を歩いてきました。


tf12-a.jpg
地際の蔦紅葉。黄色の葉は、山芋でしょうか。(2014/10/26 6:36) 

tf12-b.jpg
小菊。色違いが並んで咲いていました。白色の小菊は、光琳菊のモデルでしょうか。光琳菊は16枚の花弁を基本としますが、この花の花弁は20枚を越えています。(2014/10/26 6:38)

tf12-c.jpg
切り通しの石垣に生えていた小菊の群れ。10年ほど前、広瀬川の橋の石垣に群れ咲いていた小菊の美しさにうたれて、その翌春、小菊の苗を庭に植えました。今では、その石垣はコンクリート壁に代わり草一つ生えていません。(2014/10/26 6:41)

 住みつきて秋は七たび貧しけど菊花は取り巻くさまに咲きたり 
                     前川佐美雄 [2]

tf12-d.jpg
柘榴の実。柘榴は花も良いのですが、実はひときわ風情がありますね。それなのに、なぜか私の周りには見かけない縁遠い木です。田舎の生家を離れた高校3年の秋、後輩の家で初めて柘榴の実を口にしたことを覚えています。50年近い昔のことですが。(2014/10/26 6:47)

tf12-e.jpg
中輪の菊。風車咲きというのでしょうか。それほど派手ではなく、あるお宅の塀際に美しく咲いていました。(2014/10/26 7:12)

tf12-f.jpg
2mほどの高さのコンクリートの擁壁の上部にしがみつくように咲いていて、よく目立つ色合いに遠くから引き寄せられるようでした。(2014/10/26 7:27)


[1] 『季題別 山口誓子全句集』(本阿弥書店 1998年)p. 357。
[2] 『現代日本文學大系95 現代歌集』(筑摩書房 昭和48年)p. 318。
スポンサーサイト

街犬イオ:宮城県美術館の裏庭へ朝散歩

                            2014/10/15

 一昨日の夜から昨日の朝にかけて台風19号が仙台を通過していきました。昨日の朝は、私は合羽でイオはずぶ濡れのまま、ときどき風も雨も強くなる中の散歩でした。
 イオはけっこう雨の中の散歩が好きで、がんがん歩きます(飼い主はかなりゲンナリしているのですが)。おかげで、強風で振るい落とされたギンナンをたくさん拾ってきました。さすがに荒天の早朝では、いつものギンナン拾いは一人もいませんでした。

 今日は快晴です。宮城県美術館の裏庭に行ってみることにしました。(往復の道で撮った写真を、道順に並べたので撮影時間は前後しています。)


td9-1.jpg
 宮城県美術館は、道から2mほど高くなっていて、駐車場からは建物の上部しか見えません。裏庭は、美術館の建物と広瀬川の間の斜面に位置しています。
 写真の左端、美術館の建物(佐藤忠良記念館)と敷地境界の間の狭い道から裏庭へ入ります。(2014/10/15 6:30)


td9-2.jpg
 美術館脇、煉瓦を敷き詰めた細道を裏庭へ行きます。 (2014/10/15 6:15)


td9-3.jpg
 佐藤忠良記念館の裏にでると、彫刻がいくつか並んでいます。 (2014/10/15 6:30)


td9-4.jpg
 佐藤忠良記念館の裏庭の彫刻。左から佐藤忠良 《あぐら》 1978年、佐藤忠良 《夏》 1977年、佐藤忠良 《少年の像》 1981年、舟越保武 《原の城》 1971年。 (2014/10/15 6:24~6:27)


td9-5.jpg
 彫刻の間にはハナミズキ(ハナミズキ)の実。下の斜面から立ち上がっています。 (2014/10/15 6:25)


td9-6.jpg
 佐藤忠良記念館の裏から細道を下ると本館下の裏庭です。 (2014/10/15 6:23)


td9-7.jpg
 池の中の彫刻、吉野辰海《水犬》1992年。彫刻の犬に比べると、我が家のイオも優しげな可愛い犬に見えてきます。(2014/10/15 6:21)


td9-8.jpg
 芝生の彫刻は、フェルナンド・ボテロ《馬に乗る男》1985年。 (2014/10/15 6:20)


td9-9.jpg
 苔むす坂道を帰ります。この道は佐藤忠良記念館の裏に登る道です。 (2014/10/15 6:23)


td9-10.jpg
 宮城県美術館は、佐藤忠良記念館にたくさんの忠良作品を展示しています。忠良彫刻には少女像が多いのですが、そのモデルはお嬢さんの佐藤オリエさんだったと聞いたことがあります。
 佐藤オリエさんは「若者たち」の映画やテレビドラマ、「男はつらいよ」の何作目かなどたくさんの映画、ドラマに出演した女優さんで、今は舞台を中心に活動されているということです。
 少女像と言えば、我が家にもそのような絵が1点だけあります。帰宅してすぐ撮してみました。千葉衛さんという仙台在住の画家が描かれた油絵です。モデルは少女時代の妻です。千葉さんが亡くなられたときに遺品としていただきました。 (2014/10/15 6:52)

芋焼酎を飲む、久しぶりに

                          (2014/10/11)

 とっくに届くはずのワインが運送事故でいつ届くのか分からないという事態になって、昨日から3年ぶりほどの芋焼酎です。妻が出してくれた器で飲んでいるのですが、ばらばらの組み合わせの器で飲んでいることを少し面白いと思って、写真を撮ってみました。

焼酎の器


 焼酎は、薩摩の「赤芋黒麹」という芋焼酎の残り物です。

 まず「唐津焼」の湯飲み1杯のお湯を「壷屋焼」のカラカラに入れ、ついで同じ湯飲み1杯の芋焼酎を足します。こうして、お湯割りの芋焼酎を、今日は「備前焼」のぐい飲みで飲んでいます。

 昨日は、加藤晋さんという仙台在住の陶芸家の結晶秞のぐい飲み(写真右端)で飲みました。結晶秞というのは、秞の中に結晶が析出して美しい紋様を見せているもので、私のお気に入りです。けっこうな数のぐい飲みを持っていますが、30年ほど前から日本酒が不得手になって、自宅で飲むことがなくなりました。ぐい飲みは戸棚の場所ふたぎでしかないのですが、使う当てがないのに二年前に手に入れたお気に入りです。やっと使うことができました。

 酒の肴は漬け物だけです。漬け物だけで食事をして、妻に叱られているほどの漬け物好きなので、これで本人は大満足なのです。
 仙台長茄子(の小ナス)の漬け物は辛子醤油で食べます。茄子漬は妻の手製で、粉辛子を練ることも妻がやってくれます。「しなべ胡瓜」の漬け物は市販品です。胡瓜の漬け物の市販品としては、私が食べておいしいと思うたった一つの製品で、今のところ仙台市内で売っている店は少なくて、妻が苦労しながら探して買ってきてくれます。

 ワインが届くまでは、芋焼酎が続きます。

山犬イオ:後白髪山、三峰山(2008年10月13日)

 後白髪山(1422.5m)も三峰山(1418m)も宮城県中部、山形県境にある船形連峰の山です。
 今日は、仙台市の定義地区から林道を深く入った横川コース登山口から後白髪山経由で三峰山まで登ります。

md6-1.jpg
 広瀬川の支流、大倉川の大倉ダム越しに見る後白髪山(中央)と三峰山(右奥)。白髪はなぜか「しらひげ」と呼びます。
 大倉ダムの上流の定義地区には定義如来と呼ばれている西方寺があり、参詣客が絶えない観光地です。バスツアーの定番は、定義如来に参ってから秋保温泉で一泊するのだときいたことがあります。

md6-2.jpg
 横川登山口から急坂を一気に登り切ると後白髪山のサブピークのような見晴らしのよい場所に出ます。大休憩です。

md6-3.jpg
 定義コースとの分岐点で。私がまだ十分に若かった頃、泉ヶ岳、北泉ヶ岳、三峰山、蛇ヶ岳、船形山、後白髪山と小屋泊まりで歩いたことがあって、そのときここから定義コースを降りていきました。小雨が降り続くブナ原生林の道は、どこまでも続くとても長い道でした。
 今日は快晴です。

md6-4.jpg
 頂上近くの尾根は快適です。見通しがよく、人の気配がまったくないので、イオもリードなしで気分は上々のようです。
 後白神山の山頂で朝食です。

md6-5.jpg
 右がこれから行く三峰山です。左端に船形本峰も見えます。その間は蛇ヶ岳で、三峰山との鞍部で登山道は分岐します。

md6-6.jpg
 秋とはいえ日射しはけっこうきつくて、イオはこういう場所を探して休憩します。私と離れた場所に陣取るので、給水する以外に私がおやつを食べはしないか、気になって私から目が離せません。

md6-7.jpg
 三峰山山頂で記念写真。この時は、蛇ヶ岳分岐から一緒になった若いご婦人と一緒でした。リードに繋がれたイオに「放されても大丈夫ですよ」と言ってもらえたので、健脚のご婦人と私の間をイオは行ったり来たりしながら楽しそうに登ってきたのでした。
 じっと座って記念写真を撮らせているイオを見て、「ウチのは無理だわ」ととても感心していましたが、ただ、場所を指示して「お座り」と言うだけのことなので恐縮しました。小型犬を飼っているとのことでした。

md6-8.jpg
 三峰山頂から見る船形連山の紅葉。

md6-9.jpg
 イオも紅葉を鑑賞中(のように見えます)。
 蛇ヶ岳に登る登山道が見えますが、手前の鞍部まで下って、後白髪山を越えるコースを返ります。
プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。