山の花:寒風山(2007年10月13日)とキノコの放射能汚染

 1117.3mの寒風山は、仙台から山形県天童市へ向かう国道48号の関山峠から登る山です。登山口は、関山トンネルの宮城県側入口の脇にあります。
 寒風山から奥寒風山、戸立山、前白髭山、白髭山とほぼ同じような高さの峰が連なっていて、さらに仙台カゴ、楠峰と宮城-山形県境を辿って船形山まで登山道は続いています。
 いつもは戸立山くらいまで歩くのですが、この日は関山峠から寒風山往復と軽い山歩きでした。花を撮るつもりが、季節柄キノコの写真が多くなりました。
 2011年3月11日の東日本大震災に続いて東京電力福島第1原子力発電所で起きた原発事故で大量に撒き散らされた放射能による汚染のため、いまではここ宮城県のキノコは食べられなくなりました。この頃の山歩きは、キノコ狩りも兼ねてとても楽しいものでしたが、いまはとても寂しくなりました。

寒風山1-1
ノコンギク。どちらも紺色の気配はなく白花でした。

寒風山1-2
ナンブアザミ。花数が少ないので別種かもしれませんが、葉裂が小さく鋸歯状になっていることだけが根拠です。ナンブアザミにはこのような葉のものまで変異が多いということです。

寒風山1-3
同定の難しい茸ですが、若いアシグロタケではないかと思います。

寒風山1-4
ナラタケ。茸狩りではおなじみの種類です。放射能汚染でこの3年は食べていませんが……。

寒風山1-5
ヌメリツバタケモドキ。木の幹に生える茸で食べられます。味は淡泊で、よく吸い物などにして食べていました。欠点は、肉が薄いため持ち帰る際に潰れて姿が悪くなることです。

寒風山1-6
ヒトヨタケ。食べられる茸ですが、大きくなったときに黒く変色して、じめっと溶けるように崩れるという印象が悪くて、私は食べたことがありません。写真のような若いときに食べるのだそうです。

寒風山1-7
フジバカマ。寒風山の尾根筋にやたらに生えていました。

寒風山1-8
これは花でも茸でなく、花や茸の撮影しようとすると「なに? なに?」とばかりに寄ってきて、撮影を邪魔するイオです。

寒風山1-9
モエギタケの仲間。モエギタケとは微妙に色は違いますが、姿形はモエギタケそのものです。

寒風山1-10
サワフタギ。とても魅力的なブルーの実がなっています。

寒風山1-12
ユキザサ。花は小さな白い花であまり目立つわけではありませんが、実は真っ赤で山道ではよく目立ちます。

  キノコも含め、食べ物の放射能汚染に関しては、国の規制値100Bq/kgを越えたものは出荷販売してはならないことになっています。しかし、市場に出回っている食品すべての放射能量が量られているわけではありません。
 仙台市に「小さな花 市民の放射能測定室」という個人ボランティアでいろんなものの放射能汚染を測定している施設があります。そこの2014年3月23日付けの報告にサクラシメジの実測がありました。

  サクラシメジ 仙台市太白区 
    生 セシウム合算 641.31ベクレル
    乾燥 5361.85ベクレル
    いずれも6倍、53倍基準越え


 恐るべき汚染量です。ところが、仙台三越で地元産のサクラシメジが売られていたのです。当然ながら国の規制値を越えていました。以下はNHKの報道内容です。

「仙台市の仙台三越で、14日から販売された野生のきのこ“さくらしめじ”から、基準を超える放射性セシウムが検出されたとして、仙台三越は、この きのこの自主回収を始めました。
仙台市で採れた別の野生のきのこでも基準を超えていたとして、宮城県は仙台市産の野生のきのこの出荷を自粛するよう要請しました。
自主回収されているのは仙台三越の食品売り場“いたおろし”で、14日から16日まで販売された野生のきのこ“さくらしめじ”です。
17日に、厚生労働省が販売されている商品を抜き打ちで検査したところ、基準を超える放射性セシウムが検出されたということです。
宮城県の林業振興課によりますと、県は、基準を超える食品が市場に出ないように流通前の農林水産物をサンプル検査しているということですが、野生のきのこは種類が多いことなどから「基準を超える商品が流通する可能性を把握しきれなかった」としています。
これを受けて、宮城県は、仙台市で採れた別の野生のきのこを検査し、2種類のきのこから基準を超える放射性セシウムが検出されたということで、県は、22日付けで、仙台市産のすべての野生のきのこの出荷を自粛するよう生産者などに要請しました。」


 こんなふうに規制値を超える放射能汚染食品が世間に出回っているのは間違いありません。最低でも南東北、関東、中部の一部の天然キノコは避けたほうがいいようです(きちんと放射能を測定して安全が確認されたものは別ですが)。
 それと、このニュースで注意すべきことは、どれぐらいの放射能だったのか数値が伏せられていることです。放射能に関しては、いつもこのようにできるだけ隠蔽しようとする力が作用しているようです。そのため、消費者が情報を入手することが難しくて、自己防衛がままならないということになっています。
 また、三越が発表した「お詫びとお知らせ」の中に「なお、喫食された場合も直接健康被害に結びつくことはございません」という一文がありました。確かに他の毒物と違って、この程度の量ですぐ身体に異変が出ることはないでしょう。ただし、他の毒物と違う最大の特徴は、放射線による体内被曝によって細胞内の遺伝子が傷つけられ、遠い将来、白血病などの癌(悪性新生物)が発生する可能性は残るのです。
 原発事故以来、「直ちに健康被害はない」という言葉をよく聞きますが、これは「直ちに健康被害はないが、将来のことは知らない」という意味に解釈しなければなりません。
 私は、東北大学工学部原子核工学科で大学院修士課程まで原子力工学を学び、「第一種放射線取扱主任者」の資格も持ち、一時期は職場で放射線作業の安全管理業務を担当したことのある人間として、現状の放射線に関するいい加減な扱いに本当に心を痛めています。
スポンサーサイト

山犬イオ:2007年10月6日 禿岳

 禿岳は、宮城県北部の山形県境にある山で小鏑山とも呼ばれる1261.7mの山です。仙台から車で、東北道、古川IC、国道47号、鳴子大橋へ右折、国道108号、鬼首から左折、県道最上鬼首線で登山口の花立峠まで行きます。
 
md5-1.jpg
鬼首から見る禿岳。右奥は1259.5m峰。(2007/10/6 6:00)

md5-2.jpg
花立峠は、風の通り道、いわゆる風衝地(ふうしょうち)なので、大きな木はは少なく、登り初めはとても快適です。しかも、駐車場は私たちの車だけだったので、当分イオはリードなしで歩けます。(2007/10/6 6:21)

md5-3.jpg
4合目です。風衝地の草道は1合目手前までで、その後は林道になりますが、ときどき右手に鬼首の展望が開けます。(2007/10/6 7:03)

md5-4.jpg
6合目。このあたりから眺望への期待が高まります。(2007/10/6 7:22)

md5-5.jpg
頂上への道筋が見えるようになりました。草地か背の低い灌木の道が続きます。(2007/10/6 7:31)

md5-6.jpg
ナナカマドの実が色づいていますが、葉にはまだ緑が濃く残っています。(2007/10/6 7:54)

md5-7.jpg
9合目にある石仏と石の祠。このあたりから見渡しても人の姿はまったく見えません。今日は、イオと私で独り占め(一匹と一人占め?)の禿岳です。(2007/10/6 8:00)

md5-8jpg.jpg
禿岳山頂到着。快適な尾根道なので9合目から5分で到着です。(2007/10/6 8:05)

 頂上で朝食をとってからの下山では、灌木で見通しがきかなくなる8合目手前までイオはノーリードで歩きました。結局、この日は7合目付近で二人ずれの登山者と出会っただけで、犬が相棒の登山としては理想的でした。

110歳の敬老の日:おばあちゃん、お疲れさま 

 今日は敬老の日、110歳の義母、松下しんはほんとうにお疲れでした。
仙台市の最高齢ということで、奥山仙台市長がお祝いに我が家にやってきました。

hd10-1.jpg
朝食後、孫から届いた花籠を横に記念写真、14歳のイオも一緒にお祝いです。

イオは、この後、二階の和室におやつ付きで閉じ込められました。
洋室のドアは開けてしまうのですが、和室の引き戸を開けられないのです。

hd10-2.jpg
大勢の人に驚いてしまいました。
テレビクルーが5社、新聞社が1社の取材陣に大緊張です。

hd10-3.jpg
取材陣が気になって、市長さんが話しかけても耳に入りません。
だいぶ耳が遠くなって、3年前にお出でいただいたときのようには会話は進みません。

hd10-4.jpg
取材陣の中に私が混じって呼びかけたら、少し緊張がほぐれて笑顔になりました。

hd10-6.jpg
市長さんのお帰りです。
少し疲れが出てきたようです。

hd10-5.jpg
市長さんがお帰りになっても取材は続きます。
緊張のせいか、娘の言うこともよく聞き取れないようです。

hd10-7.jpg
個別の取材も続きます。
もうおしまいにしたい義母は大きな声で、「ありがとうございました。」

二階の和室で1時間ほどおとなしく待っていたイオは、取材陣が帰ってようやく開放です。

そのあとに、町内会の会長さんと副会長さんもお祝いに。

hd10-8.jpg
きれいな花束を頂きました。
義母がクリスチャンだと聞いたという副会長さんお手製の刺繍の十字架もいただきました。

hd10-9.jpg
みんながおばあちゃんのまわりで話しているので、イオも仲間入りです。

hd10-10.jpg
さっそく、NHKが昼の全国ニュースで義母のことを放送してくれました。
テレビに映る自分を見て、大照れのおばあちゃんでした。

焼きトマトソースのアマトリチャーナ

                        (2014/9/9)

 アマトリチャーナといっても、我が家では「グアンチャーレ」(豚のほお肉を塩漬けにして乾燥熟成させたもの)なんて見たことも使ったこともありませんし、代用の「パンチェッタ」は国産の生ハムだし、それもベーコンに変わることがほとんどです。ペコリーノチーズはたまには使いますが、ほとんどはパルメザンチーズですませています。
 ただ一つ、トマトソースだけはけっこう気合いを入れて作り置いたものを使います。今日の昼は、トマトソース、玉ネギ、ベーコンのアマトリチャーナに決めて、冷凍庫を開けたらトマトソースを使い切っていて影も形もありません。
 それで、トマトソースの代わりに最近のちょっとしたマイブームの「焼きトマト」のソースにすることにしました。けっきょく、トマトソースまで代用品になってしまって、これを「アマトリチャーナ」と呼んでいいのか悩みますが、かといって他の呼び名も思いつかないので、「焼きトマトソースのアマトリチャーナ」と言うことにします。


pst36-1.jpg


【材料(3.5人分)】
  スパゲッティ(1.4mm)……310g
  トマト……3個
  玉ネギ……1個
  ベーコン(吊るし)……80g
  白ワイン……100cc
  EXVオリーブオイル……適量
  パルメザンチーズ……適量
  ニンニク……1片
  唐辛子……2分の1本
  塩……適量
  胡椒……適量

【パスタを作る】
① 玉ネギは16等分の櫛形、ベーコンは3~4cm長のに短冊に切っておく。
② トマトは1cm厚の輪切りにして、オリーブオイルを塗ってグリルで8~10分ほど、皮に多少焦げ目がつく程度に網焼きにする。焼き上げたら汁がこぼれないように丁寧にボールに移し、箸でかき混ぜながら、皮を取り除く。必要なら鋏で一口サイズに切り分けておく。
③ フライパンにEXVオリーブオイル、潰したニンニク、半割唐辛子(種なし)を入れ、香りを出す。ニンニクに薄く色が付いたら玉ネギ、ベーコンを入れ、塩、胡椒も加えて炒める。
④ 玉ネギがやや色づいてきたら、唐辛子を取り出し、白ワインを入れてアルコール分を飛ばしてから、焼きトマトソースを入れて軽く煮込むようにする。ワインと焼きトマトからたっぷり出る汁で十分だが、不足であればパスタのゆで汁でソースの調整をする。
⑤ 茹で上がったスパゲッティを③に入れてよく絡め、塩、胡椒で味を調整したら火を止め、パルメザンチーズを加えて絡め、仕上げにEXVオリーブオイルを振りかける。


 まあ、普通においしい、そんな感じです。つまり、少しばかり不満が残りました。焼きトマトだけで作った「焼きトマトのペペロンチーノ」は十分においしいので、玉ネギとベーコンが加わった分、もっとおいしくなって当然だと期待していました。
 確かに、玉ネギとベーコンの分だけ味はふくらみかけますが、ふくらみかけたまんまで止まってしまったような味なのです。なにかが足りないのです。イタリアンパセリを散らせばよかったかもしれません。あるいはトマトベースなのでバジルの方が合ったかもしれません。
 代用品ばかりで作って欲張りすぎるのはなんですが、別に「アマトリチャーナ」としておいしくなくても「ワケワカランモノ」としておいしければ問題ないのです。代用品づくしでもう少し粘って見たいと思っています。

夏の名残の冷製パスタ

                        (2014/9/6)

 仙台はすっかり秋めいてきたなどと思っていたら、暑熱がぶり返してきました。袋を開けた使いかけのカッペリーニが気になっていたので、あわてて冷製パスタのランチを作ることにしました。
 最近、定番になりつつある冷製パスタは、焼きトマトのソースを使ったものです。トマトを焼くので、それを冷やす時間がかかるのが欠点ですが、多少手間でもこちらの方がいいなといつも思います。

pst35-1.jpg


【材料(3.5人分)】
  カッペリーニ……250g
  トマト……3個
  カラーピーマン……赤、黄各1個
  茄子……4本
  オリーブの実(缶詰、種抜き)……12個
  ケッパー……小さじ2杯
  バジルの葉……8枚
  ニンニク……1片
  EXVオリーブオイル……大さじ3杯
  レモン果汁……1個分
  黒コショウ……適量
  塩……適量

【パスタを作る】
① トマトは縦に1cm厚の輪切りにして、オリーブオイルを塗ってグリルで8~10分ほど、皮に多少焦げ目がつく程度に網焼きにする。焼き上げたら汁がこぼれないように丁寧にボールに移し、箸でかき混ぜながら、皮を取り除く。必要なら鋏で一口サイズに切り分けておく。
② オリーブオイルを塗った茄子はグリルで皮に焼き目がつくくらい(7~10分)焼き、冷水にとってから皮をむき、5cm長に裂く。
③ 我が家のグリルには丸ごとのピーマンは入らないので、オリーブオイルを塗ってからコンロの直火で網焼きにする。皮全体をまんべんなく黒焼きにしてから、冷水中で皮をむいて、太めの千切りにする。
④ オリーブオイル大さじ1杯分に潰したニンニクを入れ、軽く火に通しておく。バジルの葉は千切り、オリーブの実は半割にしておく。
⑤ ①~④にケッパーを加え、オーブオイル大さじ2杯、レモン果汁、塩、コショウで味を調え、粗熱が取れたら冷蔵庫で寝かしておく。
⑥ 茹で時間2分指定のカッペリーニは2分30秒ほど茹でてから、冷水で冷やす。
⑦ 大きなボールで⑥と冷えたカッペリーニをよく混ぜ合わして味を馴染ませて盛り合わせる。


 具材を冷やしておく時間のために、いつもより1時間半ほど遅いランチになってしまいました。

 妻が、「強いて言えば、焼き茄子に塩味があればもっとおいしく感じるね」と言うので、頭を抱えてしまいました。全体を混ぜて寝かせておくので、茄子だけに塩味を効かせるというのはどう考えても難しいのです。あえてやるとすれば、皮をむいて一口大に分けた焼き茄子に必要量だけ塩を振って、30分から1時間ほどおいてから、他の具材と混ぜるということでしょうが、それではさらに料理時間が長くなります。
 「強いて言えば……」などと妻が言い出したら、すかさず「却下!」と言えればいいのですが、それができないのが悩みです。

 バルサミコ酢を使うことが多いのですが、今回はレモン果汁だけにしました。少しだけ味がシンプルになって、悪くはないようです。一番心配したのは、110歳になる義母が酸っぱいのが嫌いなことでしたが、何も言わずにせっせと食べてくれました。
 酸味では苦労します。なにしろ、義母は冷やし中華の酸味を拒否するので、この夏の我が家の冷やし中華の昼食では、酸味のない義母用、店の味に近い強い酸味と甘さの息子用、ほどほどの酸味、甘さの私たち夫婦用の3通りのスープを必ず作らなくてはいけなかったのでした。秋風が吹き始めて、もう冷やし中華の予定はありませんが。
プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR