スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅おろしそうめん

                       (2014/7/28)

 仙台も梅雨が明けて、厳しい暑さがやって来ました。ランチはさっぱりと梅おろしそうめんということにしましたが、どれくらいが適量かよく分らないので、梅、大根おろし、刻みネギは添えるだけで、それぞれの好みで食べるようにしました。


sm-7.jpg


【材料(3.5人分)】
そうめん……450g(9束)
梅干し……4個
大根……2分の1本
万能ネギ……4本
つけ汁
 麺つゆ……大さじ3杯
 昆布だし……大さじ2杯
 白だし……大さじ2杯
 醤油……大さじ3杯
 日本酒……大さじ3杯
 おろし生姜……中さじ1杯
水……400cc

【作り方】
① 麺つゆ、昆布だし、白だし、醤油(これで約120cc)に、日本酒とおろし生姜を加えていったん煮立ててから冷やす。冷えたら冷水400ccを加える。
② 梅干しは種を取り、裏ごしにする。裏ごしできない皮の部分はみじん切りとする。梅干しと同量程度の大根おろしで増量しておく。
③ 茹で上げたそうめんを冷やして器に盛りつけ、梅おろし、大根おろし、刻みネギを添える。

 梅干しの塩分を考慮しなかったせいかいくぶん塩気がきつくなりました。私は大根おろしたっぷり、妻は大根おろし少々でいただきました。暑いときには、とてもいい昼食です。

 何よりも私は梅干し好きで、風邪などで食欲がないときの最後の一品が梅干しです。もうひとつ、大きな声では言えないのですが、酸味の強い赤ワインに当たったら梅干しを囓りながら飲むというのが私のお勧めです。ワインが芳醇な感じに変わります。
スポンサーサイト

肉そば

                        (2014/07/23)

 鶏肉を使った冷たい汁そばが山形にあって、「肉そば」と呼ばれています。2,3度しか食べた経験がないのですが、とにかくおいしいのは間違いありません。ネットで調べると、親鳥の比較的噛みごたえのある鶏肉を使うということと、他にはネギだけというシンプルさです。
 鶏ガラでスープをとればいいとは思うのですが、簡便ランチとしては少し面倒になるので、顆粒の鶏ガラスープを使いました。


sb-4.jpg

【材料(3.5人分)】
  十割蕎麦(乾麺)……400g
  鶏(モモ)肉……300g
  葱……1本
  鶏ガラスープ(顆粒)……小さじ2杯
  そばつゆ……1200cc
  おろし生姜……小さじ2杯

【作り方】
① 500ccの水に「めんつゆ」大さじ3杯、「昆布だし」大さじ2杯、「白だし」大さじ2杯、料理酒大さじ3杯、鶏ガラスープ、おろし生姜を加えて煮立てる。
② ①のつゆで、一口大に切った鶏肉(このときアクは丁寧に取る)、葱を順番に煮て、冷やしおく。
③ 具を煮終えたつゆにお湯を加え1200ccくらいにして、さらに薄口醤油大さじ3杯を加えて「そばつゆ」を作る。冷やすので味はやや濃いめにする。
④ 茹であげたそばをよく冷やして器に盛り、冷やしたつゆをかけ、具を盛りつけて完成。七味唐辛子を添える。


 私たちにしては十分においしいのですが、鶏ガラでスープをつくったり、地鶏を使ってみたくなる一品です。いつか実現できるでしょうか。

 おいしいのですが、そばつゆを冷やす分だけ長い時間を必要とするのが、ランチとしては問題です。③ で足すお湯を冷たい水にしてしまえばもう少し時間が節約できることに、今、気付きました。


 

街の花:樹を見上げると(続き)

 樹を見上げると、「樹はこんなに大きいのに……」とよく思います。なにかと比べるというわけでもなく、ただそう思うのです。

 樹はいかに樹であることを保ちきてわが語彙を奪ふがに立ち居るか
                     大口玲子 [1]


にせあかしあ-1
ニセアカシア(仙台・西公園)。 (2014/5/16 6:48)


ぷらたなす-1
プラタナス(仙台・宮城県美術館前の並木)。 (2014/5/18 6:16) 

  そのとき
  一本の樹が、
  さらに大きい自分のなかに沈みこみ、
  そのたっぷりした容量だけで
  やさしく自負している。

             菅原克己 「野」から [2]
    

めたせこいあ-1
メタセコイア(仙台・東北大学川内キャンパス)。 (2014/5/18 6:26)



もみじばすずかけのき
モミジバスズカケノキ(東京・新宿御苑)。 (2014/6/27 12:40)

  風 吹いてゐる
  木 立ってゐる
  ああ こんなよる 立ってゐるのね 木

          吉原幸子「無題(ナンセンス)」から [3]


[1] 『海量(ハイリャン)/東北(とうほく) 大口玲子歌集』(雁書館 2003年)p. 115。
[2] 『菅原克己全詩集』(西田書店 2003年)p.64。
[3] 『吉原幸子全詩 I』(思潮社、1981年)p. 22。

街の花:樹を見上げると

 街で見かけた花というわけではありません。

 最近、大きな樹の下に立って梢を見上げる、そんなちょっとしたマイブームにはまっています。理由はじつに単純で、スマホを新機種に替えたら、その中のサンプルピクチャーにそんな写真が1枚あって、とても気に入ったのです。
 朝の散歩のとき、そんな写真を撮ってみました。


いちょう-1
イチョウ(仙台・西公園)。 (2014/5/16 6:35)


かつら-1
カツラ(仙台・西公園)。 (2014/5/16 6:24)


くるみ-1
クルミ(仙台・仙台城二の丸跡)。 (2014/5/18 6:38)


けやき-1
ケヤキ(仙台・西公園)。 (2014/5/16 6:29)


どいつとうひ-1
ヒマラヤシーダー(仙台・西公園)。 (2014/5/16 6:33)

初摘みバジルのトマトソーススパゲッティ

                          (2014/7/10)

 種蒔きが遅れたバジルもやっと穂摘みができるほど育ってきたので、バジル入のトマトソースを作りました。ホールトマト4缶を使った作り置き用で、冷凍保存しておきます。
 午前中、2時間半かけて作ったソースを使ってランチにしました。単純にトマトソースだけのスパゲッティで、やや多めにバジルの葉を散らしただけです。

pst31-1.jpg


【材料(3.5人分)】
  スパゲッティ(1.4mm)……310g
  バジルの葉……10枚くらい
  トマトソース……600g
  EXVオリーブオイル……適量
  パルメザンチーズ……適量
  黒胡椒……適量
  塩……適量

【パスタを作る】
① フライパンにオリーブオイルとちぎったバジル(3枚分)を入れ、香りを立たせる。
② トマトソースを入れて火を通す。茹で上がったパスタを加え、よく和える。塩、胡椒で味を調えてから、火を止め、パルメザン・チーズを加えてよく絡める。最後に手持ちの中で一番上等なEXVオリーブオイルをかけ回す。
③ パスタを盛りつけ、残りのトマトソース、バジルの葉をのせて完成。


 「バジルが多すぎるわよ」と妻に文句を言われましたが、我が家としては「初物」なのでたっぷりとかけました。

 トマトソースは、息子が「パスタの定番はこれだね」というほど、我が家ではよく食べます。冷蔵庫にある具を適当に使いますが、ベーコンや茄子を多く使います。生クリームや牛乳を加えて変化を出すこともあります。
 何もなければ、トマトソースだけで食べられるという安心感があって、とっても役に立つソースです。欠点は、作るのに時間がかかるということですが、私は適当にさぼって時間短縮をはかっています。それでも十分においしく食べることができて重宝しています。

フジッリとポテトのジェノベーゼソース

                          (2014/7/5)
 
 今日は、110歳の義母の起床が遅くなって、11時過ぎまで朝食に時間をとったので、昼食は義母が苦手なショートパスタのフジッリを使うことにしました。義母の昼食は時間をずらして別献立です。
 ソースは、これもやや義母が苦手なジェノベーゼソースにしました。とはいうものの、じつのところ、作り置きのジェノベーゼソースなので、手軽で手っ取り早いというのが理由ですが……。


pst30-1.jpg


【材料(3人分?)】
  フジッリ……310g
  ジャガイモ……2個
  ジェノベーゼソース……200g
  パルメザンチーズ……適量
  塩……適量
  黒胡椒……適量
  EXVオリーブオイル……適量

【パスタを作る】
① ジャガイモはフジッリのサイズと同じくらいの棒状に切って、パスタと同様の1%塩のお湯で5分ほど茹でる。
② フジッリは指定茹で時間より2分ほど長く茹でる。
③ 作り置きのジェノベーゼソース(冷凍保存)はあらかじめ(熱をかけないで)室温に戻しておく。フライパンに①と②を入れ、ジェノベーゼソースをかけてよく和える。このとき、必要なら、フジッリを茹でたお湯でソースをのばす。
④ 塩、胡椒で味を調え、パルメザンチーズを絡め、エクストラバージンオリーブオイルを振りかけて完成。

 写真は一人分ですが、出来上がりはこの5倍です。私と息子がおかわりをして、3人で完食しました。レシピには4人分と書くべきかもしれません。

 ジェノベーゼソースが薄いように見えますが、フジッリの隙間に十分入り込んでいるのです。フジッリにソースを絡めてから、別茹でのジャガイモを後で加えたために、フジッリの襞の間にソースがすっかり入ってしまいました。
プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。