スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーフードのリゾット(古代米入り鹿児島産米)

                          (2014/6/21)

 鹿児島から野菜の詰まった荷物が届いたとき、一緒に鹿児島産米と古代米(赤米)もいただきました。さっそく「白米3合に大さじ1杯の古代米」という添え書き通りに炊いていただきました。きれいに赤く染まったご飯に炊きあがって、赤飯好きの110歳の義母が興味津々で食べていました。

 ランチ担当の私としても、古代米を使ってみたくて、魚介のリゾットを作ってみることにしました。赤いリゾットができれば最高です。サフランで黄色に仕上がったパエリアに匹敵するでしょう。
 魚介のソースを急には作れないので、チキンスープで代用しました。魚介は、パスタ用ラグーソースを作るために買い置きしていた冷凍シーフードミックスです。


rice5-1.jpg

【材料】
  鹿児島産米……230g
  古代米……大さじ3分の2杯
  冷凍シーフードミックス(ホタテ、イカ、エビ)……200g
  玉ネギ……1個
  人参……1本
  チキンスープ……1000cc
  ニンニク……2片
  唐辛子……小1本
  白ワイン……100cc
  黒胡椒……適量
  塩……適量
  バター……大さじ2杯
  パルメザンチーズ……適量
  イタリアンパセリ……適量

【作り方】
① チキンスープは、チキンコンソメキューブ1個と鶏ガラスープ小さじ3杯で作って、沸かしておく。
② 人参の3分の1は細い千切り、残りは3cm長の短冊切り、玉ネギは粗みじん切りにしておく。
③ フライパンにみじん切りの唐辛子、クラッシャーで潰した1片分のニンニク、人参の千切り、玉ネギみじん切りの3分の1、オリーブオイルを入れ火にかける。弱火で玉ネギが色づくまで炒めてから、シーフードとみじん切りのイタリアンパセリを入れて炒める。塩、コショウ、バターで味を調え、ワインを加えて少し火を通したら、具材は汁ごといったん引き上げておく。
④ フライパンに残りの人参、玉ネギ、ニンニク、オリーブオイルを入れて炒める。わずかな塩、コショウを加えてから、2種類の米を入れてよく炒める。
⑤ 米が透き通ってきた感じになったら白ワインを入れアルコール分を飛ばす。さらに引き上げておいた具材を汁ごと入れ、熱いスープをひたひたになるまで加えて煮る。米の煮あがり具合を見ながら、スープを足していく。
⑥ 塩、コショウで最後の味調整をしてから、火を止めてパルメザンチーズを混ぜ合せる。盛りつけたらイタリアンパセリを振りかけて完成。

 
 残念ながら赤いリゾットにはなりませんでした、油で炒めたせいか、古代米がなかなかスープを吸って柔らかくならないし、赤い色も溶け出してこないのです。古代米が食べられるくらいまで火を通すと、白米は柔らかくなりすぎます。

 見た目はともかく、味はまったく問題ありません。赤いリゾットにこだわるのであれば、お得意の「オジャット」(冷やご飯から作るおじや風リゾット)にすればいいことに気付きました。先に古代米入のご飯を炊いて赤い色を全体に拡げて置けばいいのです。
 最近は手抜きオジャットばっかりだったので、生米から作る普通のリゾットをと思ったことと、古代米を使ってみたいということの結果は成功というわけにはいきませんでしたが、初めての古代米体験としては十分でしょう。そう自分に言い聞かせながら食べ終わりました。
スポンサーサイト

鹿児島産野菜の煮物 (川内原発再稼働反対!)

                        (2014/6/14)

 今朝、鹿児島から野菜の詰まった荷物が届きました。かのや由紀さんという方が、家庭菜園で作った野菜を送ってくれたのです。荷物には、野菜ばかりではなく、お米や干し椎茸、お菓子までたくさん入っていました。
 さっそく、夕ご飯のおかずに、その野菜を使った煮物を作りました。届いた荷物を前にして妻は大喜びですが、煮物を作るのは私です。

 煮物に使った野菜は、すべて送っていただいたものばかりです。それにただ一つ群馬産の蒟蒻だけ足しました。出汁は利尻産の昆布と岡山からの頂き物の鰹節でとったので、水だけが地元のものということになりました。

 普通の煮物の作り方でレシピなどというものではありませんが、いちおう形式的に書いておきます。


鹿児島野菜


【材料】
  タケノコ……4本
  ジャガイモ……6個
  インゲン……10本ほど
  干し椎茸……10個ほど
  蒟蒻……1枚
  出汁……700cc
  干し椎茸の戻し汁……150cc
  日本酒……大さじ4杯
  薄口醤油……大さじ4杯
  塩……ひとつまみ
  砂糖……小さじ1杯
  味醂……小さじ1杯

【作り方】
① 材料は、タケノコのサイズに合わせて一口大に切っておく。ジャガイモや干し椎茸は小ぶりのものだけを選んで使った。
② 干し椎茸の戻し汁をくわえた出汁に材料を入れて火にかけ、砂糖、味醂、塩、醤油の順に加え、落としぶたをして15分ほど煮る。途中で適宜アクを取る。

 
 あいかわらず我が家では糖分はほんの気持ちしか使いませんが、とてもおいしく仕上がりました。私の一番のお気に入りはジャガイモでした。子どもの頃からのジャガイモ好きですが、この季節の小ぶりのジャガイモは煮崩れず、煮物に最適でした。

 毎年、季節になると近所の孟宗竹や真竹、庭の黒竹のタケノコを採って食べていたのですが、福島第1原発の事故で撒き散らされた放射能汚染で食べられなくなりました。農家で生産されたものは放射能検査で国の規制値以下のものだけが出荷されますが、自分で採ってくるものはどれだけ汚染されているのか見当がつきません。農地は表面除染などで管理されていますが、山野はもちろんそういうことはなくて、放射能で汚染されたままです。山菜、茸、タケノコなどは規制値を超えて汚染されている例がしょっちゅう報告されています。

 私は、原発再稼働に反対して仙台で脱原発を目指す運動に加わっています。鹿児島県には川内(せんだい)原子力発電所があって、その再稼働に反対している人たちの運動もあります。そうしたことが機縁になって、鹿児島で脱原発運動をしているかのや由紀さんとネット上の知り合いになっていました。
 かのやさんは仙台に住む私たちの様子を心配されて、鹿児島産の野菜を送ってくださったのです。川内原発のせいで鹿児島県が福島や宮城のようにならないことを祈るばかりです。

家犬イオ:13歳のおばあちゃん、110歳のおばあちゃん

                       (2014/5/9)

 110歳の義母は、今でも食卓でみんなと一緒に食事をします。そのおばあちゃんを迎えに行くのがイオの仕事です。朝食の時は、必ず、おばあちゃんがベッドから食卓まで移動するのにつき合います。昼食と夕食のときは、ときどきそうします。
 イオがまだ若かった頃、「ごはんだよ」という言葉をかけると、勢いよくベッドに飛び乗っては、「いたいっ」とおばあちゃんに怒られていました。おばあちゃんは厳しくて、ピシャッと頭を叩いたりします。さすがに13歳のおばあちゃん犬になった今は、ベッドの端に手を掛けるだけになりました。そのため、耳の遠いおばあちゃんはイオのお迎えに気が付くのが遅くなってしまいました。
 
 ある日の夕食時のことです。


hd8-1.jpg
「おばあちゃんのお出まし!」 イオが先導してきます。


hd8-2.jpg
食卓椅子に移るおばあちゃん。イオは周囲を警戒中。イオの目の先には息子がいます。息子はずっと家を出ていたのですが、最近同居を始めました。イオから見れば、息子はまだ家族見習い中で、完全には気を許してはいません。おばあちゃんを守る気満々なのです。


hd8-3.jpg
「おばあちゃん、だいじょうぶ?」


hd8-4.jpg
おばあちゃんの左手の小指の付け根に直りにくい小さな褥瘡のような傷があります。この時は、たまたまテープを貼っていませんでした。イオが気にして、イオ流の治療を施しています。ありがたいといえばありがたいのですが、いつもより丁寧に消毒しなければなりません。


hd8-5.jpg
おばあちゃんがイオのご褒美を用意しています。このご褒美のために、ただただそれだけのために、イオは仕事の手を抜かないのです。

街の花:雑草と呼ばれる花をいくつか

 散歩をしながら、道端の花の写真を撮っていると、普段無視してしまう草花にもレンズを向けます。そんな写真の中から、「雑草」と括られているらしい花を拾い上げてみました。

zs1-1.jpg

zs1-2.jpg
ハナニガナ(花苦菜)。手入れのされていない河川敷公園に群生していました。茎を折ると白い液が出て、それがとても苦いのだそうです。 (2014/5/29)


zs1-3.jpg
ニワゼキショウ(庭石菖)。上のハナニガナや下のハルジオンの根もとに咲いていました。小さいけれどアヤメ科の花で、原産地の北アメリカから観賞用として持ち込まれ、野生化したのだそうです。 (2014/5/29)


zs1-4.jpg

zs1-5.jpg
ハルジオン(春紫苑)。ずっと以前には「ハルジョオン」と呼んでいましたが、ヒメジョオンとごっちゃにしていたのでした。どこにでも咲いていますが、時にはピンクの濃いものもあって、遠くから目を惹きます。 (2014/5/29)


zs1-6.jpg
ムラサキケマン(紫華鬘)。雑草と言うより「山野草」という分類で園芸店で売っていそうな花ですが、日陰のやや湿った所にたくさん生えています。少し山間に入れば黄色のキケマンなども見られます。(2014/4/26)


zs1-7.jpg
ブタナ(豚菜)。なんとも気の毒なネーミングですが、「タンポポモドキ」とも呼ばれます。ヨーロッパ原産の帰化植物で、あちらでは食用にされるそうですが、私は挑戦したことはありません。広瀬川の河川敷に群生していたことがあって、みごとなお花畑でした。 (2012/6/5)
プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。