ほんとうの「ほうとう」

                        (2004/4/29)

 仙台(の私が行くような食料品店)では「ほうとう」の麺を見かけることはなくて、そのうえ、気がつけばこの年まで山梨県に足を踏み入れたこともなく、「ほうとう」を食べたことがなかったのでした。
 先日、「ほうとう風煮込みうどん」というものを作ってみましたが、要するに、味噌煮込みうどんの具にカボチャを加えただけという代物です。しかも、味噌は仙台味噌です。

 そこで今回は、ほうとう麺(味噌つき)をネット通販で山梨県のお店から取り寄せて「ほんとうのほうとう」を作ってみました。作り方は、ほうとう麺の袋に書いてあるとおりにやってみました。

udn-13.jpg


【材料(4.5人分)】
  ほうとう麺(半生麺)……580g
  豚肉(細切れ)……200g
  カボチャ……4分の1個
  里芋……3個
  椎茸……4枚
  白菜……葉4枚
  長葱……1.5本
  人参……2分の1本
  大根……6分の1本
  牛蒡……3分の1本
  油揚……1枚

 〔味噌うどんつゆ〕
  水……2800cc
  昆布だし(液)……大さじ2杯
  白だし(液)……大さじ3杯
  添付の味噌……150g
  仙台味噌……30g
  日本酒……大さじ3杯
  
【作り方】
① 豚肉、白菜、カボチャ、里芋は食べやすい大きさに、椎茸は薄切り、人参と大根は銀杏切りに、長ネギは斜めそぎ切り、牛蒡はささがき、油揚は短冊切りにしておく。
② 沸騰した湯に昆布だし、白だしを加え、煮えにくいカボチャ、里芋、大根、人参、牛蒡を先に入れる。
③ 数分後にほうとう麺を入れ、10分ほど煮込む。
④ 豚肉、椎茸、白菜、長ネギ、油揚をいれ、だし汁で溶いていた添付の味噌を入れる。仙台味噌を加えて味を調整して完成。

 
 問題なくおいしくいただきました。こうなると、本場の「ほうとう」を是非一度は食べてみたいものですが、「ほうとうを食べにちょっと山梨まで」というわけにはなかなかいきません。
スポンサーサイト

街の花:しだれ柳の品種

 東北大学の川内キャンパスに付属植物園があります。旧仙台城の「御裏林」がある青葉山丘陵の一部を活かした植物園です。その植物園と文系学部の建物の間に標本植物として柳のコレクションが植えられています。
 私の好きなしだれ柳にもいくつか品種があるのを初めて知りました。とはいえ、いくら眺めても、どこが違って、どう見分けるのか、さっぱり分かりませんでした。


tf3-1.jpg
「シロシダレヤナギ」。 (2014/4/26 6:35)


tf3-2.jpg
「セイヨウシダレヤナギ」。 (2014/4/26 6:36)


tf3-3.jpg
「コガネシダレ」。 (2014/4/26 6:36)


tf3-4.jpg
「ユウキシダレ」。 (2014/4/26 6:37)


tf3-5.jpg
「ロッカクヤナギ」。小野妹子が隋から持ち帰って京都の頂法寺六角堂に植えたという伝説がある、という説明が添えられていました。 (2014/4/26 6:38)


tf3-6.jpg
「セイコヤナギ」。この樹はしだれ柳ではありませんが、植物園敷地内の芝生の端に植えられていてよく目立っていたので。 (2014/4/26 6:41)


 さて、広瀬川畔に生えているしだれ柳は何という品種なのでしょう。このような標本木を見ても、私にはまだまったく見当が付きません。
 いずれ、葉が成長してから、葉の形や幹肌、花などを見比べて見たいと思ったり、ぜんぶ「しだれ柳」で括ってしまってもとくに不都合はないとも思ったり……。

街の花:柳の春

 仙台の桜(ソメイヨシノ)も盛りが過ぎようとしています。桜の春も賑やかでいいのですが、みちのくの静かな柳の春もいいものです。
 石川啄木の「やはらかに柳あをめる北上の岸辺目に見ゆ泣けとごとくに」という短歌こそ、みちのくの柳の春の風情ではないか、と東北生れは思ってしまうのです。

 広瀬川近くの柳の芽吹きです。


tf2-1.jpg
 澱橋上流にある1本立ちのしだれ柳です。(2014/4/16 6:28)


tf2-2.jpg
 澱橋上流の中州の林。(2014/4/16 7:11)


tf2-3.jpg
 澱橋下流の柳(見る角度を変えて)。(2014/4/16 7:07)


tf2-4.jpg
 大橋下流、仙台城三の丸跡に沿う長沼の柳。(2014/4/15 6:58)


tf2-5.jpg
 大橋西詰め、仙台国際会館前のしだれ柳。(2014/4/13 6:41)


 広瀬川では、中州や寄り州の撤去工事が進んで、たくさんの柳が姿を消しましたが、姿の良い柳を選んで残してくれているようです。

 「浅緑 染め掛けたりと 見るまでに 春の柳は 萌えにけるかも」
という万葉集(巻10)の読人知らずの歌もありました。柳の芽吹きは、古来から「萌え」の典型だったような気がします。

街の花:桜が咲く前に

 桜が咲き出す前の仙台、朝の散歩で見た花たちです。


tf1-1.jpg
Photo A 椿(品種名不詳)。東北大学川内キャンパス・百周年記念講堂「川内萩ホール」の庭にサザンカまじりの並木の中の1本です。 (2014/4/7)


tf1-2.jpg
Photo B サンシュウ(山茱萸)。仙台市博物館(仙台城三の丸跡)の庭で。 (2014/4/7)


tf1-3.jpg
Photo C 連翹(レンギョウ)。朝日に煌めく広瀬川の畔で。 (2014/4/7)


tf1-4.jpg
Photo D 馬酔木(アシビ)。三の丸跡を囲む長沼の岸で。 (2014/4/7)


tf1-5.jpg
Photo E 梅。二階建ての橋・仲の瀬橋を背景に。 (2014/4/7)


tf1-6.jpg
Photo F 土筆(ツクシ)。仙台城大手門跡と仙台国際会館の間で。 (2014/4/9)


tf1-7.jpg
Photo G 木瓜(ボケ)と連翹(レンギョウ)。マップからは外れた街の中、晩翠通りのビルの前で。 (2014/4/9)


tf1-map.jpg
撮影マップ(地図のベースは「プロアトラスSV7」)。

庭の花:椿落ち椿落ちこころ老いゆくか 鷹女

 桜前線は北上中、仙台はそろそろ木によっては一輪、二輪と開き始めています。椿もだいぶ咲きそろってきました。ブログタイトルは、三橋鷹女の句 [1] です。
 わが家の庭の椿と、その下のクリスマスローズと菫です。


mg14-2.jpg
品種名は忘れてしまいました。庭で25年ほど経ちます。 (2014/4/6)


mg14-3.jpg
薮椿に挟まれて育っています。 (2014/4/6)

赤い椿白い椿と落ちにけり  河東碧梧桐[2]


mg14-1.jpg
「侘び介」。白とピンクの2本咲いていますが、わが家の園芸種で1番古い白わびすけは、家の立て替えで植替えてからずっと気息奄々でなかなか回復しません。 (2014/3/31)

つばきわびすけあまり清らかにそれがわびしく  荻原井泉水[3]

まぎれなく自分のものと言ふうるは何もなきなり侘び助の花
                       中条ふみ子[4]


mg14-4.jpg
「卜伴(ぼくはん)」。 (2014/4/6)

    
mg14-5.jpg
「乙女椿」。 (2014/4/6)


mg14-6.jpg
薮椿。3月23日(上)に一輪咲いた薮椿は、4月6日(下)にはこんなに咲いています。

寒椿怠らざりし日も昏るる  石田波郷[5]

椿その紅蓮なすもの身に受けてうろたえおりし去年(こぞ)の春はも
                        福島泰樹[6]
  

椿の木の下植えの花も咲いています。

mg14-8.jpg
白花のクリスマスローズ。今年は咲かないものと思っていましたが、椿の根元でやっと咲きました。 (2014/4/6)


mg14-7.jpg
菫。たぶん洋種の菫だと思うのですが、家族の誰も、どうして、いつから庭にあるのか、由来が分からないのです。繁殖力旺盛で、椿の木の下一面に広がっています。 (2014/4/6)
    
菫濃く雑草園と人はいふ  山口青邨[7]
    
骨拾ふ人にしたしき菫かな  与謝蕪村[8]

菫程な小さき人に生まれたし  夏目漱石[9]
    
    
    

[1] 『わが愛する俳人 第一集』(有斐閣、1978年)p.109。
[2] 『現代日本文學大系19 高浜虚子・河東碧梧桐集』(筑摩書房、昭和43年)p.339。
[3] 『現代日本文學大系95 現代句集』(筑摩書房、昭和48年)p. 471。
[4] 『現代歌人文庫4 中条ふみ子歌集』(国文社、1981年)p. 17。
[5] 『石田波郷読本』(『俳句』別冊)(角川学芸出版、平成16年)p. 154。
[6] 『福島泰樹全歌集 第1巻』(河出書房新社 1999年)p. 268。
[7] 斎藤夏風編・著『蝸牛俳句文庫32 山口青邨』(蝸牛新社 2000年) p. 67。
[8] 『日本の古典 別巻1 古典詞華集一』(小学館 昭和62年)p.50。
[9] 『わが愛する俳人 第四集』(有斐閣 1979年)p.136。

プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR