スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花綴じうどん

                 (2014/1/24)

 このごろ、ネタ切れになって「何にしようか?」と言うと、妻はかなりの頻度で「天かすと卵」と答えるようになりました。定番になりつつある「天かすの卵綴じうどん」です。「そば」ではなくて、たいてい乾麺のうどんや白石温麺、あるいはにゅうめんとか冷凍の讃岐うどんを使います。
 どういうわけか妻が「讃岐細うどん」というのを買ってきたので、今日はそれを使います。今まで食べたことのない乾麺です。

udn-10.jpg


【材料(3人分)】
  讃岐細うどん……280g
  天かす……1カップ半くらい
  卵……3個
  万能ネギ……5本
〔うどんつゆ〕
  水……900cc
  麺つゆ……大さじ2杯
  昆布だし(液)……大さじ1杯
  白だし(液)……大さじ2杯
  薄口醤油……大さじ2杯半
  日本酒……大さじ2杯
  おろし生姜……中さじ1杯

【作り方】
① うどんつゆは、材料を全部入れて沸騰させる。
② 讃岐細うどんは指定時間だけ茹でて(最後の1分になったらびっくり水を差す)、冷水でよく洗っておく。
③ 沸騰したうどんつゆに天かすを入れる(天かすの量は薄く表面を覆う程度)。沸騰していると天かすが片寄ってしまうのでいったん火を止め、天かすが一様に拡がるようにしてから、よく溶いた卵を穴あきお玉を使って天かすに薄く一様に被せるように入れる。ふたたび加熱して卵に火を通す(卵の火の通り方は好みで)。
④ 温め直したうどんに③をかけ。万能ネギを散らして完成。


 まあ、いつも通りの優しい味のヌードルランチになりました。「讃岐細うどん」も問題のないおいしい乾麺うどんでした。
 リスクのほとんどない、ほんとうに定番向きの手軽なうどんです。作るのも食べるのも、ほんとうに気を遣いません。誰も不平を言わずに食べてくれますが、感動の言葉も讃辞もありません。日々の昼食というものの理想のようなメニューということでしょうか。
 ただ、「讃岐細うどん」というものを世間の人はどうやって食べているのだろう? なにか特別おいしい食べ方があるのはないか、と考え込んでしまいました(もちろん、考えても分ることではないのですが)。妻は、「讃岐」だからおいしいのだろうと、気楽に手に取ったようですが……
スポンサーサイト

はじめてのペンネ・グラタン(エビ、シメジ、ホウレン草)

                     (2014/1/18)

 私自身はグラタンというものを作ったことがなくて、これがはじめての試みです。たまたまテレビをつけたらグラタン用のホワイトソースを作る場面でした。それでランチはグラタンということになりました(こんなことでランチメニューが決まるケースが多いのですが)。
 鶏肉を使うことにして、妻が冷凍庫を探してくれたのですが、あるはずの鶏肉がないと騒いでいました。一昨日のランチの「親子丼」で残っている鶏肉をたっぷりと全部使い切っていたのを、作った私も食べた妻も忘れていました。それで、冷凍のむきエビに変更です。

pst25-1.jpg


【材料(3.5人分)】
  ペンネ……200g
  むきエビ(5cm長) ……20尾
  玉ネギ……1個
  シメジ……2分の1パック
  ホウレン草……5株
  小麦粉……大さじ4杯
  牛乳……800cc
  グラタン用ミックスチーズ……200g
  パルメザンチーズ……適量
  ニンニク……1片
  赤唐辛子……2分の1本
  オリーブオイル……適量
  白ワイン……少量
  バター……適量
  塩……適量
  黒胡椒……適量
  
【パスタを作る】
① 〈ホワイトソース〉大さじ2杯分くらいのバターを溶かし、小麦粉を少しずつ混ぜて、ダマにならないように溶かす。それに牛乳を少しずつ加え、ここでもダマがないようによくかき混ぜる。最後に、塩、胡椒を軽く振っておく。
② 〈具材の処理〉フライパンに潰したニンニク、赤唐辛子、オリーブオイル、バターを入れて弱火で香りを出す。味が移った頃合いを見て唐辛子は取り出す。最初に薄切りにした玉ネギを色が変わるまでゆっくりと十分に炒める。それから、半分に切ったエビのむき身、シメジ、ホウレン草の順に入れて炒め、そのつど、材料の量に応じた塩を加えておく(少なめに)。火が通ったら、少量のバターを入れる。バターが溶け終るころにのワインを入れてアルコールを飛ばす。
③ 〈ペンネ〉1%塩のお湯で指定時間だけ茹でる。
④ ホワイトソースの鍋に②と③を加え、よく混ぜながら塩、胡椒で味を調える。
⑤ グラタン皿に④を盛りつけ、表面が隠れるようにミックスチーズをのせ、さらにパルメザンチーズをたっぷりと振りかける。
⑥ グリルで12分ほど焼く(時間はチーズの焦げ具合で判断する)。


 私には塩味が少しきついと感じましたが、他の家族は問題なしで、おいしいと言いながら食べてくれたので、はじめて作った身としてはほっとしました。
 具材に対してホワイトソースの量がちょっと少なめでした。ホワイトソースを残さずぴったりに作るのは、けっこう難しそうです。

 多めに作ってしまったので、家族それぞれの適量より多めに盛りつけましたが、「カロリーが多いわね」と嘆く妻も逡巡することなく完食でした。
 我が家では、カロリーを気にしなければならないのは妻だけですので、それは本人の自覚任せで、作る方はカロリーを気にはしてはいません(まもなく110歳の義母はどうしても小食なので、カロリーの高いほうが望ましいくらいです)。  

有頭エビのクリームソース・スパゲッティ

                  (2014/1/9)

 生クリームの消費期限が迫っていたのと、パスタ用のエビを買ってあることを妻が繰り返しアピールするので、有頭エビの頭と殻で作ったソースのスパゲッティをクリームソースに代えて一挙に問題を解決しようとして思いついた「やっつけランチ」です。有頭エビは、アルゼンチン赤エビという安い冷凍エビです。
 クリームスープのパスタのイメージだったので、頭と殻から作るスープはたっぷりめに作りました。

pst24-1.jpg


【材料】
  スパゲッティ(1.4mm)……310g
  有頭エビ(13~15cm長)むき身……5尾
  むきエビ(5cm長) ……12尾
  ニンニク……1片
  赤唐辛子……2分の1本
  オリーブオイル……適量
  白ワイン……少量
  バター……適量
  塩……適量
  黒胡椒……適量
【ソース用材料】
  有頭エビの頭と殻……5尾分
  ニンニク……1片
  赤唐辛子……2分の1本
  長ネギ……3分の1本
  にんじん……3分の1本
  ローズマリー……適量
  タイム……適量
  白ワイン……250cc(1カップ半)
  生クリーム……200cc
  牛乳……適量
  塩……適量
  黒胡椒……適量

【ソースを作る】
① 長ネギは縦割りにして小口切り、にんじんは千切り、ニンニクはクラッシャーでつぶす、赤唐辛子は半割にして種を取っておく。それらにローズマリー、タイムは適当に小さめに切ったものを混ぜてオリーブオイルで炒める(弱火)。味が移った頃合いを見て唐辛子は取り出す。
② 香りが十分に立ったら、やや火を強くしてエビの頭部と殻、適量の塩を入れて炒める。炒めながら頭部を潰してエキスがよく出るようにする。十分に炒めたら、最後に胡椒を入れてから白ワインを入れて煮出す。そのときも頭をよく潰すようにする。アクがたくさん出るので(気になるのであれば)適宜掬い取る。煮出し汁が3分の2程になったらスープを漉す。
③ 漉しガラをふたたび鍋に戻し、ワインと同量のお湯でもう1度煮出す(まだまだエキスがよく出てきます)。煮出し終えたら同じように漉して、前の分と合せておく。
④ 漉したスープに生クリームを混ぜておく。

【パスタを作る】
① フライパンに潰したニンニク、赤唐辛子、オリーブオイルを入れて弱火で香りを出す。味が移った頃合いを見て唐辛子は取り出す。
② エビのむき身(大きさが変わらないように見えて数が増えるため、すべて縦割りで2分の1に切っている。ただの見栄えのため)を入れて炒める。塩適量を振る。
③ 火が通ったら、少量のバターを入れる。バターが溶け終るころにほんの少しのワインを入れる。
④ 生クリーム入りエビスープを加える。少しだけ煮詰めるようにするが、たっぷりスープになるように煮詰めすぎないように気をつける。スープが少ないときは牛乳で増量する。
⑤ 1%塩のお湯で茹でたスパゲッティをフライパンに入れ、たっぷりのソースで少しばかり煮るような感じで絡める。
⑥ 塩、胡椒で味を調整し、火を止めてパルメザンチーズを入れて全体に絡める。


 おいしく食べましたが、私の好みから言えば、生クリームなしの方がシャープな味で好もしいように思いました。
 最近、クリームソースのパスタをしばしば作っていますが、たいていの場合、クリーム味が勝ちすぎてしまうようです。クリームやミルク、バターやチーズの濃厚なパスタを食べたいときもあるので、たまに味わえばよいのかもしれません。  

庭の花:一輪だけの冬のバラ

 仙台の冬の庭は寂しくて、球根を掘り挙げたカンナやダリアの咲いていた跡には土塊が散らばって穴が開いています。
 その庭にたった一輪、咲き残ったバラが咲いていました。寒さのため、ゆっくりゆっくりと花びらを開いたようです。


mg11-1.jpg
品種名は忘れました。この時期、バラが咲き残ることはないのですが、今年は剪定もサボったためかと思います。(2014/1/8)

mg11-2.jpg
そのほかに庭に花はなくて、葉を落したヒヨドリジョウゴの赤が冴えています。(2014/1/8)

mg11-3.jpg
南天は狭い玄関脇でもてあますほど増えています。実成りの良い枝は、正月飾りのために妻が大量かつ大胆に切ってしまいました。それが我が家の剪定にもなっています。(2014/1/8)

家犬イオ:今日のプロフィール

 正月2日から熱を出して伏せっていました。風邪気味のまま、暮れの大掃除、買い出し、おせちの準備の手伝いなどで疲れ切ってしまったためでしょう。
 昨日あたりから普通に動き出したのですが、少し疲れやすくて、炬燵の横にひっくり返っていたら、イオが様子を見にやってきました。その時の顔を写してみました。


hd7-1.jpg
カメラを向けるとスッと目をそらします。(2014/1/7)

hd7-2.jpg
またカメラを向けると、今度は左に顔をそらします。。(2014/1/7)

hd7-3.jpg
顔をそらしているときにカメラを向けて待っているとこの通り。。(2014/1/7)

あけましておめでとうございます

14年賀
プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。