スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街犬イオ:陸奥国分寺跡へ長散歩

私がまだ仕事をしていた頃、冬の休日にイオと長い散歩をするのがちょっとしたブームになっていたことがありました。遠足と称して、4、5時間市内を歩き回るだけのことですが、9年ほど前に、一度、陸奥国分寺跡へ行ったことがあります。
 仙台駅から西に2.5kmほどの仙台城址の近くにある私の家からは、陸奥国分寺跡は仙台駅の向こう、直線距離で駅から東に3km足らずのところに位置しています。イオとぶらぶらと歩いて2時間ほどかかります。
 陸奥国分寺は、聖武天皇の発願によって建立された国分寺の一つで、正式には護国山医王院陸奥国分寺と言います。国分寺にもかかわらず室町時代には見る影もなくなっていたのですが、仙台藩主伊達政宗によって再興されて、いま残っている山門、薬師堂、鐘楼などの建物はそれ以降に建てられたということです。
 陸奥国分寺跡は国指定の史跡で、陸奥国分寺薬師堂は国指定の重要文化財になっています。 


td4-1.jpg
陸奥国分寺薬師堂仁王門。私とイオだけで、ほかに誰もいません。 (2004/12/4)


td4-2.jpg
同じく薬師堂仁王門の前で。落ち葉の中に何かが。 (2004/12/4)


td4-3.jpg
山門をくぐってからの広々とした眺め。薬師堂と鐘楼が見える。 (2004/12/4)


td4-4.jpg
趣きのある鐘楼。 (2004/12/4)


td4-5.jpg
薬師堂。 ここで初めて人と出会いました。リードを離して急いで撮影。(2004/12/4)


td4-6.jpg
薬師堂の説明看板に繋がれてポーズ。看板には、「現薬師堂は伊達政宗が泉州の工匠駿河宗次等を招いて再建したもので、慶長12年(1607年)に完成した」などと記されていました。 (2004/12/4)


td4-7.jpg
芭蕉の句碑。「あやめ草足に結ばん草鞋の緒」と彫ってあるそうです(私には読めませんでした)。 (2004/12/4)


td4-8.jpg
西の隅の方に石塔、石碑が集められていて。とてもいい雰囲気です。 (2004/12/4)
スポンサーサイト

街犬イオ:仙台・光のページェントへ

 仙台の暮れには、「光のページェント」で定禅寺通りの4列の欅並木がイルミネーションで飾られます。我が家からは歩いて10分もかからないのですが、そんなに見物には行ってはいません。109歳の義母との暮らしで、夜に家族で外出することはほとんどありません。
 イオが5歳の時の光のページェントの写真です。山歩き、登山に一緒に行くイオは、できるだけ野生児のように育てようなどと言っていたのですが、このときは服を着せられていますね。ときどき、妻が思いつきでやるのですが、イオはうざったいらしく大騒ぎになります。


td3-1.jpg
定禅寺通りの西の端です。横の走る道路は西公園通りです。妻とイオがいるのですが。(2005/12/15)

td3-2.jpg
同じ場所で、フラッシュをたきました。(2005/12/15)

td3-3.jpg
イオは毛並みの色と似た色のシャツを着ています。(2005/12/15)

td3-4.jpg
全面ガラスのビルに映るイルミネーションはとても雰囲気があります。(2005/12/15)

td3-5.jpg
定禅寺通りと勾当台通り(国道4号)の交差点付近がページェントの東の端で、大きなドイツトウヒの木にブルーのイルミネーションがあります。。(2005/12/15)

茸のリングイネ(ポルチーニ茸のクリームソース)

                        (2013/12/23)

 先日、乾燥ポルチーニ茸を使ってクリームソースのパスタを作って見ました。おいしかったのですが、ブログ用に写真を撮らなきゃと思ったときには、ほぼ食べ終えていました。それで今日は再挑戦ということですが、少しばかり作り方を変えて見ました。
 二カ月ほど前「茄子と茸のスパゲッティ:ポルチーニ茸ソース」を作ったのですが、そのときに買い置きの乾燥ポルチーニ茸を使い切ったので、いつもの店に買いに行ったのですが、もう取り扱ってはいなくて、ちょっと慌てました。幸い、市内の輸入食料品店で見つけて、買い込みました。ただ、以前の値段を覚えていなくて、その店の品が高いのか安いのか分らなくて困っています(よく高い買い物をして妻に叱られるのです)。


pst23-1.jpg

【材料(3.5人分)】
  リングイネ……320g
  ポルチーニ茸(乾燥)……20g
  エリンギ……2本(100g)
  椎茸……3枚
  シメジ……2分の1パック
  玉ネギ……2分の1個
  白ワイン……150cc
  生クリーム……200cc
  牛乳……150cc
  白ワイン……150cc
  ニンニク……1片
  鷹の爪……2分の1本
  オリーブオイル……適量
  塩……適量
  黒胡椒……適量
  パルメザンチーズ……適量

【パスタを作る】
① 乾燥ポルチーニだけはぬるま湯で戻して、大きいものは一口サイズに切っておく。エリンギ、椎茸は4cm長の短冊に、シメジは小房におけておく。玉ネギは4分の1大に切ってから薄切りにしておく。
② 鷹の爪はフライパンでオリーブオイルに香りを移した後、引き上げておく。そのフライパンに潰したニンニクを入れて香りを立たせてから、玉ネギをゆっくりと飴色になるまで炒める。
③ 茸類を炒めて、火が通ったら白ワイン、ポルチーニの戻し汁を入れる。少し煮てから生クリームと牛乳を入れ、塩、胡椒で味を調える。
④ 茹で上がったリングイネを加えて塩、胡椒で味の最後調整をして、火を止めてパルメザンチーズを絡め、エクストラヴァージンオイルを振りかけて完成。

 
 先日のレシピでは、玉ネギの代わりに長ネギのみじん切りを使いましたし、ポルチーニ茸の味では不安で鶏ガラスープ(顆粒)も加えました。今日の結果から言えば、玉ネギの方がおいしいし、鶏ガラスープは入れなくても十分においしい感じです。今回は、これを試したかったということもありました。
 生クリームで少しばかりこってりした感じのおいしさでしたが、我が家の109歳が夢中で食べてくれましたので安心しました。

家犬イオ:居場所(5才のころ)

 イオは、イオは家の中で暮らしています。初めは、昼は庭、夜は家という計画でした。6カ月を過ぎたころ、予防注射もすんだので外の出したのですが、外にいる間はずっと居間のガラス戸を叩き続けて抵抗し続け、根負けしてしまいました。

 家の中で何度もイオのベッドを作ったのですが、どれも完全無視、いつも好きなところでひっくり返っています。


hd6-1.jpg
 炬燵にくっついて。(2005/2/4)


hd6-2.jpg
 梅雨時は風通しのよい階段の最上段で。玄関の気配がよく分るので、家人の外出を見逃さない利点もあります。(2005/6/18)


    hd6-3.jpg
 見られているのに気付いて、姿勢を正しました。(2005/6/18)


hd6-4.jpg
 暑いけれども、座卓の下で家人を監視中。とにかく、お出かけに置いていかれるのは絶対イヤなのです。(2005/8/12)


hd6-5.jpg
仙台はもうほとんど冬、せっかく陽当たりに寝そべったのに陽は移動して。(2005/11/19) 


hd6-6.jpg
 カメラの気配に気付いて。(2005/11/19)


hd6-7.jpg
 少しばかり家人を意識して、ついでに陽の当たる方に移動もしました。(2005/11/19)

焼きトマトのペペロンチーノ

                        (2013/12/8)

 前に、トマトソースでトマトを食べるという馬鹿げた思いつきで「トマトのトマトソースパスタ」なるものを作ったとき、焼きトマトにしたのですが、味が濃縮された感じでけっこう気に入りました。
 それならと今日は焼きトマトをメインにしようと、じつにシンプルに「焼きトマトのペペロンチーノ」です。イメージは、ペペロンチーノのシンプルな味に満たされた口中に、ときどき焼きトマトの濃縮された味がぱっと拡がる、という感じです。

pst22-1.jpg


【材料(2.5人分)】
  スパゲッティ(1.4mm)……240g
  トマト……3個
  オリーブオイル……適量
  パルメザンチーズ……適量
  ニンニク……2片
  鷹の爪……1本
  塩……適量
  胡椒……適量

【パスタを作る】
① トマトは縦に1cm厚の輪切りにして、グリルで8分ほど網焼きにする。焼き上げたら2cm角ぐらいに切っておく。
② フライパンに潰したニンニク、鷹の爪を入れ、弱火で香りを出してから、鷹の爪を引き上げ、茹で上がったパスタ、焼きトマトを加え、塩、胡椒で味を調えたら、火を止めパルメザン・チーズを加えて完成。


 焼いたトマトを2cm角に切って、器にとっておいたらトマト汁がたくさん滲み出してきました。それも味のもとだと思って全部混ぜました。その汁のおかげで、とてもなめらかな味と舌触りでとてもおいしく食べました。
 そのトマト汁のおかげで、当初の固体状の焼きトマトだけが混じるというイメージは実現できませんでした。初めに思っていたようにはできなかったのに、けっこうおいしいというのは失敗なのか、成功なのか、悩んでしまいます。
 それに焼きトマトから出た汁も混ぜてしまったら、トマトをフライパンで炒めてからパスタを入れるという簡便な方法でも中身は同じなので同じ味になるのではないかという気もしますが(それではもう「焼きトマト」ではありませんが)。
 私としては、焼いたことでトマトの味に変化が出た(味に深みが出た)と思いたいのですが。

庭の花:寒蘭が咲いています

 今年も寒蘭が咲いています。土佐や日向、薩摩など暖かい地方の蘭ですが、寒い仙台で毎年花を咲かせてくれます。
 それなのに、東北にもたくさん自生している日本春蘭はあまり調子が出なくて困っています。


   mg10-1.jpg
日向寒蘭「無銘品」。20年ほど毎年咲いています。 (2013/12/12)


   mg10-2.jpg
土佐寒蘭「無銘品」。30年近く前、我が家に一番最初に来た寒蘭です。 (2013/12/12)


mg10-3.jpg
寒蘭「紅染」。3年ほど前の購入品。 (2013/12/12)


mg10-4.jpg
プリムラ。今年は庭仕事をかなりサボってしまい、クリスマス、正月用になんの準備もしませんでした。慌ててポット苗を買ってきて、急ごしらえの鉢を作りました。そのひとつです。 (2013/12/12)


 mg10-5_2013121211455313f.jpg
ハボタン。これも急ごしらえの鉢です。もう三本ほど足せばもっと格好がつくのですが……。 (2013/12/12)
プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。