お葛かけうーめん(2003/6/30)

 季節外れですが、白石温麺(うーめん)の「お葛かけ」を作ってみました。うーめんの食べ方としては、宮城県でわりとポピュラーなようです。あんかけではなくて、汁全体に柔らかいとろみが付いたお葛汁です。


udn-2.jpg


【材料(3.5人分)】
  白石温麺:400g(4束)
  油揚げ:2分の1枚
  椎茸:3枚
  シメジ:25g
  茄子:1個
  人参:4分の1本
  白菜:葉1枚
  小松菜:葉3枚
  細ネギ:3本
  サラダ油:適量
  生姜おろし:大さじ1
  うどんつゆ:1200cc


【作り方】
① うどんつゆの素(粉末)3袋、昆布だし(液)大さじ1、白だし(液)大さじ2、薄口醤油大さじ1、塩ひとつまみでごまかしうどんつゆを作る。
② シメジ以外の材料はすべて4、5cm長さの千切りに切っておき、フライパンで人参から順に軽く炒める。そのとき生姜おろしを加え、さらに具材の量に応じて塩を加える。
③ うどんつゆに②を加え具材に火が通ったら、火を止めて水溶き片栗粉をかき混ぜながら加えて、ふたたび火を付けてよくかき混ぜる。あんかけよりは柔らかいとろみにする。これを茹でたうーめんにかけて出来上がり。

 基本的には寒いときにフーフーいいながら食べるとおいしいのですが、今日は茹でて水洗いした冷えたままのうーめんに熱いお葛汁をかけて、食べやすい適当な温度になるようにしました。この季節でもするする食べられる程度の温度になっていました。

 具材は直接うどんつゆで煮てもいいのですが、炒めると野菜の味が引き出せるような気がしています。

 肉類のタンパク質がまったく入っていません。たぶん、彼岸や盆、あるいは不幸時の精進の時によく食べられていたので、野菜中心になったのではないかと想像しています。

スポンサーサイト

冷や汁そうめん (2013年6月28日)

 今日のランチは、今年はじめての「冷や汁そうめん」でした。これはもちろん私のオリジナルなどではなく、だいぶ前にNHKの料理番組でやっていて、それ以来お気に入りの夏の昼食メニューになりました。

 「冷や汁」というのは漁師料理らしく、船上で冷やご飯と水と生味噌、そして取れたての魚の刺身をどんぶりでかき込むという、そんな料理らしいです。「生味噌」を使うので「冷や汁そうめん」と名付けられたのでしょう。

 だし汁を作って冷やしておくので、作り始めからは結構な時間がかかりますが、基本的にはとても簡単で、どこにも難しいところはありません

sm-1.jpg


【材料(4.5人分)】
  そうめん:500g
  きゅうり:3本
  青じそ:8枚
  トマト:2個
  わかめ(乾):10g
  白ごま:適量
  だし汁(昆布+混合節):1000cc
  仙台味噌:50gくらい

【作り方】
① だし汁を作る。鍋に水と昆布(20cmを2枚)を入れて2時間ほど置いてから弱火で沸かし、沸騰したら昆布を取り出し、混合節(かつお+いわし+さば)を大きく一つかみ入れて数分沸騰させて火を止める。これを漉して冷やしておく。
② きゅうりは薄い輪切りにして塩もみをして、塩を流して水気を搾り取っておく。青じそは細かな千切り、トマトは湯むきをしてから2cm角ぐらいに切っておく。乾しわかめは水で戻してから適当なサイズに切っておく。
③ 冷えただし汁に味噌を溶き加える。上に50gくらいと書いたが、味見をしながら少しずつ加えていったのであまり正確な量ではない。
④ 味噌で味付けしただし汁に②の具材と粗く摺った白ごまを入れて、冷蔵庫で冷やしておく。これを器に盛ったそうめんにかけて完成。

 仙台在住なので仙台味噌を使いましたが、土地土地で食べ慣れた味噌を使えばいいのではないかと思います。今日はわかめが多すぎた(きゅうり、トマトが少なかった)ように思います。

 次回は、具材を混ぜないでそれぞれをだし汁と一緒に冷やして別々に盛りつけてみようかな、と思っています(ただの見栄えの問題ですが)。

山の花:船形山(観音寺コース、2009年6月16日)

 仙台在住なので、宮城の山にはよく登ります。たいていは宮城県側の登山口から登るのですが、この日は山形県東根市の登山口から入山しました。


船形山09616-1
 ミヤマキスミレ。中腹の登山道脇に咲いていました。オオバキスミレと似ていますが、葉が三輪生のように見えたので。

船形山09616-2
 キバナノコマノツメ。頂上のお花畑に咲いていました。私にはクモマスミレやヤツガタケスミレと区別ができませんが、生育地からキバナノコマノツメと考えました。

船形山09616-3
 ミヤマカタバミ。中腹の原生林の中の登山道脇で。小さくて、純白で、「可憐」という言葉がよく似合う花です。

船形山09616-4
 サンカヨウ。登山口付近のじめじめした湿地状のところにたくさん生えていました。

船形山09616-5
 シラネアオイ。おなじみの花で、この花は低地から頂上近くまで見ることができます。我が家の庭にも大株のシラネアオイが毎年たくさんの花を咲かせます。山ではそんな大株を見たことがないのが不思議です。

船形山09616-6
 サラサドウダン。小さい花ですが、とてもおしゃれな花です。尾根筋にたくさんあります。

船形山09616-7
 ムラサキヤシオ。山のツツジの代表格で、よく見かけます。

船形山09616-8
 ミヤマシオガマ。船形山頂上に群生しています。タカネシオガマと花はそっくりですが、葉が人参の葉のようなのが特徴です。

船形山09616-9
 船形山頂上北側のお花畑。ここでミヤマシオガマとキバナノコマノツメの写真を撮りました。

春キャベツのリゾット(カレー風味)

                    2013年6月19日

 あるレストランのまかない料理としてテレビで紹介されていた料理ですが、最後の部分しか見ていないので、もしかしたら私の想像部分が多い作り方だと思います。
 テレビで確認できたのは、キャベツを煮たスープに冷やご飯を入れて、カレー粉を加えてかき混ぜ、4半分に切り分けたキャベツとリゾットを盛りつけたところだけです。つまり材料以外の味付けとしてはカレー粉しか情報がありません。
 リゾットと名前を付けてみましたが、残りご飯でつくる「おじや」です。

rice1-1.jpg

【材料(3.5人分)】
  ご飯……茶碗(夫婦茶碗の小)4杯分
  春キャベツ……小1個(340g)
  玉葱……1個
  トマト……中2個
  ベーコン(スライス)……70g
  チキンコンソメ(キューブ)……2個
  カレールー(粉末)……大さじ2杯
  ニンニク……1片
  赤唐辛子……2分の1本
  オリーブオイル……適量
  白ワイン……20ccくらい
  
【作り方】
① キャベツは大きすぎたので外から剥がして上記の量くらいにし、芯を取り、四半分にするように包丁を入れますが、下まで切り分けず、半割にしておく。玉葱は芯を取り、四半分になるように包丁を入れるが下部を切り分けず丸のままで使えるようにする。トマトはへたを取り、皮を湯むきしておく。ベーコンは2cm幅に切り分けておく。
② 鍋にオリーブオイルを入れ、半割にしたニンニク、荒くぶつ切りにした唐辛子を入れて弱火で炒める。ベーコンを炒め終える頃に白ワインを加えてアルコール分を飛ばす。
③ 鍋にキャベツ、玉葱を入れ、600ccほどの水、チキンブイヨンを加えて10分くらい煮ます。トマトまでは入りきらないので、煮えたキャベツと玉葱を引き上げ、同じスープで数分トマトに火を通します。
④ トマトを引き上げたスープからニンニク、唐辛子を取り出し、冷やご飯を加えます。ご飯が完全にばらけた頃にカレールーを加えてよくかき混ぜます。やや粗熱が取れたキャベツ、玉葱、トマトを切り分け、皿に盛りつけ、最後にリゾットを盛ります。

 チキンブイヨンとカレールーで味付けしたリゾットは十分においしく食べられました。ただし、リゾットの塩味がちょうど良かった分、キャベツや玉葱の味が薄くなりました。もう少し濃く味付けして、それを薄めたスープでリゾットを作ると良かったと思います。
 そういえば、塩をまったく使っていなくてベーコン、ブイヨン、カレールーだけの塩分だけでした。もう一つ、胡椒を使うことを完全に忘れていました。
 このようなリゾットは始めて作って見ましたが、「これなら定番ランチでいけるわね」と妻のご託宣がありました。  

家犬イオ:幼ない遊び2態

 1才になる前、こんな遊びをしていました。

hd4-1.jpg
 2000年12月1日、生後3ヶ月で我が家にやってきましたが、その冬は仙台には珍しく12月から大雪が続きました。我が家の裏はすぐ広瀬川で、雪の積む堤防での遊びです。
 堤防斜面2mほど下へイオを放り投げてみたら、雪をかき分けて夢中で登ってきます。雪がクッションになってまったく痛くないらしく、4mほど投げても大喜びで駆け上がってきます。何度もせがむので、だいぶ体力養成、足腰の鍛錬になっただろうと思います。
 まだ予防注射前だったので、公園デビューもできないのでこんな遊びをしていました。(2000/12/23)

hd4-2.jpg
 イオが昼寝中の私の顔を嘗めて起こしにかかっています。じつは私の胸の上に噛み付きおもちゃのコットンロープを持ってきて遊びに誘っているのです。(2001/7/30)

  hd4-3.jpg
 その頃、噛み付きロープを使ってこんなふうに遊ぶのがイオのブームだったのです。(2001/5/27)

山の花: 船形山(2007年6月23日)

 仙台市の北西に位置する船形山(1500.2m)は、泉ヶ岳、北泉ヶ岳、三峯山、蛇ヶ岳、後白髪山などからなる船形連峰の主峰で、宮城県と山形県の県境に聳えています。

船形山07623-0
 蛇ヶ岳山頂から望む船形山。 (2007/6/23 10:38)

船形山07623-1
 ガクウラジロヨウラク。 (2007/6/23 9:08)
 
船形山07623-2
 アカモノ。 (2007/6/23 10:04)
 
船形山07623-3
 ゴゼンタチバナ。 (2007/6/23 10:04)
 
船形山07623-4
 ヒナザクラ。 (2007/6/23 10:53)
 
船形山07623-5
 ミツバオウレン。 (2007/6/23 10:54)
 

船形山07623-6
 イワカガミ。 (2007/6/23 10:59)
 

チーズたっぷりスパゲッティ(玉葱、生ハム入り)

             (2013/6/14)

 妻はこのパスタ料理が好きなのですが、私としてはほんとにたまに食べればよいものです。おいしいのですが、濃厚で圧倒されてしまいます。それで味に変化を付けようと、玉葱と生ハムを加えたりします。
 チーズは、残り物や近所で手に入る安いチーズを使いますが、いちおうすべてナチュラルチーズのハード、セミハードタイプを使います。種類が多いほどいろんな味が相俟って(相殺して?)失敗がなくなるようです。ブルーチーズは好みで量を調整すればよいのですが、味が締まるので必ず入れるようにしています。
 109才になる義母は、104才くらいまで「チーズは臭い」と言って、まったく口にしませんでした。ところがあるとき突然に「チーズは昔から大好きだったんだよ」と言って食べるようになりました。どんな奇跡が起こったのか、娘である妻にも理解できない事態だったのですが、とにかく今はチーズが入った料理を何も言わずに食べます。この「チーズたっぷりスパゲッティ」もあっという間に食べてくれました。作る身にしてみれば、本当に感謝です。

pst8-1.jpg


【材料(4.5人分)】
  スパゲッティ(1.4mm)……380g
  玉葱……1個
  生ハム(スライス)……60g
  生クリーム……200cc
  牛乳……適量(濃度調整用)
  グリエールチーズ(スイス) ……40g
  チェダーチーズ(オーストラリア)……40g
  モッツァレラチーズ(ハードタイプ、オーストラリア) ……20g
  キャステロブルーチーズ(デンマーク)……15g
  パルメザンチーズ(アメリカ)……40g
  ニンニク……1片
  赤唐辛子……2分の1本
  オリーブオイル……適量
  白ワイン……少量
  塩……適量
  黒胡椒……適量


【作り方】
① 玉葱は半割にして、筋に垂直に半月切りにする。生ハムは味の変化を付けるためなので、1.5cm程度に小さく切って置く。チーズ類は早く溶けるように細かく切っておく。
② フライパンにオリーブオイル、玉葱を入れて中弱火でじっくり炒める。玉葱が飴色になったらクラッシャーで潰したニンニク、みじん切りの唐辛子を入れてさらに炒める。
③ 生ハムを入れてさらに炒めて、生ハムに火が通ったら白ワインを少量入れてアルコール分を飛ばし、生クリームとチーズを加える。
④ チーズが完全に溶けてから、生ハムやチーズの塩分を考えて慎重に塩、胡椒で味を調える。このとき、牛乳でソースの濃さを調整しても良い。
⑤ 1%塩のお湯で茹でたスパゲッティをフライパンに入れ、ソースを十分に絡める。これで完成なのですが、今日はチーズが多すぎてソースが濃すぎました。それでパスタを茹でたお湯をお玉3杯ほど加えなければなりませんでした。

 パスタは出来立てを食べるのは当たり前ですが、このチーズたっぷりの場合は冷め始めるとあっという間にチーズが固まりだすのでとくに早く食べる必要があります。
 今日はチーズが多すぎたと思います。3分に1くらいに減らせば、もう少しあっさり味になるでしょう(きっと妻が不満を口にするとは思いますが)。

家犬イオ:幼犬はこんなふうに寝る?

 2000年12月(生後3ヶ月)から2002年5月(1才8ヶ月)の間の寝相を集めて見ました。

hd3-1.jpg
 右端に写っているのはこたつで居眠りをしている私です。 (2000/12/28)

  hd3-2.jpg
 どこででもで寝てしまいます。こたつの敷物の端っこです。 (2001/1/31)

  hd3-3.jpg
 ここはイオ専用のタオルケットを敷いてある場所です。イオのために用意した場所で寝ることは滅多にありません。 (2001/5/10)

  hd3-4.jpg
  妻のこたつ座布団の上で。 (2001/11/18)

  hd3-7.jpg
義母の部屋の出入り口の襖の前で。義母が出入りできなくて叱られます。 (2001/11/23)

      hd3-6.jpg
     妻のこたつ用座布団でしたが、今はイオ専用です。 (2001/12/6)

hd3-5.jpg
 私がこたつの横で昼寝をしていたら、強引に入ってきてこの格好で寝ています。 (2001/12/8)

  hd3-8.jpg
寝ているわけではありません。ぐるぐるひっくり返っているだけです。 (2002/5/5)

「けんちん蕎麦」(2003/6/13)

 けんちん蕎麦は、私の好物なのでよく食べます。寒い時期にはふさわしいのですが、季節的にはそろそろおしまいです。たぶんこれが最後で、秋まで作らないだろうと思います。
 具の作り方は、基本的にはけんちん汁の作り方をなぞります。ただし、麺の具なので、具材のサイズはすべて小さめ(薄め)です。牛蒡は、総入れ歯の109才の義母が食べやすいように、さらに小さくささがきにしました。具の中で欠かせないのが里芋です。味もさることながら、他の具材と異なる柔らかな舌触りが格別です。その意味では蒟蒻も欠かせませんが。
 我が家の味付けでは、砂糖や味醂の量が一般的な使用量よりかなり少ないと思います。私があまり強い甘さを好きではないからです。
 乾麺の蕎麦はおいしくないのが普通(私にはと言うことです)ですが、今年になって「十割蕎麦」という乾麺を手に入れられるようになって少しはおいしく食べられるようになりました。もちろん蕎麦屋さんの蕎麦にはかなわないのですが、自分で蕎麦打ちするような地獄にははまりたくないのでこれで満足しています(なにしろ、遊びたいことが山ほどあるので)。

sb-1.jpg

【材料(3.5人分)】
  十割蕎麦(乾麺)……400g
  出汁……1250cc(昆布(20cm)2枚、混合節(鰹、鯖、むろあじ)1つかみ)
  豚細切れ……100g
  里芋……大2個(輪切りまたは半月切り)
  人参……2分の1本(輪切りまたは半月切り)
  大根……中太6cm(銀杏切り)
  牛蒡……3分の1本(ささがき)
  蒟蒻……2分の1枚(1.5×4cmくらいの短冊切り)
  長葱……3分の2本(斜め輪切り)
  おろし生姜……適量
  サラダ油……適量
  ごま油……適量
  醤油……大さじ6杯
  日本酒……大さじ3杯
  砂糖……小さじ1杯
  味醂……小さじ1杯
  塩……適量(二つまみくらい)
  細ネギ……2本(小口切り)

【作り方】
① 鍋(今日は深いフライパン)にサラダ油に少量のごま油を加えて入れ、まず豚肉とおろし生姜を入れて炒める。ある程度火が通ったら、火が通りにくい人参から順番に具材を入れて炒める。具材の量に応じて軽く塩をふる。
② 具材に火が通る程度に炒めたら(ここでごま油を加えても良いが、日本蕎麦なのでごま油の香りは強くない方が良いようです)日本酒を加えてアルコールが飛んだ時分に具材ひたひた程度になるように半量程度の出汁を加える。
③ 砂糖、味醂、塩、醤油と加えて、蕎麦つゆよりは濃い塩味で10分ほど煮る。
④ 濃い味で煮終えたら残りの出汁を加えて、醤油で蕎麦つゆにふさわしい塩味に調える。
⑤ 乾麺の蕎麦は、表記通り6分茹で2分蒸らす。そのあと、よく水洗いして、食べる直前に熱湯で暖めて盛りつけ、最後に細ネギを散らして食べます(写真は細ネギを散らす前のものです)。
 表記の茹で時間ではざるそばのように冷やして食べる場合はおいしいのですが、温かい蕎麦では柔らかすぎるようで、本日の反省点になりました。

庭の花: クレマチス、ポピー、ヒメサユリなど

 5月26日から6月7日の間に撮った庭の花です。

  mg3-2.jpg
 玄関脇のクレマチス。品種名は忘れました。たいがいの花は園芸種なので品種名があるのですが、どうも私は実物や写真で育ててみることを決めてしまうと品種名に関心がなくなるようです。このようなブログを始めてから、少し困っています。

mg3-1.jpg
 大鉢に3本植えのニオイバンマツリです。例年であれば門の脇に飾るのですが、高さ2mほどもあってしかも重いので、今年は冬越しした2階の温室に起きっぱなしです。おかげで、温室はこの花の香りでいっぱいです。

  mg3-3.jpg
 オニゲシは毎年よく咲いてくれますが、109才の義母はこの花をとても嫌います。花の中の黒い蘂の部分が気持ち悪いと言います。そう言われればそうなんだけど……。

mg3-4.jpg
 ポピーいろいろ。昨秋、種をまいて育てたのですが、みんな一重のはずが八重咲きも混じっていました。まだ咲いていない株もたくさんあるので、どれだけバラエティがあるのか楽しみにしています。

mg3-5.jpg
 ジギタリス3種。ジギタリスも花弁の濃色の点々が気になりますが、まぁ、これくらいなら義母も勘弁してくれるでしょう。

mg3-6.jpg
 何の手入れもなしに毎年たくさんの花を長い間見せてくれるマツバギク。10数年前に苗を購入したときには、仙台の寒さで冬越しは無理なんではないかと心配したのでしたが、まったく問題なしでした。

mg3-7.jpg
ヒメサユリ(オトメユリ)とミヤコワスレ。今年のヒメサユリは1本だけ、消えてしまいそうです。

ボンゴレ・ビアンコ(キャベツ入り) (2013/6/12)

 ここ最近、アサリを晩酌用の酒蒸しと朝餉の味噌汁の具にばかり使っていたので、たまにはパスタに、ということでランチ・ヌードルとしてボンゴレ・ビアンコを作ってみました。
 家庭用のランチということで、アサリだけでは栄養的にどうかと思ってキャベツを加えることにしました。何かを加えるとしてもキャベツ1種類くらいが限度だろうと考えました。シンプルなおいしさを壊さないようにするのが1番ということです。キャベツを少なめにしたせいか、まったく問題なくボンゴレ・ビアンコとしていただけました。

pst7-1.jpg

【材料(3.5人分)】
  スパゲッティ(1.4mm)……310g
  アサリ……40個くらい
  キャベツ……大きな葉2枚分くらい
  白ワイン……150cc
  オリーブオイル……適量
  イタリアンパセリ……適量(刻んで大さじ2杯くらい)
  ニンニク……1片
  赤唐辛子……2分の1本
  塩……適量
  黒胡椒……適量
  パルメザンチーズ……適量

【パスタを作る】
① 手鍋にクラッシャーで潰したニンニク、みじん切りの赤唐辛子、オリーブオイルを入れて弱火で香りを出す。フライパンでやるのが一般的らしいですが、我が家のフライパンはあまりきちんと蓋ができないので手鍋で作っています。
② イタリアンパセリのみじん切り半量とアサリ、白ワイン、適量の塩を入れ、蓋をしてアサリの殻が開くまで中火で煮る。
③ 貝が開いたら暖めていたフライパンにアサリと煮汁ソースを移す。
④ キャベツは2×5cm位の目安で切って、茹で時間3分くらいでスパゲッティと一緒に茹でる。1%塩のお湯で茹でたスパゲッティ(今日の1.4mmの標準茹で時間は5分と表記されていたので4分30秒のゆで時間とした)とキャベツをフライパンに入れ、ソースを十分に絡める。水分の量はお決まり通り、パスタを茹でたお湯で調整しますが、できれば白ワインだけでぴったりだと理想的。今日は手鍋からフライパンに移したとき、もったいないと思って少量の湯で鍋をゆすって加えたので、少しソースの汁分が多めでした。
⑤ 塩、黒胡椒で味を調整し、火を止めてパルメザンチーズを入れて全体に絡める。仕上げにEXVオリーブオイルを振りかける。皿に盛りつけて、みじん切りのイタリアンパスタを振りかけて完成です。
プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR