FC2ブログ

コトラのネコ語文法は命令形だけ?

 「ネコ語文法、「命令形」のみ? 言語学者が研究」というニュース記事が『虚構新聞』というWEBサイトに掲載されています。
 木天蓼大学動物言語学部の小川判教授がネコを飼っている家庭300世帯の協力を得て、ネコの鳴き声を6カ月間にわたって収集して、AI(人工知能)を使って解析したところ、「(エサを)持ってこい」、「(ブラシを)かけろ」など明確な命令形の文法構造が確認できたものの、それ以外では確かな文法構造は確認できず、多くの飼い主が「ありがとう」と解釈している鳴き声は実際には何も感謝していなかった。そんな内容の記事です。
 もちろん、冗談です。『虚構新聞』は、ありそうで実際には存在しない出来事を新聞記事の形で掲載しているサイトで、時にはパロディが効いた記事もあって、いつも楽しみに読んでいます。

 記事は冗談ですが、現在のコトラには少し当てはまります。

(A) 家猫化途上のコトラは、自分が撫でてもらいたい時しか撫でさせません。それも必ず決まった場所だけで撫でさせます。
 撫でてもらいたくなると、鳴きながらパソコンの椅子と回収用の新聞、雑誌類のあいだの狭い場所まで行ってゴロンと横になります。すぐに撫で始めないと写真のように振り返って「ワーオー」(早くして!)と大声を出します。

20200117_110840.jpg


(B) コトラの食事は、朝7時と夕7時と決めていたのですが、時間前から「ゴーハーン、ゴーハーン」(そう、聞こえます)と命令形で騒ぐのに負けてしまって、今では6時前後の食事なっています。
 コトラの食事が終わって1時間ほどで人間の食事が始まります。そのとき、人間が発する「ごはん」という言葉を聞き逃しません。すぐに「ゴーハーン、ゴーハーン」と鳴き始めて分け前をねだります。人間の膝に手をかけたり、時には膝に飛び乗ったりして要求しますが、その時でも撫でさせたり抱かせたりはしません。


20200116_090918.jpg

20200116_090920.jpg

DSC_5396.jpg




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)








スポンサーサイト



コトラの垂直降下法!

 コトラは、家の中で一日中暮らすようになりました。家の中では家具を使って動き回っていますが、やはり外が恋しいらしく、家具の上からガラス越しに庭を眺めています。
 大きなガラス戸の前に資源回収用の紙を整理しておく小さな棚があり、それに飛び乗って庭を眺め、さらにその後ろの高い書架に飛び移って庭を見下ろしています。その棚や書架に楽に移動できるようにと息子がキャットタワーを作りましたが、いまだに一度も利用してもらえません。


DSC_5326.jpg

DSC_5327.jpg


 背の高い書架からは静かに降りてくる様子はいつもカーテンの陰になって見えませんでしたが、やっとその方法が分かりました。
 ガラスと書架の間に逆さに入り込み、肩のあたりをガラスに、四肢を書架に押し付けて滑り落ちないようにして、ゆっくりと降りるのです。最後に床にトンと降りる小さな音がするだけでした。ときどきは書架から小さな棚に飛び降りることもありますが、静かに垂直に下るこの方法がお気に入りのようです。


DSC_5329.jpg

DSC_5330.jpg

DSC_5332.jpg

DSC_5333.jpg

DSC_5334.jpg




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)






コトラのベッド探し?

 初めて姿を見せてから1カ月過ぎました。コトラはどうやらわが家に落ち着きそうです。ほとんどの時間をわが家で過ごすようになったので、出入り口を閉めてみても、とくにパニックになる様子もないので、トイレのしつけをしました。
 家の中での初めてのオシッコは、午前3時半ころ、私の布団のすそで強行しました。妻と二人でその後始末をしている間に、妻の布団の上に立派なウンチをしました。そのオシッコとウンチの匂いをトイレに移したら、その後は毎回きちんとトイレにするようになりました。

 段ボールベッドから始まったコトラの寝場所は、いろんな所に変わっていきました。段ボールベッドに飽きたら居間の絨毯に寝っ転がります。


19-11-17-a.jpg
   (2019年11月17日 22:09)

19-12-02-a.jpg
   (2019年12月2日 9:15)


 動物病院に連れて行かなくては……そんな思いでキャリーケースを買ってきたら、すっかり気にいったようです。

19-11-22-b.jpg
   (2019年11月22日 21:22)


 キャリーケースを買った翌日、仙台は急に冷え込みました。キャリーケースでは寒かろうと、慌ててふかふかのキャットハウスを買ってきました。すぐに入ったのですが、二度ほど出入りをしたらそれっきり入らなくなりました。

19-11-23-c.jpg
   (2019年11月23日 21:22)


 そのころ、とてもお気に入りの場所がありました。居間の隅に置かれた椅子の下です。ストーブの温風が直接当たる場所の椅子を隅に移動して本を読んだりする所です。そのすぐ横に棚があって、妻の細々としたものが入れてあります。椅子のすぐ横の最下段の棚を空けたら、そこにはまり込んで寝るようになりました。


19-11-27-d.jpg
   (2019年11月27日 20:26)

19-12-11-1-d.jpg

19-12-11-2-d.jpg
   (2019年12月11日 19:16)


 棚下の狭い空間の次に好んでいるのは、居間の座卓に置かれた座椅子です。息子が座っている場所ですが、使わない時には座卓に押し込んでいて、その状態の座椅子がとても居心地がよさそうです。適当に隠れているうえに周囲の様子がよくわかる場所です。最近、コトラに遠慮して息子がこの座椅子に座る時間は半減しました。

19-11-29-e.jpg
   (2019年11月29日 13:55)


 椅子の下ばかりではなく、椅子の上にもかなり長い時間います。夜には椅子の上をベッドにして眠っていることもあります。はじめは私の椅子にばかり乗っていたのですが、最近は別の椅子も利用するようになりました。

19-11-29-1-f.jpg
   (2019年11月29日 17:42)

19-12-02-1-f.jpg
   (2019年12月2日 13:24)


 初日に入ったきり見向きもしなくなったキャットハウスでしたが、猫は段ボールが好き……そんなことを信じてキャットハウスを丸ごと段ボールに入れたら、ときどき入って寝るようになりました。とはいえ、まだ気まぐれに入ってみる程度です。

19-12-13-g.jpg
   (2019年12月13日 16:28)




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)



 





コトラがやって来た――家猫化プロジェクトふたたび?

 10日ほど前の昼過ぎ、スズメたちのために濡れ縁に置いていたパン屑を食べている小柄な猫がいました。初めて見るキジシロの若い猫です。生後7~8ヶ月くらいの牡です。
 昨年の「家猫化プロジェクト」のカショーが残していたキャットフードをパン屑の脇に置くと、すぐにやってきて猛烈な勢いで食べ始めました。
 細い体つきのノラのようで、どうやらカショーで失敗した家猫化プロジェクトがふたたび始まりそうです。



11月12日


 濡れ縁のキャットフードを食べ終えたので、ガラス戸を少し開けて部屋の中に餌入れを移して新しくフードを入れておくと、そろそろと入ってきて、やはり夢中になって食べています。空になった器を舐めまわしながら押してだんだん近づいてきます。
 食べ終えると、たぶんもう少し食べたいらしく小声ながらずいぶんおしゃべりをします。近づくとあっという間に逃げ出すのですが、カリカリを一粒置くとまた近寄ってきて食べます。
 そんなふうにして家の中で過ごしていましたが、夜には濡れ縁に準備した段ボールのベッドに入って一晩過ごしたようです。

19-11-12-1.jpg

19-11-12-2.jpg

19-11-12-3.jpg



11月13日


 2日目からはガラス戸の隙間から入ってきて、二人の人間に挟まれても平気で食事をしています。人間がちょっと動くとすぐに外に飛び出しますが、庭に出るだけですぐに戻ってきてまた食べ始めます。
 食べ終えると部屋の中でそのままうとうとしたり、キャットフードの入った袋に頭を突っ込んでいたずらしたりして過ごしていました。
 小さな段ボールでベッドを作ってやるとすぐに入って寝るようになりました。夕食後は、部屋のベッドと濡れ縁のベッドの両方を使って一晩過ごしました。

19-11-13-1.jpg

19-11-13-2.jpg

19-11-13-3.jpg

19-11-13-4.jpg

19-11-13-5.jpg



11月14日


 3日目も家の中の段ボールベッドでぐっすり寝ています。人間が不用意に音を出すと逃げ出すのですが、たいていは1分もしないで戻ってきます。

19-11-14-1.jpg


strong>
11月15日

 4日目には、少しだけなら体を撫でさせてくれるようになりました。
 名前を決めようということになりました。カショーはだんだん体が大きくなり堂々としたチャトラになりそうな予感がしましたが、このキジシロ君は小顔のちびちゃんなのでコトラ(小虎)ということになりました。みんなで「コト」と呼ぶことにしました。

19-11-15-1.jpg


trong>
11月16日

 テレビで『岩合光昭の世界ネコ歩き』の録画を見ていたら、画面の猫の姿に惹かれてテレビにへばりついて見ています。5分ほどでベッドに戻り、横になったままちらちらとテレビを眺めています。

19-11-16-1.jpg

19-11-16-2.jpg



11月17日


 日中、日差しの暖かな時間には濡れ縁のベッドで数時間寝ています。花の鉢を並べた台の下の空間にも休憩所を設けているようですが、いずれにしてもわが家の敷地内で一日中過ごすようになりました。
 みんなで「コト」となんども呼んでみますが、まだまったく反応しません。

19-11-17-1.jpg




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)
















プロフィール

小野寺秀也

Author:小野寺秀也
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR