家犬イオ:イオは逝きました(2018/1/4)


 2018年1月4日2時40分、イオは逝ってしまいました。
 生前、気にかけていただいたみなさまに感謝しつつ、お知らせいたします。

DSC_6630_20180104034205f88.jpg



以下は、生前の最後の写真です。

DSC_6697.jpg

DSC_6780.jpg

DSC_6788.jpg

DSC_6790.jpg

 17年4か月と3日の生でした。
 長い間、かわいがってくださったみなさまにイオになり代わってお礼申し上げます。




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺


スポンサーサイト

家犬イオ:不調です! (2017/12/13)


 一昨日(10日)の朝、朝食後におやつスティックを食べていたら、喉に引っかかったらしく強く咳きこみました。その後も、ゼイゼイが続いたので昨日(11日)動物病院に行ってきました。
 レントゲンでは喉に何か影が見えるということで、午後から麻酔をして検査してもらいました。その結果、異物はが詰まっているのではなくて、軟口蓋が肥大しているということでした。炎症を抑える抗菌剤を一週間分頂き、一日がかりの病院から帰ってきました。
 点滴だけの診察日の翌日、たくさん水を飲み、少しだけ食事をしてずっと寝ています。ゼイゼイ音は、だいぶ小さくなりましたが、まだ続いています。

DSC_6628.jpg

DSC_6629.jpg

DSC_6630.jpg
ずっとこの姿勢で寝ています。上にかけているのは私の運動着で、私の匂いがいいのでは、と妻の薦めです。(2017/12/13 16:40)




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺


家犬イオ:「ぐずり鳴き」対策? (2017/11/16~21)


 歩けなくなったイオは、「ぐずり鳴き」でいろいろ要求を伝えます。それぞれどんなことをしてもらいたいのか、あまりよくわからないのですが、(1)喉が渇いた、(2)オシッコ(ウンチ)がしたい、(3)お腹が空いたということは、その時間ということもあってわかります。
 しかし、その3つが満たされても「ぐずり鳴き」が続くことがあります。上の3つのほかに「遊びたい」または「寝ているのに飽きた」というのがありそうです。
 そこでいろいろ「ぐずり鳴き」に応えてやってみています。


DSC_6417.jpg

DSC_6419.jpg
私の布団では比較的落ち着いて寝ていることがあるので、義母のベッド脇で寝ている妻の布団に入れてみました。入れたときはおとなしくじっとしていましたが、私がそこを離れそうになるともぞもぞと動き出しました。3分も持ちませんでした。(2017/11/16 7:43)


DSC_6422.jpg

DSC_6421.jpg
こんなふうに抱いてしまえば、おとなしくなるのですが、いくらイオが気持ちよさそうな顔をしても、これでは何もできなくて困ります。(2017/11/16 14:12)


DSC_6497.jpg

DSC_6501.jpg
妻が抱き枕をしつらえました。うまくおさまって気持ちよさそうですが、この後すぐに鳴きだしました。それっきりもう見向きもしません。(2017/11/21 10:55)


DSC_6506.jpg
私一人だけの遅い夕食時に鳴きだしたので、抱いたまま食事をしました。首を上げているのが難しくなってこんな姿勢ですが、じっとおとなしくしています。もう私の腕が持ちそうにありません。(2017/11/21 22:46)

 うまい「ぐずり鳴き」対策はまだ見つからず、抱いたり、すかしたり、なだめたりとイオとの濃密な時間が続きますが、けっこう大変です。まだまだ工夫が足りないようです。




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺

家犬イオ:夜鳴き(?)のあとで! (2017/11/11)


 イオの足の衰えはますます進んで、この頃は部屋のなかを4,5メートル歩くのがせいぜいになりました。
 排泄の間隔も短くなって、朝晩の外出だけでは間に合わなくなりました。夜中の2時、3時にもイオを抱えて出かけています。
 今朝も2時半ごろ、イオに要求されて広瀬川の堤防に出て、オシッコとウンチをすませました。家に戻って水をたっぷり飲んだので、落ち着いて眠ってくれるだろうと休ませたのですが、しきりに鳴いて騒ぎます。抱き上げたり、歩かせたりしてもいっこうに落ち着きません。
 私も眠いので、私の布団に一緒に入ったらなんとかおとなしくなって眠りました。年老いてからのイオは、ゆっくり一人で寝るのがよくなったらしく、私の布団に入らなくなっていたのです。一緒に寝るのは5年ぶりくらいです。

 ちなみに、ここ10年ほど私は居間で寝ています。以前、義母がベッドから転げ落ちたり、知らない間に大腿骨を骨折したりすることがあって、妻が義母の部屋で一緒に寝るようになりました。義母の部屋は居間の隣で、妻の声が届く範囲に私がいる方がよいということになって、居間が私の寝所になりました。それで、イオのベッドは私の枕元ということになりました。


DSC_6389.jpg
私の布団で寝ているイオを残して散歩に出かけ、1時間ほどで帰ってくるとまったく同じ姿勢でぐっすりと寝ています。イオも朝食の時間ですが、そのまま寝かせていました。 (2017/11/11 7:00)


DSC_6390.jpg
10時を過ぎても目を覚まさないので、強引に起こして朝食を食べさせました。朝食後、自分のベッドでくつろいでいるイオです。 (2017/11/11 10:50)


DSC_6393.jpg
これは翌日の写真です。昨夜と同じく「夜鳴き」のあと、私の布団で寝たのですが、私が散歩に出かけるときに目を覚まして、布団の中央に移動してからまた寝始めたところです。もともと、私と一緒に寝ていたころも、私がいない私の布団がいちばんという感じはありました。今でもそうなのか判然としませんが、ボスの場所を占有する快感というのがあったようです。 (2017/11/12 6:03)




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺

家犬イオ:抱かれるのはイヤッ! (2017/9/14)


 お兄ちゃんが居間に入ってくると、寝ているイオを挨拶代わりに抱き上げます。
 もともとイオは抱かれるのが嫌いなうえに、寝ているのを邪魔されるので心中穏やかではありません。


DSC_5127_01.jpg

DSC_5128.jpg
抱きかかえられて、むかむかしているところですが、すこしカメラも気にしています。


DSC_5129_01.jpg

DSC_5130_01.jpg
「ヤメテーッ!」 反撃開始です。一番効果的な顔を狙いますが、届きません。


DSC_5131_01.jpg
「ダメダッタ。」 ちょっと疲れましたが、諦めたわけではありません。


DSC_5132_01.jpg
「キターッ!」 油断して出てきた腕にかみつき成功です。でも、甘噛みで傷はつきません。

 一匹と一人の日課になっている遊びです。




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺


プロフィール

小野寺秀也

Author:小野寺秀也
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR