家犬イオ:抱かれるのはイヤッ! (2017/9/14)


 お兄ちゃんが居間に入ってくると、寝ているイオを挨拶代わりに抱き上げます。
 もともとイオは抱かれるのが嫌いなうえに、寝ているのを邪魔されるので心中穏やかではありません。


DSC_5127_01.jpg

DSC_5128.jpg
抱きかかえられて、むかむかしているところですが、すこしカメラも気にしています。


DSC_5129_01.jpg

DSC_5130_01.jpg
「ヤメテーッ!」 反撃開始です。一番効果的な顔を狙いますが、届きません。


DSC_5131_01.jpg
「ダメダッタ。」 ちょっと疲れましたが、諦めたわけではありません。


DSC_5132_01.jpg
「キターッ!」 油断して出てきた腕にかみつき成功です。でも、甘噛みで傷はつきません。

 一匹と一人の日課になっている遊びです。




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺


スポンサーサイト

家犬イオ:ヘビイヌですか?!(2017/7/27)


 「おとうちゃん。カメラ! カメラ!」
 妻が大きな妻をあげました。イオが扇風機に巻きついています。一瞬、安珍が隠れる鐘に巻き付く蛇に化身した清姫を真似してるのかと、道成寺の伝説を思い出しました。わが家の老姫は一体何をしたいんだろう。
 急いでカメラを取り上げてるうちに、妻の大声で驚いたイオは巻き付いた体をまっすぐに戻してしまいました。

 タイミングを外してがっかりしていると、もぞもぞと上体を動かして壁と扇風機の間に首を入れ始めました。さっきほど体全体が丸まってはいないけれども、それらしい格好になりました。


DSC_4430_01.jpg

DSC_4429.jpg

DSC_4431_01.jpg

 部屋を歩き回っていて、扇風機のところでヘタってしまったのでしょう。扇風機の下の台にお腹をのっけたまま、何とか立ち上がろうと扇風機と壁の間に首を突っ込んで半立ちの状態のまま身動きできなくなっていたということでした。
 肢の弱ったイオは、まっすぐにすっと立ち上がることができなくて、体をよじりながら立ち上がります。その時、たいてい頭を右方向に曲げるように体をよじります。
 立ち上がろうとした場所がたまたま扇風機の横だったというわけです。




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺

家犬イオ:もう大丈夫!(2017/7/7)


 朝5時22分、玄関でイオににハーネスを装着しているとき、突然体を硬直させて10回ほど立て続けに吠えて動かなくなってしまいました。失禁もしていて、オムツから少し漏れ出して絨毯が濡れています。寝ていたはずの妻も起きだしてきて、二階からは息子が駆け下りてきました。
 吠え出したときほぼ全身を抱きかかえていたのですが、静かになった後にそのまま抱き上げて彼女のベッドに移しました。眼を開けたままぐったりとして身動きもせず、呼吸もとても静かなになっていました。
 数年前にも2回ほど癲癇のような発作が起きたことがありました。獣医さんに処方していただいた薬をちょっとの期間飲んでいたのですが、最近はまったくその症状は出ず、薬もずっと飲んでいませんでした。
 前の発作と比べれば、今朝の発作はあっという間に終わったのですが、間もなく17歳という年齢だけに側を離れることができませんでした。
 呼びかけてもまったく無反応でしたが、30分ほど経つと少しずつ反応するようになりました。妻や息子の呼びかけにもかなり反応するので、飲み水の容器を前に置いて抱きかかえてやると、自力で飲みだしたのでやっと一息つけました。
 少し安心して側を離れると、自分で立ち上がり、あいさつ回りよろしくぐるぐる歩き出したので、もう一度ハーネスを着けなおして散歩に出かけました。いつものようにオシッコとウンチをして戻り、朝食に二口ほど口をつけてから、自分のベッドに横たわって休みました。
 写真は、散歩から戻って休んでいるときのものです。

DSC_4265.jpg

DSC_4266.jpg




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺



街犬イオ:このごろ散歩(2017/4/21, 23)


 この頃の散歩は、家から広瀬川堤防に出て、堤防を歩いてそのまま戻ってくる時と、町内に入って一回りするときとありますが、距離的にはあまり変わりません。
 堤防では草むらに鼻を突っ込んでなかなか前に進みませんが、住宅地に入るとわき目もせずに一心に自宅に帰ってきます。まあ、一心に歩くと言ってもゆっくりゆっくりではありますが………。


DSC_256.jpg

DSC_0257.jpg
広瀬川の堤防に出るとすぐに草むらに鼻を突っ込んでいきます。向こうは堤防の斜面なので、私が手を離せば転がり落ちてしまうのですが、どんどん進むので支えているはずの私が転がりそうになることもあります。(2017/4/21 5:47)


DSC_0261.jpg
坂の途中でひと休み。ほんとうは、支えなしで立っている姿を撮りたくて持ち手を放したのですが、すかさず腰を落とされてしまいました。(2017/4/21 5:58)


DSC_0263.jpg
なぜか舌なめずり。草むらの中になにかあったのでしょうか。朝の散歩も夕方の散歩もまったく同じコースです。(2017/4/21 16:50)


DSC_0269.jpg
ハーネスで支えて歩く私には、イオはいつもこんなふうにしか見えません。(2017/4/21 16:56)


DSC_0272.jpg
また草むらに入ろうとしますが、この時はマウント状の草の上にまたがって休憩しようとしていたようです。いつものようには前に進もうとしません。(2017/4/23 6:01)


DSC_0275.jpg
シバザクラが咲いています。もちろん、イオは興味がありません。(2017/4/23 6:02)




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺


イオのいない散歩:川内キャンパスあたり(2017/4/14)


 イオとの散歩のあとイオの朝食の用意を終えて家を出るとき、いつもは私を追いかけようとして居間のドアの前までやってくるのですが、今日は見向きもしないで朝食を食べていました。追いかけてくる姿を写真に撮ろうとガラス戸の前で待っていましたが、見事に空振りでした。


DSC_2513.jpg
東北大学川内キャンパスのなかの「三太郎の小径」と名付けられた道です。仙台城三の丸跡の沢沿いの道です。(2017/4/14 6:11)


DSC_2517.jpg
「三太郎の小径」から川内萩ホール前に出ました。道沿いに椿が植えられています。(2017/4/14 6:18)


DSC_2522.jpg
川内萩ホール前の庭で。(2017/4/14 6:22)


DSC_2525.jpg

DSC_2526.jpg

DSC_2528.jpg
仙台城大手門跡脇櫓を三方から。(2017/4/14 6:25、26、28)


DSC_2530.jpg

DSC_2533.jpg

DSC_2535.jpg
広瀬川沿いの「桜の小径」で。(2017/4/14 6:37、39、41)


DSC_2538.jpg

DSC_2539.jpg
留守番をしていたイオ。ご機嫌斜めです。(2017/4/14 6:48)




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺

プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR