113歳の日々:痰の吸引は辛いのです!


 わが家の113歳の最大の難題は、誤嚥性肺炎です。昨年は4回、今年の1月に1回、誤嚥性肺炎で救急入院しました。どの入院も経過が良くて、1週間ほどで退院できました。
 訪問医の先生の判断で救急車で入院ということになるのですが、どのときもほんの初期の段階で入院の指示が出るので、いつも軽くすんでいます。とはいえ、たった一週間でも妻も私もかなり疲れてしまいます。妻は病院で付きっ切り、私は家事をしながらの病院通い(主な仕事は妻の三食を運ぶこと)ということになります。

 昨年夏ごろから、誤嚥性肺炎の予防策の一つとして自宅で痰の吸引を行うことになりました。器械はレンタルです。使い方は、訪問看護士さんが指導してくださったのですが、看護士さんがやって来たとき、すかさず「この人がやります」と妻が宣言した瞬間から、痰の吸引は私だけの仕事になってしまいました。

DSC_4350.jpg

 吸引は、カテーテルを差し込んで行うのですが、左右の鼻の孔と口から差し込みます。カテーテルの太さは3.3mm、4mm、5mmの3種類です。今は4mmを使っています。

 肺炎予防、入院させないために私たちは必至ですが、本人は吸引をとても嫌がります。カテーテルも太い方が効率がいいのですが、ちょっと気の毒なのでまんなかのサイズを使っています。
 吸引を始めたころ、113歳は「やめてー、やめてください!」と叫んでいましたが、一週間ほど経つと「ヤメロー! コラッ、ヤメロー!」と怒鳴るようになりました。
 ときどきは、「ヒトゴロシー!、コロサレルー!」とわめきます。「イタイ!」とか「イヤダ!」という日もあって、反応はいろいろですが、さんざん喚きちらしたあと、「ありがとう」ということもあります。

 昨夜の吸引時のセリフは「コロサレルー!」でしたが、吸引が終わって器械を片付けているときに大きな声ではっきりと
「助けてください。」
「もうやめてください。」
「どうか、殺さないでください!」
と、丁寧に頼まれてしまいました。
 妻も私も「はい、はい。」と大きな声で返事しましたが、今晩も「ヒトゴロシ」をするのです。

 毎日の吸引のせいかどうかはわかりませんが、1月の入院のあとはずっと快調に過ごしています。



   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お義母さまが長寿でおられる背景に
たくさんの愛燦燦がつまれていること、
あらためて感服してしまいました
カタチは色々ですが
お義母さまの言葉に元気さが見える安心も・・
なによりずっと快調に過ごされていることを
本当にうれしく思います

Re: No title

> お義母さまが長寿でおられる背景に
> たくさんの愛燦燦がつまれていること、
> あらためて感服してしまいました
> カタチは色々ですが
> お義母さまの言葉に元気さが見える安心も・・
> なによりずっと快調に過ごされていることを
> 本当にうれしく思います

ありがとうございます。
正直に言えば、介護は妻にとってそれなりに大変なのだと思います。
それでも義母の言葉の助けられたりしながら何とかやっています。
深刻にならないように手伝うのも私の役割だと思っています。
プロフィール

hdyondr

Author:hdyondr
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR