FC2ブログ

「115歳の日々」:母の日です! (2019/5/12)


 義母・松下しんには3人の娘がいます。長女は近江八幡、次女は岡山、同居する三女は仙台で暮らしています。
 母の日に、遠く離れた長女と次女からお祝いが届きました。長女からはカーネーションの花束とカード、次女からは手紙とメロンが届きました。
 花束をしげしげと眺めカードを読み、少し遅れて届いた手紙を読んでメロンに取りかかりました。

DSC_2835.jpg

DSC_2837.jpg

DSC_2925.jpg

DSC_2923.jpg

DSC_2926.jpg

DSC_2927.jpg

DSC_2930.jpg




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺











スポンサーサイト

「115歳の日々」:わが家の風呂はいかが? (2019/5/7)


 入院中はずっと看護士さんに清拭をしてもらっていましたが、今日は退院後初の入浴日です。ヘルパーさんと妻が二人がかりでお風呂に入れます。いつもは、火曜日にヘルパーさんと妻が、金曜日には二人のヘルパーさんが入浴介護をします。
 車椅子を押して風呂場に向かう妻が、「写真を撮って!」と怒鳴って通り過ぎました。

 カメラを持って風呂場に行くと、車椅子から浴室に移された義母が浴槽に手を伸ばして早く入りたいと意思表示をしていました。お風呂が好きな義母ですが、104歳のときに大腿骨骨折で手術したときには仰向けのままで入浴する病院の装置が気に入らず、断固として拒否していたことがあります。周りで何人かの看護士さんが立ち会っているのも嫌だったようです。

 わが家では、椅子に座った義母に大きなタオルを巻きつけて全身に静かに湯をかけてから、二人で抱えて浴槽に入ります。しばらくまったりと浸かってから、そのまま浴槽に座ったままで体を洗ってもらいます。

 
DSC_2826.jpg

DSC_2827.jpg

DSC_2828.jpg

DSC_2832.jpg


 入浴後はおやつタイムなので、どちらかといえばそちらの方がもっと楽しみ(好き)なようです。




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺





 

「115歳の日々」:退院しました! (2019/4/30)


 4月14日に誤嚥性肺炎で救急搬送されて入院していた義母が17日間の病院生活を終えて、無事退院しました。2年前は誤嚥性肺炎で立て続けに入院したのですが、いずれも1週間か10日くらいで退院できていました。それ以来順調に過ごしていたので少し油断があったかもしれません。以前の肺炎より状態が悪いという診断で、入院が思ったより長引きました。
 世間で流行っているらしい言葉で言えば、義母は「平成最後の」日々を病院で過ごしました。これで義母は、明治、大正、昭和、平成、令和を生きることになります。
 
20190415_153857.jpg

20190415_153917.jpg

 入院3日目の写真です。ずっと点滴だけなので、口から食べ物を摂取していません。
 「おばあちゃん!」と呼び掛けて頬をさすると、大きな口を開けて食べ物の催促です。
 付き添いをしている妻に毎日食事を運んでいる私に、この日は「何しに来たの?」というのが最初の挨拶でした。
 10日目のときの最初の一言は「ご飯食べたの?」でした。食欲は終始一貫して完璧です。

 入院4日目に、いつも自宅に来ていただいてる訪問看護士さんが義母と妻を描いた色紙をお見舞いに持ってきてくれました。描かれた義母を指して「これは誰?」と聞いたら、「わりと年いってる人だね」という感想で、脇に書かれていた義母の名前を指さして教えたら、照れ笑いでニコニコしていました。

 退院の日の朝、ベッドから車椅子に移して上着を着せていると、いつものように「ありがとう」という挨拶でした。その後は、退院手続きや荷物の積み込み、車椅子の義母を私の車に乗せることなどに夢中になってしまい、せっかく持参したカメラはずっとバッグの中に入ったままで、嬉しい日の様子を撮ることをすっかり忘れてしまいました。




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺








 

「115歳の日々」:やっと終わったぁ! (2019/4/12)


 「やっと終わったぁ!」
 朝食の席で、妻がほっとしたように呟いたのは、義母の誕生祝へのお礼状のことです。
 「24通、書いたのよ。」
 花ばかりではなく、いろんな種類の食べ物をいただきました。義母はほんの少し、残りは私たちがお相伴します。中にはワインもあって、誕生祝かどうかわからないまま私がすっかりといただきました。

 お礼状には、お祝いにいただいた花と一緒に写した義母の写真を添えます。瞼がすっかり緩んでしまっているので、テープで補正しています(これをわが家では「プチ整形」と呼んでいます)。
 今は入れ歯もいれていません。歯茎がすっかり痩せてしまって、何度も歯医者さんにお出でいただいて入れ歯を直してもらっているのですが、どうにも落ち着かないので、今では入れ歯なしで食事をしています。今まで通りの食事を用意して、義母がそれを見てから、歯で噛まなくても食べられるギリギリのサイズに小さく切って食べてもらっています。このやり方で、入れ歯がしているたときと変わらない量を食べています。


DSC_2646_01.jpg

DSC_2650.jpg

DSC_2651_201904121224267e1.jpg




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺





今日から「115歳の日々」が始まります(2019/3/30)


 今日、義母は無事に誕生日を迎えることができました。
春の雪の降る3月30日に、115歳になりました。


DSC_2641_01.jpg
朝食のためベッドから起きたときは口パクだけの「おはよう」でしたが、車椅子に座ってから窓の外を眺めて「雪が降ってるんだねぇ」とか「きれいだこと、あの椿」などとおしゃべりです。


 夕食のとき、誕生日のお祝いをしました。


DSC_2625.jpg
ベッドから部屋の中の簡易トイレに移ります。そこから居間のテーブルの上の誕生日祝いの生花が見えます。先ほど知人が届けてくれたものです。それを指さして「おお!」と歓声を上げて、だいぶご機嫌の様子です。


DSC_2626.jpg
花をしげしげと眺めています。濃紅色の薔薇を「ビロードだねぇ」と感心しています。


DSC_2633.jpg
オルゴール付きのお祝いカードの「Happy Birthday」を聞いて、妻に誘われて拍手です。


DSC_2638.jpg
乾杯。私たちは白ワイン、義母はリンゴジュースです。ありがたいことに、定期的にリンゴジュースを贈ってくれる方がいて、わが家にリンゴジュースが切れることはありません。ぐびぐびと一気に飲んでしまいました。


DSC_2640.jpg
乾杯が終わって、食事が始まります。
いつもより快調に食事が進み、早めにべっどに向かいました。




   街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

   読書や絵画鑑賞のブログ
かわたれどきの頁繰り(小野寺秀也)

  小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺





プロフィール

小野寺秀也

Author:小野寺秀也
山歩き、アユ釣り、ヤマメ釣り、山菜採り、茸狩り、花いじり、読書、美術館巡り、街歩き、などが趣味。加えて、犬と遊ぶこと、ぼんやりしているのも趣味の一つです。最近は、原発事故による放射能汚染で魚、山菜、茸は諦めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR